映画「スカイクロラ」を観た方、ストーリーと結末を教えてください。(…>>キルドレ,パイロット,カンナミ,スカイクロラ,結末,ティーチャー,優一についての相談

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

映画「スカイクロラ」を観た方、ストーリーと結末を教えてください。(…

映画「スカイクロラ」を観た方、ストーリーと結末を教えてください。(上映期間中、時間的な余裕がなかったので映画も観られず、今後、DVDも観られるかわかりません)内容を知りたいです。どなたかお教えください。 宜しくお願いいたします。結末を特に知りたいです。

また観た感想もお教えいただけると嬉しいです。

(質問日:2008年12月2日)

キルドレ,パイロット,カンナミ,スカイクロラ,結末,ティーチャー,優一についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

『キルドレ』と呼ばれる、外的要因がない限り不老不死の、半分子供で半分大人な人物達のストーリーです。





完全な戦争が確立された世界で、人々は平和を実感するために、あえて戦争をしていました。それが『ショーとしての戦争』です。





その戦争では、民間戦争請負会社同士が空戦をくり返していて、ロストック社に所属するパイロット達が主人公です。





死亡したパイロットの補充要員として、兎離州基地にパイロットとして函南優一が赴任します。女性司令官の草薙水素は、彼を無愛想に迎えながらも、意味ありげな視線を向け続けます。また、優一の同僚パイロット達も、彼に対し、なにかを含んだような、なんとも言えない対応をするのです。





パイロット達の日常が描かれる中、優一は、「以前にも同じ体験をしたような気がする」という感情をくり返し持ちます。





やがて、同僚のパイロットの1人が、空で撃墜され、命を散らします。その彼を撃墜したのは、『絶対に勝てない』と言われる敵のエース、通称ティーチャーでした。





このティーチャー、水素と因縁があるようで、どうやら、かつてはロストック社に所属し、水素と共に戦っていたらしいのです。そして、キルドレではなく、『大人の男』なのだそうです。キルドレたちは、ティーチャーに果敢に挑み、しかし、撃墜されつづけてきたわけです。優一は水素に問います。『ティーチャーを撃墜したら、なにかが変わる?』と。





日々を過ごすうち、優一と水素は、互いに違和感を抱きつつ、深く愛し会うようになります。が、水素もキルドレのため、思春期の姿のまま、永遠に生き続ける己の運命に、苛立ちと絶望を感じ、自殺願望をも持ちます。そのため、周囲から「あぶない」「壊れている」とまで言われるほど。また、パイロット達の間での噂では、優一の前任者のパイロットは、戦死したのではなく、水素に殺されたらしいのです。





水素は、優一に銃を向け、己を運命を呪い、殺して欲しいと懇願します。さらには、『君も殺してほしい?』と問いかけます。そこには、歳を重ねながらも幼い姿のままで生き続ける、キルドレとしての運命を、なんとか変えたいと、もがき苦しむ水素の哀れな姿が描かれます。





そうこうしているうちに、大規模な戦闘があり、兎離州基地でも複数の戦死者を出し、補充要員として、新たなパイロットが赴任します。そこで、優一は、あることに気がつくのです。その新たなパイロットが、ティーチャーに撃墜されて戦死したパイロットと、全く同じクセを持っていることに。





優一は、ついに確信します。自分達キルドレは、撃墜されない限り死なないだけではなく、戦死した後にも、あらたな肉体を与えられ、甦り、また戦いに身を投じることになるということを。つまり、生と死をくり返す、永遠に終わらない人生こそが、キルドレの運命なのです。同じ命をくり返し生きることの息苦しさに、ある者は気がつき、絶望の中で死を求め、ある者は気がつきもしないで、空で華々しく散って行くのです。





つまり、優一と水素は、優一が死に、甦る事で、幾度も出会いと別れをくり返してきたわけです。





やがて、水素に対し、憧れと憎悪の複雑な思いを抱く女性パイロットが、キルドレの運命への苛立ちからか、水素を銃撃しようとする事件が発生します。死を逃れようともしない水素を見かねた優一は、女性パイロットから銃を取り上げ、彼女を部屋に下がらせます。そして、遂に自殺しようとする水素を強く抱き締め、『君は何かを変えられるまで生きろ!』と、初めて、劇中で激しい思いを見せるのです。





