丑三時とは 丑三時って、何時〜何時までのことですか? 一応、教科書…|お化け、教科書、丑三時、何時、丑三つ時、午前、不定時法関連の質問

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

丑三時とは 丑三時って、何時〜何時までのことですか? 一応、教科書…

丑三時とは 丑三時って、何時〜何時までのことですか?

一応、教科書には2時〜3時と書いてあったのですが、いろいろ聞きます。



また、その教科書には説明に「お化けのでる時間」と書いてありました…

お化けは本当にでるのでしょうか…?

(質問日:2009年6月30日)

お化け、教科書、丑三時、何時、丑三つ時、午前、不定時法についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

昔は午前0時を子の正刻として、午前2時を丑の正刻、午前4時を寅の正刻…と2時間ごとに十二支を配して時間をあらわしました。

この2時間ごとの単位を時辰(辰刻)といいます。

正刻というのは1つの時辰(辰刻)の真ん中のことで、午前0時を中心とした前後1時間つまり午後11時?午前1時が子の刻、午前1時?午前3時が丑の刻となります。

この1時辰(辰刻)を4等分して1刻としたので、4刻×12時辰(辰刻)で1日は48刻となり、これを四八刻法といいます。

四八刻法では、午前1時?午前1時30分が丑一刻、午前1時30分?午前2時が丑二刻、午前2時?午前2時30分が丑三刻、午前2時30分?午前3時が丑四刻となります。

午前2時というのは、丑の正刻であり、ここから30分間が丑三刻ですね。

日本では、天智天皇の時代(西暦671年6月10日)に初めて時計を使ったという記録があり、平安時代の『枕草子』(996年頃成立)には「時丑三つ、子四つなど、時の杭さす音など、いみじうをかし。子九つ、丑八つなどこそ、里びたる人は言へ、すべて四つのみぞ杭はさしける」(二六九段、時奏)と書かれています。



十二支は、時間をあらわすほかに、方角をあらわすのにもつかわれていて、北は子の方角、北東は丑寅(艮)の方角、東は卯の方角…とされました。

陰陽道では丑寅の方角(北東)は鬼門で、鬼のでる方角とされています。

これが時間にも転用され、丑寅の時間(丑の刻と寅の刻の境で午前3時頃)は鬼がでる時間、その前の丑の刻(午前1時?午前3時)は人から鬼へ変身できる時間と考えられたようです。

また、「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」に貴船明神が貴船山に降臨したということから、貴船神社では丑の刻に心願成就のお参りをする風習があったのが、いつのまにか心願成就が人を呪うことにおきかわり、陰陽道の鬼門の思想と結びついて、いわゆる「丑の刻参り」という呪いの習慣ができたようです。

平安時代中期の11世紀の文献には、貴船神社が呪咀神とされた記録があるようです。



鬼もお化けですし、人を呪う心も、人の心の中にすむお化けみたいなものですから、「丑の刻」にお化けがでるといっても、間違いではないかもしれませんね。

ちなみに、「丑の刻」のほかに、「酉の刻」の日没後の時間帯(午後6時?午後7時頃)もお化けがでると考えられていて、こちらのほうは逢魔時(おうまがとき)や大禍時(おおまがとき)と呼ばれています。



なお、午後11時?午前1時が子の刻、午前1時?午前3時が丑の刻、午前3時?午前5時が寅の刻…という定時法(四八刻法)は、室町時代頃に日出・日没にもとづいて季節によって1刻の長さが変わる不定時法にかわり、明治5年(1872年)にあらためて定時法の導入および太陽暦の導入を決めたとき、午前0時=子刻、午前1時=子半刻、午前2時=丑刻、午前3時=丑半刻、午前4時=寅刻、午前5時=寅半刻…と決められました。

子の刻を午前0時?午前2時、丑の刻を午前2時?午前4時とする説があるのは、このあたりに原因があるのではないでしょうか?

古代?江戸時代の長いあいだの呼び方では、丑の刻は午前1時?午前3時、丑三つ時(丑三刻)は午前2時?午前2時30分ですね(不定時法のときは季節によって午前1時30分頃?午前3時頃のあいだで変わります)。





古代?現代の定時法と不定時法の時刻の対応など





和?Time Rhythm ?和時計の暮らし?



この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆丑三つ時は午前3時から3時半という説と、午前2時〜2時半の間という説があるようですね。

教科書では、おおよそとして2時から3時と記載されているのかもしれません。



ここに詳しく書かれています。







先のお答えの方も仰るとおり、草木も眠る丑三つ時などど言いますし、だいたいの人は眠りについており、そんな時間には何かしら不思議な事が起こるかもしれないと昔の人は思ったのでしょうね。



お化けが出るか出ないかですが、気付く人もいるでしょうし、全く気付かない人もいるでしょうからね。

出ていたとしても気付かなかったら、出ていないと思うでしょうし。



また、夜遅くに起きていると、五感(?)というかそういう類の物が敏感になるそうですから、出会いやすくはなるのかも・・・。

静まり返った時には、ちょっとした物音でも昼間より大きく聞こえたりしますよね。その音にビックリしちゃったりとか。

そういう事もあって、お化けの時間・・・と言われるようになったのかもしれませんね。



想像ですけれど。





◆草木も眠る丑三つ時



すべてが静まり返り、おばけも出やすいんでわないでしょうか(笑)



3時だと思います。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 丑三時とは 丑三時って、何時〜何時までのことですか? 一応、教科書…|お化け、教科書、丑三時、何時、丑三つ時、午前、不定時法関連の質問


ページの最上部へ戻る