一刻とは今で言うと何分くらいのことでしょうか? 教えてください!|一刻、定時法、sunukun88、一辰刻、水時計、不定時法、何分関連の疑問

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

一刻とは今で言うと何分くらいのことでしょうか? 教えてください!

一刻とは今で言うと何分くらいのことでしょうか?





教えてください!

(質問日:2009年9月21日)

一刻、定時法、sunukun88、一辰刻、水時計、不定時法、何分についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

『日本書紀』には、斉明天皇6年5月(660年6月)頃に中大兄皇子(天智天皇)が初めて漏刻(水時計)を作り、天智天皇10年4月25日(グレゴリオ暦671年6月10日)に初めて漏刻(水時計)に合わせて時の鐘を打ったという記録があります(6月10日の「時の記念日」はこれにちなみます)。



古代?室町時代までの時法は定時法でした。

『延喜式』(延喜5年(905年)?延長5年(927年)にかけて編纂)や『枕草子』(996年頃成立)などにでてくる時法は、1日を十二支を配した12辰刻に等分して、1辰刻をさらに4刻に等分した1日48刻(12辰刻×4刻)の「四八刻法」という定時法が主流だったようです。

●四八刻法

1日=12辰刻=48刻=480分(ぶ)…現代の24時間=1、440分=86、400秒

1辰刻=4刻=40分(ぶ)……………現代の2時間=120分=7、200秒

1刻=10分(ぶ) ……………………現代の30分=1、800秒

1分(ぶ) ……………………………現代の3分=180秒

つまり、当時の「一刻」は現代の30分、「一辰刻」が現代の2時間です。



また、中国では「五〇刻法」や「一〇〇刻法」が主流だったようで、日本でも「四八刻法」の他に「五〇刻法」や「一〇〇刻法」が使われるときもあったようです。

●五〇刻法

1日=12辰刻=50刻=300分(ぶ)…現代の24時間=1、440分=86、400秒

1辰刻=4刻1分(ぶ)=25分(ぶ) …現代の2時間=120分=7、200秒

1刻=6分(ぶ)………………………現代の28分48秒=1、728秒

1分(ぶ) ……………………………現代の4分48秒=288秒



●一〇〇刻法 ※分(ぶ)は不明のため省略

1日=12辰刻=100刻…現代の24時間=1、440分=86、400秒

1辰刻=8刻○分(ぶ)…現代の2時間=120分=7、200秒

1刻 ……………………現代の14分24秒=864秒



ちなみに、「刻一刻」という言葉がありますが、このときの刻は「一〇〇刻法」の刻で「一刻」は現代の14分24秒となります。



なお、十二支を配した1辰刻=4刻なので「子四刻」「丑三刻」という呼び方、および漏刻(水時計)に合わせて打った時の鐘の数で「子九つ」「丑八つ」という呼び方も『枕草子』にでてきます。

《時丑三つ、子四つなど、時の杭さす音など、いみじうをかし。子九つ、丑八つなどこそ、里びたる人は言へ、すべて四つのみぞ杭はさしける》(二六九段、時奏)



時の鐘の数は次のとおりで、

子九つ・丑八つ・寅七つ・卯六つ・辰五つ・巳四つ

午九つ・未八つ・申七つ・酉六つ・戌五つ・亥四つ

これは室町時代?江戸時代の「明六つ」「暮六つ」という呼び方につながります。



室町時代?江戸時代は、日出と日没を「六つ」としてこれを基準に昼夜をそれぞれ6等分する不定時法になります。

この頃には、時刻の呼び方も変わります。

もともとは「一辰刻」が現代の2時間で「一刻」が現代の30分だったわけですが、この頃になるとかつての「一辰刻」のことを「一刻」といい、「一刻」の半分(かつての2刻)を「半刻」、「半刻」の半分(かつての1刻)を「四半刻」というようになってきました。



古代……江戸……現代

一辰刻…一刻……2時間

二刻……半刻……1時間

一刻……四半刻…30分

(話を簡単にするため、昼夜の長さがほぼ同じ春分・秋分の頃に限ります)





一刻とは今で言うと何分くらいかをまとめると、

古代?室町時代の定時法の主流である「四八刻法」では、一刻=現代の30分、

古代?室町時代の定時法の「五〇刻法」では、一刻=現代の28分48秒、

古代?室町時代の定時法の「一〇〇刻法」では、一刻=現代の14分24秒、

室町時代?江戸時代の不定時法では、一刻=現代の約2時間(春分・秋分の頃)、

となります。





なお、日本の時制についてはここにも詳しく説明しています。

●日本の時制の歴史の説明

(PC)

(携帯)



●午前・午後の呼び方に重点を置いた説明

(PC)

(携帯)





古代?現代の定時法と不定時法の時刻の対応など









余談ですが、時刻を干支でいうとき、「子の刻」を0時?2時、「丑の刻」を2時?4時という人がいますが、これは誤りです。

真夜中の0時を「子の正刻」(正子)といいますが、この「子の正刻」を中心とした23時?1時の2時間が「子の刻」で、以後同様に、2時が「丑の正刻」で1時?3時が「丑の刻」となります。

3時ちょうどは「丑の刻」と「寅の刻」の境目にあたる「艮=丑寅」の鬼門の時刻となります。

下図をみるとわかりますが、方角ではちょうど北東が丑と寅の境目にあたる「艮=丑寅」の鬼門の方角となります。

鬼=丑寅であるため、鬼は牛(丑)の角と体と虎(寅)の牙と爪を持って虎の皮をつけています。

丑の刻参り」は「丑の刻」が終わる3時の艮(丑寅)の時刻に人から鬼に化身して人を呪う力を得るというものですので、「丑の刻」を2時?4時というように勘違いされると、これらの背景が理解できなくなります。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆sunukun88さんの、



>もっとも一般的なのは江戸時代に使われた・・・(中略)・・・一つの干支(なになにの刻)は現在の2時間に相当します。



について、ちょっと補足訂正をしておきます。まあ約2時間といえば間違いではないのですが、江戸時代の不定時法では、日の出から日没までを6等分、日没から日の出までも6等分して「一刻」と表現します。

ですから、真夏の昼間の「一刻」は、真冬の昼間の「一刻」よりも長いし、夜についてはその逆になります。春分の日と秋分の日については「一刻=2時間」で大丈夫ですが。





◆同じ「刻」でも時代によってその長さは異なりなす。

もっとも一般的なのは江戸時代に使われた干支

(えと・・ね、うし・とら・・・)の12支で時間を

表現する方法で、一つの干支(なになにの刻)は

現在の2時間に相当します。

24時間÷12支=2・・・ということです。





◆針時計一刻分じゃないですか?

1秒か1分と解釈しています。

いずれにせよ、非常に時間がカツカツなのでしょう。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 一刻とは今で言うと何分くらいのことでしょうか? 教えてください!|一刻、定時法、sunukun88、一辰刻、水時計、不定時法、何分関連の疑問


ページの最上部へ戻る