hontonokotodayosumairuさん 創価学会の池田大作に死んで欲しいで…>>カンキチ、H5.10.16、創価学会、quot、呪い、現証についての質問

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

hontonokotodayosumairuさん 創価学会の池田大作に死んで欲しいで…

hontonokotodayosumairuさん



創価学会の池田大作に死んで欲しいですか?の質問に対し、学会員のカンキチ氏は、「はい、日顕宗の阿部信雄と早瀬義寛に は、今すぐ死んで欲しいですwWw」と答えていました。



★創価学会って”呪いもかける”のですか?(知恵袋より)



創価の呪い

★呪い祈願(『慧妙』H5.10.16)

[画像]=これは学会が、日顕上人猊下の御親教を妨害しようとして、地元会員達に配布した"題目表"なのだそうだ。上は9月19日・栃木県信行寺御親教の際、下は、9月26日・茨城県恵妙寺御親教の際に配布されたもの。(中略)岩の中に書き込まれた文字を見れば、「発病」「落雷」「竜巻」「落石」「暴風雨」…、1項目につき20分間、一心不乱に念じて唱題し、念じ終わったら、黒く塗り潰すというのだから"丑の刻参り"・"呪いのワラ人形"の世界さながらのおどろおどろしさではないか。



それでよく信仰をしていると言えますね?

宗教

閲覧数(16)

あと7日

2013/3/11 16:20

————————————————

モデ婆さんは、ド捨て垢記事を弄られて激怒してますwWw

(質問日:2013年3月11日)

カンキチ、H5.10.16、創価学会、quot、呪い、現証についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

呪ったりはしないけど、現証は出てるよね。

気づかないのが可哀想(;_;)

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > hontonokotodayosumairuさん 創価学会の池田大作に死んで欲しいで…>>カンキチ、H5.10.16、創価学会、quot、呪い、現証についての質問


ページの最上部へ戻る