節分に豆をまく理由を教えて下さい。|節分、丑寅、豆打ち、厄除け、追儺、鬼門、宮中行事に関する質問

丑の刻参りの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

丑の刻参りについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

節分に豆をまく理由を教えて下さい。

節分に豆をまく理由を教えて下さい。

(質問日:2009年10月13日)

節分、丑寅、豆打ち、厄除け、追儺、鬼門、宮中行事についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この丑の刻参りに関する質問に対する回答

節分の起源は、大晦日の宮中行事だった「追儺」という鬼払い(厄除け)の儀式にあります。

この厄除けの儀式の1つに「豆打ち」というものがあり、これがのちの「豆まき」のルーツのようです。



宮中行事の「追儺」の儀式のうち、とくに「豆打ち」が民間へ広まり、その時期も暦月の年の終わりである大晦日から、二十四節気(節月)による年の終わりである冬の節分(立春の前日)の行事へと変わって、豆まきとなったようです。



豆には、魔(鬼)の目=魔目(まめ)、という意味と、魔(鬼)を滅する=魔滅(まめ)、という意味の二重の語呂合わせがあって、京都の鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げで鬼の目に豆を投げつけて退治した(魔の目に豆を投げつけて魔を滅した)ということに由来するようです。





また、旧暦と二十四節気では、

子の月=11月、丑の月=12月、寅の月=1月、卯の月=2月

冬至=11月中、大寒=12月中、雨水=1月中、春分=2月中

となり、大寒と雨水の間が節分/立春となります。

これを干支、時刻、方位と対応させると次のようになります。

冬至…11月…0時…子…………00度=北

大寒…12月…2時…丑…………30度=北北東微東

節分・立春…3時…丑寅(艮)…45度=北東…………鬼門

雨水… 1月…4時…寅…………60度=東北東微北

春分… 2月…6時…卯…………90度=東



45度=北東の丑寅(艮)の方角といえば、鬼が出入りする「鬼門」の方角です。

3時ちょうどの丑寅(艮)の時刻は、丑の刻参りによって人が鬼に化身して呪力を得る「鬼門」の時刻です。

12月(丑)と1月(寅)のさかいとなる大晦日、冬と春の分かれ目となる節分も、ちょうど暦のうえでの丑寅(艮)の「鬼門」にあたります。





節分に豆をまく理由は、豆をまくことで鬼を払う=魔(鬼)を滅するという魔除け・厄除けの意味がありますが、なぜ節分の日(あるいは大晦日)に鬼払い(魔除け・厄除け)をするかといえば、その日が丑寅(艮)の「鬼門」にあたるからといえるでしょう。



牛の角に虎皮のふんどしという鬼の姿は、干支の丑(牛)+寅(虎)のイメージからきています。





【節分】のいろは – 厄除け・節分All About





節分 – 歳時記 – 保護者 – キッズgoo





節分 – Wikipedia





追儺 – Wikipedia





暦と時刻と方位と干支の対応の図



この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆節分の起源から説明します。



元々豆まきの節分の行事は宮中行事の1つでした。

延喜式だと土で作られた牛と童子の人形を大内裏の各門に飾ります。

鬼を払う悪霊払いは追儺と呼ばれるもので中国から輸入したようです。(こちらも宮中行事になる)



さて時代が現代に近づくにつれ、年中行事が廃れると、民家で行う悪鬼払いの行事となり、

民家の先で柊の枝に鰯の頭を指したものを立てておいたりすることになるのですが、

これは柊が鬼の目を刺すので嫌がり、鰯の匂いで鬼が近寄らない ということになっています。



本題の豆まきに入りますが、

寺社の豆うちの儀式を起源としているようです。(つまり今の節分は宮中行事と儀式が合体したようなもの)

鬼に豆をぶつけることによって邪気を追い払うものです。

何故豆か、といわれると

穀物や果実には邪気をはらう霊力があると考えており、その中で豆が選ばれたようです。



オマケですが

鬼が苗字に入る家では、「鬼は内、福も内」ということがあったり

鬼石町は鬼を受け入れる町であったり

吉野の蔵王堂の節分では鬼を救い仏門に帰依させる行事があったりします。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 丑の刻参りの相談 > 節分に豆をまく理由を教えて下さい。|節分、丑寅、豆打ち、厄除け、追儺、鬼門、宮中行事に関する質問


ページの最上部へ戻る