みなさんの知ってる怪談話を教えてください。 妖怪とか、幽霊、呪いな…|怪談話,誰か,幽霊,呪い,妖怪,どちら様,下半分関連の疑問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

みなさんの知ってる怪談話を教えてください。 妖怪とか、幽霊、呪いな…

みなさんの知ってる怪談話を教えてください。 妖怪とか、幽霊、呪いなどなど、何でもokです。

(質問日:2007年10月2日)

怪談話,誰か,幽霊,呪い,妖怪,どちら様,下半分についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

タイトル「死ねばよかったのに・・・」



付き合って間もない男女カップルの体験談です。

霊体験とか不思議な物が大好きな2人は車でドライブしながら有名な自殺の名所「○○大橋」に行きました。

夜10:00は過ぎていたでしょうか

そこは高さ80メートルの大橋で年に少なくとも20人は飛び降り自殺を遂げている場所

「怨念地図」にも掲載された有名な「心霊スポット」です。

そこに面白半分で行き、写真などをデジカメで撮影しました。

デジカメには普通の写真のみで別に何も写っていないし、別に何も怖いことも起こらない。

「な〜んだ」という感じでそこを後にしたのです。



その帰りの山道を帰っている途中、彼女はもう寝てしまっているようでした。

「しゃ〜ないな〜」思いつつ男の方は車を走らせていました。

すると寝ていた彼女が突然「そこ右」とか「そこのわき道を左」などと道案内をし出したのです。

「近道でもあんのかな?」男は思いつつそれに従って進んでいきました。



道なりに進んでいくとふと通りすがりの案内標識に目がいきました。

そこには「進入禁止・この先キケン」という文字・・・

「ん?ヘンだな?」と男は思った。

でも彼女はかたくなに「その道まっすぐ!」と言う。



男は不安にかられた・・・

「本当に大丈夫なのか?」

見た事も通ったこともない道です・・・。

イヤな予感を感じた男は急いで車を止めました。

そして車を降りてその先に何があるかを確かめに1人で歩いていってみたのだ。

するとロープで道が遮断されておりその100メーターぐらい先は断崖絶壁の崖になっており下は海だったのだ!

男は「ゾッ・・・」っとして急いで車へと戻った。



車では彼女が相変わらずうなだれて寝ている様子。

男は「お前大丈夫か?起きろ!」と強くゆすった。

するとうなだれたままの彼女がこう言いました。

「死ねばよかったのに・・・!」

その声は彼女の声ではなく野太い男性の声だったのである。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆実際、私が体験した話ではありません。友人(仮にA)が体験した話なのですが。



ある日の夜中。俺は仕事で疲れていたため、帰ってきたらすぐに寝ようとしたんだ。

最近、このへんではなんらかの事件があるらしい。詳しくは知らないが。

そんなことを友人に聞き、そんなに気にすることもなく一日を過ごした。



寝る頃になり、急に寒気がしたんだ。

「こんなに暑いのにおかしいな」と思い、別にそれほど気にはしなかった。そして、眠りについた。



深夜3時頃、トントンという音でふと目が覚めた。



「こんな時間に? 誰だよ」



眠たい目をこすりながらもドアの前に行き、「どちら様ですか?」と聞いてみた。

だが、返答が無い。



「?」



不思議に思いもう一度たずねたんだ。



「あの、どちら様ですか?」



返答が無い。

一瞬、ボソッと何か聞こえた。



「え? 何ですか?」



ボソボソと言うが聞こえない。というより気持ちが悪くなってきた。

ドアを開けようとしたが、こんな時間に誰かが来るなんて思わないし、しかも何にも返答が無いとなると怖くなってきた。



「こういう場合は無視した方がイイのか? 通り魔かもしれないし。あいつが言ってたように最近、ここらへん事件があるし。危ない…よな」



でも一応覗き穴で確かめてみた。



「誰もいねぇ…」



何処かへ行ったのか?

そう安心した、その時



ガチャガチャガチャ!



ガンガンガン!!



「ひっ!」



ドアノブが動いた。



「な…なんで? 誰もいないのに」



気付いた時にはもう朝だった。

あのまま気絶したらしい。



「なんだったんだろう」





翌朝。



通り魔の話をした友人が重症を負い、入院してるとの話。

見舞いに行くのと同時に、昨日の事も話そうと思った。



話をし終わると、友人が青ざめた。



友人「お前も来たのか?」



「え?」



友人「お前良かったな。そのドア開けてたら殺されてたぞ」



友人の手や体には、無数の手痕や刺された跡があった。





携帯サイトからの引用です。

http://kimyo.org/





◆ある街のはずれに「人形の家」という観光用に解放された家があった。



夕方、男女4人で車で行くと、家の中はしんとしていて他に人がいない。

入り口を入ってすぐの棚に日記が置いてあった。

読んでみるとその家に住んでいた住人がひとりまたひとりと誰か分からないものに殺されて行く様子が書かれていて、最後に日記を書いている本人が「次はわたしのばん・・・」と書いてあるところで日記が終わっていた。



全員半信半疑だったが、最後のページの日付が今日になっているのに気付いてまだ家の中に殺人犯が居るかもしれないと言い出すものもいてパニックになった。

全員で家を飛び出すと外は暗く、車に乗り込むが外から誰かが車を叩いている。

叩く音は車の四方八方から何重にも聞こえる。

まるで幼児が手で叩いているような音で、車体の下半分ぐらい、ちょうど幼児が叩くとしたらそのぐらいの位置と思われる高さから音がしている。

死にものぐるいでそこから逃げ出し、なんとか無事に家に帰ったが、翌朝車の持ち主に全員が呼び出され、

行ってみるとホコリまみれの車体の下半分ぐらいに、5?6センチくらいの小さな子供の手形が無数についていた。



という話を友人が本当に経験した話として聞かされその時は信じてしまいました。

ちなみに場所は函館です。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > みなさんの知ってる怪談話を教えてください。 妖怪とか、幽霊、呪いな…|怪談話,誰か,幽霊,呪い,妖怪,どちら様,下半分関連の疑問


ページの最上部へ戻る