13人の刺客(ネタバレ) 13人の刺客の『13番目』の彼は 結局、なんだ…→ ユダ,裏切り,刺客,新六郎,海外向け,呪い,吹石に関する質問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

13人の刺客(ネタバレ) 13人の刺客の『13番目』の彼は 結局、なんだ…

13人の刺客(ネタバレ)



13人の刺客の『13番目』の彼は

結局、なんだったのでしょうか?



ただ「本当は死んで無かったんだよ〜」

ってだけでは、どうも腑に落ちません。



彼は「幽霊」だったのですか?



それとも『12番目』も、いつの間にか

死んでいた?(コレは無い?)



それとも、海外向けにも作ったため



『13番目』=ユダ=裏切り



アーサー王の「円卓の騎士」でも、

『13番目の席』には『ユダの席』として、

呪いがかかっているため

『12番目』までしか使っていなかった。

ただひとり、その呪いに打ち勝ち

『13』の席に座った者がいました。

(聖杯とともに天に召された様ですが)



コレは考えすぎ?

見ていた全員が、

「いやいや、アレは確実に死んでたっしょ」

と思ったはずです。



「まさかの展開」=「裏切り」

だったと、思うのですか…

ひとりだけ、侍じゃなかったし。



やっぱり、考えすぎですか?

(質問日:2010年10月6日)

ユダ,裏切り,刺客,新六郎,海外向け,呪い,吹石についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

私なりの解釈ですが・・・



ネタバレ注意!













1. ゼブラーマンやヤッターマン、妖怪大戦争(リメイク)を撮った三池監督からして

? 地球外生命体である。

山男は・・首を貫かれただけでなく、腹を切られとどめをさされているので、生きているはずはないのです。





2. 壮絶な戦いの中で・・終盤は発狂してしまう者もいた。

? 戦い疲れた新六郎が幻覚を観た。

一番・・・無難な考え方かと思います。



3. 事の大事から察するに「忠臣蔵」でもあるように・・・

? 新六郎は、事を成し遂げ、その後自害し、共にあの世での話しだった。



いずれにしても三池監督は上記のいずれにでも取れるように「伏線」をうまく張っています。

伏線でいうとたとえば・・・

?の場合・・・最初の場面で「狐狸・・妖怪のたぐいか?」とか棒で殴られても痛くないとか・・そしてあの超絶倫



?の場合・・六角さん含め、敵味方に発狂する人がでてきます。かつ・・なにせ相手が300人ですから、そりゃ疲れます。

ちなみにオリジナルは約50人が相手。



?の場合・・吹石さんが二役で使われています。また、ラストの山男に会う前に新六郎は後ろから背中を切られます。



さてさて・・・次に時代背景及びオリジナル版から考えてみます。

まず・・時代背景ですが・・・時は平和な時代・・かつ幕末です。

武士が武士たるには何か?・・新六郎が置屋で芸者遊びをしている時に廊下で主人が「蔵は刀でいっぱいだ」と言っていたのを覚えていますか?(ここもオリジナルにはありません)これも伏線です。

新左衛門そして伊原さん演じる浪人早川など・・この時代に武士が武士たるためには・・どうしたら・・ということを考えます。

かれらはそれを「死ぬこと」とみつけます。・・「武士道とは死ぬ事とみつけたり」(葉隠)

次に、オリジナル版から考えてみます。



オリジナル版ではラストは鬼頭と嶋田の一騎打ちになります(本作では吾郎ちゃんと嶋田)

そして嶋田は鬼頭にわざと腹を刺させます・・・

そばで見ていた新六郎はびっくりして「叔父御・・・どうして?」と叫びます。

嶋田は「これでよい・・鬼頭の武士の一分だ・・わしの武士の一分だ・・」と告げます。

この時代の閉塞感、そしてまかりなりにも将軍の弟を暗殺し、明石藩をぶっ潰し、男子の本懐を遂げた嶋田が最後に「武士の一分」を通すのです。尊敬する叔父に武士道を見せ付けられ、多くの仲間を失った新六郎がもし「武士の一分」を貫くならば・・忠臣蔵のように自刃して果てるでしょう・・・とすれば?となります。



次に「狂言回し」の観点から・・・これは質問者さんの考えに近いかもしれません。

ようするに二人とも「武士では無い(新六郎はすでに武士を捨てている・・オリジナル版では武士という飼い犬ではなく芸者屋の猫が楽と言っている)」という事。・・オリジナル版でも十三人目(山城新吾さん)は武士ではありません。

そして二人に共通するのは「女」の存在です(これはオリジナル版も同じ)。かつ、本作では吹石さんを二役で使うことで見事に・・一瞬にそのことを表現しています。・・・武士では無いものが・・いかに暴君を討つとはいえ、この無益な戦いを見ていたか・・というところが一つの重要な要素でしょう・・そして・・ここでも三池監督流の伏線が・・冒頭の「原爆投下の・・・・・前」のテロップとラストの「こののち26年後明治を迎えた」・・というテロップ・・・・明治維新により武士の世が終焉を迎えたこと・・・かつ人類はその後もまだ「原爆投下」のような悲惨で無益な戦いを繰り返した事・・・・



監督が伝えたかったことは。。。戦いの後のむなしさ・・虚無感・・・だったのかもしれませんね。

それを伝えるための「狂言回し」的な役割を二人が担ったのではないでしょうか?

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆私も観た後、幽霊?何?って思いました。

気になって、知恵袋でも質問したのですが、不死身だったとか幻だとか回答はいろいろでした。

一人生き残った山田さんの背中を押す役目として現れたんじゃないかなぁ〜と…。

観た方がいろんな想像させる為の演出だと、私なりに結論づけました。





◆やっぱり幽霊だと思うんですが不死身だということもあるかもしれません。

途中で十三番目の人、山猿が二人に棒でなぐられてもなにも痛がらないっていうシーンがあったんですがそのシーンは山猿が不死身だという伏線だったのかもしれません

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 13人の刺客(ネタバレ) 13人の刺客の『13番目』の彼は 結局、なんだ…→ ユダ,裏切り,刺客,新六郎,海外向け,呪い,吹石に関する質問


ページの最上部へ戻る