丑の刻参りの判例 戦後間もない時期に起こったと言われる『丑の刻参り…|丑の刻参り、判例、不能犯、トリック、事件、質問者、しらみつぶしについての相談

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

丑の刻参りの判例 戦後間もない時期に起こったと言われる『丑の刻参り…

丑の刻参りの判例





戦後間もない時期に起こったと言われる『丑の刻参り』に纏わる事件の判例を読みたいのですが、自力では見つけられませんでした。



ネットで検索したところ、事件はどうやら昭和29年の秋田県(秋田市)で起こったそうな。

『不倫関係中の男女が…』という内容で、詳細は割愛しますが、分かる人には分かると思います。



法学の話になると、不能犯の典型(?)として語られるのをよく目にしますが、その参考されるべき判例の詳細(最高裁平成○年○月○日、のようなもの)が書かれていません。



コトのきっかけはドラマ『トリック』で取り上げられていたのを見た、というワケでして、上記の事件はトリックで扱われた事件と同じモノのようです。



大きめの図書館で下級裁判所の刑事判例集を探したところ、スタートの第1巻が昭和34年ぐらいから始まっていて、事件があったと思われる昭和29年のものは見ることができませんでした。



一般社会、もしくはネット社会では有名な話であっても、発行されている書物で確認しないことには、『本当にあったことなのか。もしかして都市伝説ではないのか。』という疑念をどうしても払拭できません。



繰り返しになってしまうかもしれませんが、私は事件の存否を確認したいのと、事実であるならば事件内容を正確に把握したく、判例を探しています。



どうすれば判例を読むことができるのか、またその判例の日付(?)も、ご存知の方がいればぜひ教えてください。



よろしくお願いします。

(質問日:2010年5月11日)

丑の刻参り、判例、不能犯、トリック、事件、質問者、しらみつぶしについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

丑の刻参りが不能犯のところでよく出てくる話なのは間違いないですが、具体的事例なんて聞いたことがありません。

昭和29年の秋田県・・・などというのも初耳です。



私も質問者さんと同じようにその話の原典を探してみましたが、本に出てくる話にすぎない上に、「新聞に載った」とあるものの、それが何新聞の何月何日の記事であるかも書かれていないようですね。

そういうことからすると、都市伝説だと考えておいた方がよさそうです。

というか、おそらくそうでしょう。



仮にその事件が事実なのだとしても、その話では「殺人での立件はできないと判断して脅迫で逮捕した」ということらしいですから、殺人罪の判例として存在するわけもありませんし、そもそも起訴したのかどうかも分かりません。

起訴し、有罪になったのだとしても、丑の刻参りをした程度の事件が判例集に掲載されるとは思えません。

したがって、判例集から探すのはまず無理です。

まあ、もしかしたら秋田の地方紙あたりにひっそりと載ったのかもしれませんが、当時の新聞をしらみつぶしに調べることは事実上不可能でしょうね。



少なくとも、その秋田県の話が不能犯の有名な判例である、という事実はありません。

不能犯の事例でよく引き合いに出されるのは、昭和36年7月10日広島高裁判決です。

そして、これは(当たり前ですが)丑の刻参りをしたという事例ではありません。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 丑の刻参りの判例 戦後間もない時期に起こったと言われる『丑の刻参り…|丑の刻参り、判例、不能犯、トリック、事件、質問者、しらみつぶしについての相談


ページの最上部へ戻る