死後の世界は、永遠に無になり存在自体消えるか、異世界に行き何かの…→ 死後、地獄、天国、異世界、あの世、死後意識、サイコパスの相談

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

死後の世界は、永遠に無になり存在自体消えるか、異世界に行き何かの…

死後の世界は、永遠に無になり存在自体消えるか、異世界に行き何かの体感をするかのどちらかですよね。よく死んだら無になり怖いといいますが、死んだ後に何かの体感することは死んでも意識があるということです。 そっちの方よっぽど怖いと思いませんか。天国やら地獄やらよくわかりせんが、もし死後意識があり、自分の存在は認知できるのに周囲はどこまで行っても音もなく永遠の暗闇で永久に死ねない世界だったらどうでしょうか。私は天国や地獄なんて存在しない(理論的にあり得ない)と思います。みなさんは死後の世界はあった方がいいと思いますか。

(質問日:2017年6月25日)

死後、地獄、天国、異世界、あの世、死後意識、サイコパスについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

死んだら無になるというのは、人を呪ったりしたら、真っ暗な闇のなかに放り出されるそうですよ。丑の刻参りなんかしないですめば良いですけどね。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆無になるとは暗闇の空間も認識できず自我すらない、存在してない状態のことだと思います。でもこういう人は死後真っ暗な世界を認識できてしまい永遠の恐怖を体感し続けるのでしょうか。





◆死後の世界について(知恵ノートより)









◆霊の礎

霊界の実在と死後の生活について明確に示されている。この書を拝読することによって人生の本義を悟らせていただくことができる。また霊界の大要や消息を知る手引書としても最適の書といえる。





毎週土曜日の13時〜14時30まで講座が行われていますよ。







◆並行世界なような感じがする



空間上にはエネルギーと意識の

同調ポイントが各所に点在するような構造なような感じがする

つまり今この瞬間も実は意識はそのような場と

リンク関係にあるという事になる

この宇宙で死ねば意識は死んだ事に気づくことなく

速やかに別のエネルギー場に乗り換えてしまい気づけない。そんな感じかも

逆説的に考えると

例えば自分が眠っている最中に何かしらのアクシデントで

ジョギング中に突然の心不全で意識はシャットダウン

気づかずに死んだ世界も無数に存在し

アクシデント起点に存在する瞬間中の生の確率に連鎖した世界に

意識は渡っているだけなのかもしれない



第三者からみれば死んだ存在かもしれないが

自己の意識のみが奇跡の確率を渡っているかも



意識は瞬間の中に存在する

全ての確率上の生に連鎖する方向のみに渡っている性能な存在である可能性





◆世界中の人間が、死んだ後どうなるかと言うことを心配し始めて、出来たのが宗教ではないでしょうか。有った方がいいかどうかではなく、死んだ後どうなるのかを、大昔から考え続け、現在でも考え続けている人たちがいるということだと思います。

仏教では生まれ変わるというのが基本の教えです。日本人は死んで生まれ変わるまでの期間をあの世と考えているようですが、仏教では、死は睡眠と同じだと説いています。前日に楽しいことがあれば楽しい夢を見、辛いことがあれば悪夢にうなされるというように。

天国と地獄については、知恵ノート「天国と地獄は存在するか」に書いていますので読んでください。





◆死後の世界は存在します。



死んだら肉体と魂が分かれます。

無にはなりません。



こういう話があります。

霊とお話出来る人がいて。

自殺した霊に話しを聞いてみたら。

「楽になると思って自殺したが余計に苦しくなった」

と話していたとのこと。

自殺の罪は殺人とかわらずに重罪です。



従って、死んで無になるのなら楽でいいのですけれども。

死んでから肉体と魂が別れることだけですから。

死んでから肉体は消滅し火葬されもして天地にかえるのです。



魂は永遠に不滅ですから生きている間に良いことしていたら。

あの世でも心配しなくてすむのです。

この世で良い行いをすることが大切です。

ある一定レベル以上の善行を積んだ人は天国という場所に行きます。



死んで無になるのでもない魂が残るのが真実なのです。

死んだら肉体と魂が残り、魂は永遠に消滅しないということになりますネ☆



そして霊が住む世界こそがあの世になります。

この世でよい行いをしていたらあの世にいっても心配する必要はないです。



自殺者は重い罪です。

殺人とかわりませんからね、自分を殺しているわけですから。

自殺をしたり殺人をしたりしたら7代先まで成仏できないと聞いたこともあります。



この世で悪行を重ねた人は地獄に落ちます。

善行も悪行も重ねなかった人は中間地点の霊界に行きます。

天国でも地獄でもないところですネ。。



死後の世界は、つまりは、この世でなした悪行、善行のいかんによりあの世での魂の報われるレベルが違うということですネ。



生まれ変わりがどのような境遇で生まれるかは、

現世で積んだ徳分の量によるものです。

徳分とは善行の意味です。



この徳分が多いほど、来世で良い世界に生まれることができます。

幸せになることができます。



徳が少なくて悪行がまさっていたら、

無理やり境遇の悪いところに生まれ変わらせられます。



徳をたくさん積んでいれば生まれ変わり、つまり来世では、

幸せな人生を送ったりすることができます。



また、徳分が多いほど来世どのようになりたいとかの、

願いを神様に聞いていただくことが出来るようです☆



死んだら魂の住む世界あの世にいくのだと私は思いますョ☆





◆強い人は一生涯を満喫して悔いの無い人生を送れれば死後はどうでも良いと思うかもしれませんが弱い人も沢山います。そうすると死後の世界や生まれ変われるとか希望を持って死を受け入れなければ崩壊してしまう人もいるかもしれません。なのであっても無くてもどちらでも良いし結論が出ないことなので、自分自身に都合の良いように有るか無いかは信じる事が重要だと思います。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 死後の世界は、永遠に無になり存在自体消えるか、異世界に行き何かの…→ 死後、地獄、天国、異世界、あの世、死後意識、サイコパスの相談


ページの最上部へ戻る