米国ミシガン州で「殺し屋に扮したおとり捜査官に夫の殺害を依頼した…|殺人、教唆、殺し屋、丑の刻参り、不能犯、罪状、殺人予備に関する相談

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

米国ミシガン州で「殺し屋に扮したおとり捜査官に夫の殺害を依頼した…

米国ミシガン州で「殺し屋に扮したおとり捜査官に夫の殺害を依頼した妻が逮捕・起訴される」というニュースがありました。いったい何の犯罪で?と非常に違和感を覚えましたが、日本との法律の違いでしょうか? いったいどんな悪女だろうかということに焦点を当て、動機や、偽殺し屋とのやりとりを面白おかしく取り上げていましたが、肝心のどんな罪で逮捕起訴されたのかがわかりません。

日本の法律では(私の考えるところでは)『(殺人)教唆』の罪に対しては、その犯罪が実行されていないので問うことができない。(教唆は共犯の一種なので実行犯(おとり警察官)が殺人を実行して初めて罪となる)と思うし、実際に殺意をもって、(偽)殺し屋に前金を渡した行為は、いわゆる『不能犯』(例:砂糖水を毒薬と信じて、殺す意図を持って飲ませた)、丑の刻参りが有効と信じて五寸釘を打った)等の行為と同じで(効果がない、その手段で殺すことは不可能であるので)殺人未遂には問わない(問えない?)。 と思うのですが?

(日本での)法の解釈が間違ってますか?

米国では日本と違うのでしょうか?



(質問日:2013年8月6日)

殺人、教唆、殺し屋、丑の刻参り、不能犯、罪状、殺人予備についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

実際にどのような罪状で起訴されたのかは分かりませんが,日本でいうところの刑法第201条,殺人予備(殺人をする目的でその準備をする)にあたるのではないでしょうか?



テレビのケースでは殺人を依頼する場面が録音されていて殺意が優に認められる状況ですし。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 米国ミシガン州で「殺し屋に扮したおとり捜査官に夫の殺害を依頼した…|殺人、教唆、殺し屋、丑の刻参り、不能犯、罪状、殺人予備に関する相談


ページの最上部へ戻る