強姦レイプの内柴正人容疑者は「相手の合意」と言い、暴力行為の園田…|日本スポーツ界、内柴正人容疑者、園田隆二、御百度参り、暴力行為、強姦レイプ、ショトトラックのQ&A

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

強姦レイプの内柴正人容疑者は「相手の合意」と言い、暴力行為の園田…

強姦レイプの内柴正人容疑者は「相手の合意」と言い、暴力行為の園田隆二は「相手の為」と言い、日本スポーツ界は力と恐怖による支配が何故多いのですか?

(質問日:2013年2月1日)

日本スポーツ界、内柴正人容疑者、園田隆二、御百度参り、暴力行為、強姦レイプ、ショトトラックについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

日本スポーツ界には根性論がある



まず、日本のスポーツ人の背景には、「根性論」があります。アニマル浜口の「気合だーッ!!」、アントニオ猪木の「元気があれば何でもできる」は、普段は目に見えない「根性論」が目に見える形になったもの、だと私は思っています。



根性論とは?



根性論とは「苦難に屈しない精神=根性があれば、如何なる問題も解決できる・または如何なる目標にも到達できる」とする理論である。ウィキペディアから、定義を引っ張ってきました。



根性論は何処から来たのか



私は、精神論は日本古来から存する精神思想に由来するもの、と見立てます。



まず、日本の古い精神思想には、『思いが強ければ強いほど、それに比例して、物事は良く進む・成功率が高くなる』。そういう考えがありました。これは「思う一念岩をも通す」という古い格言にも表れます。



この精神思想の具体例を?つ挙げます。



?丑の刻参り

これは神社で頭にろうそく巻いて、五寸釘を藁人形に打ち付けて、「A君死ね〜、A君死ね〜」とやる呪いの一種ですが、これはまさに『思いが強ければ強いほど、それに比例して、物事は良く進む』という考えから来る行動でしょう。



?御百度参り。

これは、息子の手術の成功と全快を願って、父親が裸足で神社の階段を100回上り下りしたりする祈願方法です。これも、『思いが強ければ強いほど、それに比例して、物事の成功率が高くなる』という考えから来る行動でしょう。



また、御百度参りには「裸足で行った方がより効果がある」という言説があります。これは自分にかかるストレスが高ければ高いほど、それは逆境となり、靴を履いて行った時よりも、その思いが強くなる、という一種の信仰みたいなものであると予想されます。



根性論とは?



先ほど、裸足でやった方が御百度参りは効果がある、「ストレスが高ければ高いほど、その思いは強くなる」という話をしましたが、これは現代のスポーツ界でも類似した現象が見られると私は思います。



というか、生徒をぼこぼこに殴るのも、1000回スクワット(スポーツ科学的には、ほとんど効果がないとされる)とか。具体例には事欠かきません。というか、挙げればキリがないです。



日本の根性論の特徴には「人為的に苦難を作ること」「人為的にストレスを与えること」によって、「その思いを強める」方法がとられているものと思います。



根性論と暴力



上記の事より、根性論にはある種「多大なストレス」が基幹的な役割をはたしているものと予想します。「スポーツ中に水を飲んではいけない」も「寝る間も惜しんで練習! 練習!」もストレスを与えることを良しとする上記の風潮があったからこそ、許容されたものだと思います。



これは同時に暴力を正当化する論理的な裏付けになったのではないでしょうか。日本スポーツ界の力と恐怖による支配(というよりも、選手にストレスを沢山与えること)はそういうところからきてるのだと思います。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆スポーツとはもともとヨーロッパ起源で、身体を使って楽しく遊ぶという性格があります。例えばサッカーにしても、起源はいささか残酷で、イギリスに侵入したノルマン人の死体から頭部を切断し、その頭部を蹴ってボール代わりに楽しんだのです。19世紀に上流階級でクリケットやポロのような、やはりボールを用いたスポーツが発展します。「上流階級」が「ボール」を使うので、礼儀と楽しさがスポーツのモットーとなるのです。

ところが日本の場合は異なります。日本のスポーツは剣道や柔道が伝統的なもので、江戸時代は武士階級の教養とされました。実戦を想定していたところへもってきて、道場によっては共同生活を行っており、年齢による長幼の序としごき、いじめが文化だったのです。「師範」や「先輩」の権威は絶対的で、圧制者のような抑圧が「後輩」に対して当然、また暴力によるしごき、いじめも当然ありの世界だったのです。明治以降も近代化の過程おいても、こうした武家の暴力的空気が他のスポーツに拡散する傾向にありました。身体を鍛えるという点に割り切れば楽しいスポーツでも、勝敗重視ともなればこうした悪しき伝統が息を吹き返すのが日本のスポーツ界です。江戸時代には武道は儒教と共に武士道を構成する要素で、徳育が暴力的傾向を抑圧する側面もありましたが、精神の豊かさと教養を欠き、勝敗のみに掛ける指導者は「力と恐怖」に頼るしかないのです。





◆アメリカでもスケートのショトトラックのコーチが似たような事を同時期にやって、追放処分になってるぞ。あと米海兵隊で訓練がなっていないと、「陸軍に行け。」とか言われる事もある。





◆男性ホルモンが、過剰だからです。

そういう犯罪者は、強制的に、女性ホルモンを、一週間に一度、注射して、たまたまを小さくしてしまえば、おとなしくなります。





◆戦争がアカンのよ、



軍隊長殿!

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 強姦レイプの内柴正人容疑者は「相手の合意」と言い、暴力行為の園田…|日本スポーツ界、内柴正人容疑者、園田隆二、御百度参り、暴力行為、強姦レイプ、ショトトラックのQ&A


ページの最上部へ戻る