もののけ姫ってどういうストーリーなんですか? 誰か詳しく説明してい…→ アシタカ,タタリ神,もののけ姫,エボシ,シシ神,ストーリー,たたらについての相談

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

もののけ姫ってどういうストーリーなんですか? 誰か詳しく説明してい…

もののけ姫ってどういうストーリーなんですか?

誰か詳しく説明していただけますか?

よろしくお願いします!

(質問日:2010年2月6日)

アシタカ,タタリ神,もののけ姫,エボシ,シシ神,ストーリー,たたらについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

エミシの一族であるアシタカは、突如村を襲ったタタリ神と戦い村を守るも、その腕にタタリ神の呪いを受けてしまう。その呪いが治療不可能であり、最後には自らを死に至らしめるものだと知ったアシタカは、ただ死を待つよりも、そのタタリを生んだ憎しみがどこからうまれてくるものなのかを曇り無き眼で見定めるため村を出る。

タタリ神の跡を追って人里へとおりたアシタカは、地侍の戦に巻き込まれ、やむをえず矢を放った瞬間にその矢が恐ろしいスピードで人の首をとったのを見て呪いが着実に身体を蝕んでいることを悟る。

その後に寄ったある里でジコ坊という男に会い、「シシ神の森」の話をきく。そこに住む生き物はみな太古のままに大きく、あるいはそこに自分の求める答えがあるかもしれないと考えたアシタカはシシ神の森を目指した。

その途中、川辺でアシタカは一人の少女、サンと遭遇する。サンは人間の子でありながら、山犬の神モロに育てられた「もののけ姫」だった。サンの後ろには銃で撃たれ血を流したモロがおり、その白く巨大な姿をみたアシタカは、この者たちがシシ神の森を知っていると直感し、声をかける。しかしサンは、森を侵す人間を激しく憎んいたために人間であるアシタカには敵意に満ちた視線を返し、去れ!と一言だけ返し自らも森の中へと消えていく。

サンの去った後アシタカは、同じ川辺で怪我をしている男達を見つける。男達はモロに襲われた者達で、アシタカは、彼らを里に帰すため広大な森を抜けて彼らの里、「たたら場」に向かうことにする。

たたら場は、エボシという女性が率いている大きなたたら製鉄の村で、製鉄のために周りの木を切り里を築いていた。エボシは森から神々を一掃し、そこを人間の豊かな里をつくろう考えていた。エボシも決して悪人ではなく、売られてきた女や虐げられてきた男達を集めて仕事を与え、里を豊かにさせてきた人だった。

ところで、シシ神には、不老不死の力が備わっているとされており、大侍たちは、このシシ神の首を狙おうと暗躍していた。かくして、それらの大侍たちと、森を侵す人間と、人に憎しみを抱いた森の生き物たちが、争うこととなっていく。

そんな中でアシタカは、憎しみに荒ぶる人々や神々に、自らの呪いを見せ、憎しみではなく共存の道を示そうとするが、森をめぐる戦いは激しさを増し、神々はただの荒ぶる野獣と化してしまう。神々と戦っていたサンは、徐々にタタリ神と化していく神を鎮めようとするが、”もののけ”と化したタタリに呑み込まれ、それを知ったアシタカは、タタリ神へと向かっていく。またシシ神の首がエボシによってとられ、シシ神でさえも自らの首を探して荒ぶる化け物となってしまった。モロの声に押され、何とかサンを救い出すことのできたアシタカは、サンと共に暴走する神々を止めるためシシ神の首を人間から奪い返し、死を覚悟で生死を司る神、シシ神へと首を返す。

森と人とが争う中で、2人が見つけた答えとは何か……。



って感じです。結構終盤までネタバレみたいになっていますが。もののけ姫大好きなのでかなり語っていたら長文になってしまいました。また自己解釈の部分がだいぶあり、自分の国語力が無いためにちょっとニュアンス違う感じになってたりしますが、大体こんな感じだと思います。乱文長文失礼いたしました。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆おおざっぱに言えば「自然と人間との共存」がテーマ。



以下、ネタバレです。











戦国時代。この時代には今の人が言う「神」が実在した。



都との交流を絶った山奥で暮らす人々がいて、その中にアシタカという少年がいた。



彼はある日村の近くの森から不穏な気配を感じる。待ち構えていると出てきたのは「タタリ神」。



タタリ神は元々は神だった「もの」(生き物だけでなく全てのもの)が恨みを持つと周りに災いをもたらす神となったもの。



苦戦しながらもなんとかタタリ神を倒したアシタカだが、彼の腕にはタタリ神の呪い(災い)が染み付いてしまった。



この呪いはアシアカを死に導くものだった。



治療不可なことを知り、村の長はアシタカに「西に行き、タタリ神の生まれた原因を探る」よう持ちかける。そうすれば



呪いを消す方法が見つかるかもしれないことを見越して。





こうしてアシタカは西へとヤックル(カモシカ+馬みたいな)に乗って駆る。道中、ジコ坊と名乗るものと会って、アシタカは



西に災いのもとがあることを確信する。さらに進む途中、アシタカは戦に遭遇。襲われた人を助けようと矢を放つ瞬間、



腕が異様にうごめき、放たれた矢は人の命を簡単に絶ってしまった。腕に刻まれたアザは濃くなってしまった。



さらに足を速めるアシタカ。





川のほとりを歩いていたアシアカの前を人が流れていった。見ると生きている人もいたので、アシタカは二人を



岸にあげる。その時、誰かの気配を感じたアシタカは隠れて様子を見る。



出てきたのは大きな山犬と少女、山犬の子供らしき二匹だった。



名を名乗るアシタカに少女(サン)は「(ここを)去れ!」と言ってどこかに行ってしまう。







・・・・・・すんませんが、ちょっと疲れたんでここで終わりでいいですか?



もしまた暇になったら続き書きますんで。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > もののけ姫ってどういうストーリーなんですか? 誰か詳しく説明してい…→ アシタカ,タタリ神,もののけ姫,エボシ,シシ神,ストーリー,たたらについての相談


ページの最上部へ戻る