山岸凉子さんの短編「貴船の道」に引用されていた古典て何かわかりま…|山岸凉子、丑の刻参り、鉄輪、貴船、社人、短編、古典に関するQ&A

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

山岸凉子さんの短編「貴船の道」に引用されていた古典て何かわかりま…

山岸凉子さんの短編「貴船の道」に引用されていた古典て何かわかりますか?

確か丑の刻参りが出てきた気がするのですが。

(質問日:2009年10月5日)

山岸凉子、丑の刻参り、鉄輪、貴船、社人、短編、古典についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

山岸涼子 「貴船の道」の最初に引用されていた部分は謡曲のようです。



謡曲『鉄輪(かなわ)』より→※本文では鉄の旧字体?でした。



「若い女のもとへ去った女に報復せんと 女は連日貴船神社へ通う

ある日社人が彼女にささやく」

『あなたの願いは聞き届けられました

顔を丹塗りにし頭に鉄輪をいただき 鉄輪の足に火を灯し

恨みの心を持てば鬼神となれましょう』

「『お人違いでしょう』女はとっさに否定するが

その頬の下にはもうはや鬼の相が‥」



となっています。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆謡曲の『鉄輪(かなわ)』です。



都に住む女が、自分を捨て新妻を迎えた夫の不実を恨み、貴船神社に日参し願を掛けています。今日も社前に進むと、待ち構えていた社人が「頭に鉄輪を頂き、その三本の足に火を灯し、顔に丹を塗り、赤い着物を着て怒る心を持てば鬼となり、恨みを果たせる」と神託があったと告げます。女は、それは人違いだと言いますが、急に顔色が変わり、薄情な夫に思いしらせてやろうと走り去ります。

一方、下京の男は悪い夢見が続くので陰陽師清明に占ってもらいます。すると、女の恨みで今夜にも命が尽きると言われ、急いで祈祷を願います。清明が夫と新妻の人形を作り祈り始めると、間もなく凄まじい空模様の中悪鬼となった女の霊が現れます。そして夫の心変わりを責め新妻の髪を掴み激しく打ちすえなどしますが、守護の神々に追われ、神通力を失い、心を残しながらも退散します。

彼女の無くなった場所が、「鉄輪の井戸」として今も残っています。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 山岸凉子さんの短編「貴船の道」に引用されていた古典て何かわかりま…|山岸凉子、丑の刻参り、鉄輪、貴船、社人、短編、古典に関するQ&A


ページの最上部へ戻る