ある日、出撃した優一は、ティーチャーと遭遇することとなります。そして、『ティーチャーを撃墜する!』と、周囲が制止するのも聞き入れず、『絶対に勝てない無敵の大人の男』に挑みます。しかし、激闘の末、その身体を機関砲で無惨に撃たれ、命を散らすのでした・・・。





飛び立った優一は帰還せず、水素は、彼がティーチャーに撃墜され、空に散った事を悟るのです。





ここで、物語は終了し、エンドロールと主題歌が流れるのですが・・・





エンドロール後、さらにエピソードが。





兎離州基地に、新たなパイロットが赴任します。司令室で着任の報告をする彼に対し、水素はメガネを外し、透き通ったような綺麗な微笑みを浮かべ、『草薙水素です。あなたを待っていたわ』と・・・・







長くなりましたので、作品の感想は、私の過去の回答を参考にしてください。結末の解説もしています。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418742419



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218688407



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018447515

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆以下、ネタバレありますので注意。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

あの物語の世界では、

「戦争は、企業同士が行っている」

ということになっています。

だから、兵士は「社員」という扱いになるし、

兵器も「自社製品」でまかなうと。

一方、企業が戦争を行っているので、

国同士の戦争のように、「市民が戦争に巻き込まれる」ということがなく、

よって、戦争が「ショーと化している」のです。

そんな世界に、「キルドレ」と呼ばれる子供達がいます。

キルドレは、歳をとりません。

いつまでも、少年少女のままです。

戦争で命を落とさない限り、死ぬこともない。

(これ、ラストにつながる伏線というか何というか・・・です。)

そして、なぜか彼らは、戦うこと、空を飛ぶことを好みます。

(少なくとも、同作に登場するキルドレたちは、

そういう理由から、パイロットをやっています。)

主人公である「カンナミ」(男。キルドレ)は、

戦闘機のパイロットとして、ある基地に赴任します。

まあ、中盤までは、「パイロットとしての仕事」が描かれます。

空中戦とか、そういうのが観られるわけです。

企業同士の・・・とは言え、戦争自体は「本物」ですから、

やはり、同僚が死んだりもします。

また、軍隊にはつきもの・・・と言っては何ですが、

娼館へ、彼らパイロットが出かけて行ったりする様子も描かれます。

(姿は子供でも、そういうところまでは子供ではないみたいです。)

この辺は、物語としては、実はちょっと冗長だったりします。

そんな流れの中で、カンナミは、成り行きと言いますか、

基地の司令であるスイト(女。これもキルドレ)と「深い仲」になってしまいます。

しかし、彼女は言います。

「私を、殺してくれる?」

と。

「でないと、私達、いつまでもこのままだよ・・・」

と。

(不可解なようですが、実は、これもラストへの伏線。)

さて、あるとき、カンナミは、ふとしたことから、

「キルドレは、戦争でなら死ぬ」ということさえ、偽りなのではないか?ということに

気がつきます。

読んだあとの新聞をキッチリと折り畳む・・・という、

変わったクセのある同僚がいたのですが、

そいつは戦死したのに、

「後日、補充されたパイロットが、おんなじクセを持っていたから」

です。

(名前も、死んだ奴と補充兵とでは違うのに。)

もしかしたら、自分たちキルドレは、

「いったん死んだように思えても、いつまでも使い回されているのではないか?」

(死体となって戦場を離れても、何らかの形で「復活」して、

また戦地へ送り込まれているのではないか?)

カンナミは、そういう考えに至るわけです。

真相は、映画でも、原作の小説でも不明なのですが、

少なくとも、この映画では、

「どうも、そういうことであるようだ」

と、客にもほのめかしてある・・・という構造です。

一方、カンナミの同僚のパイロット(女。キルドレ)が、

スイトを殺そうとする騒ぎが起きます。

(これは、彼女が情緒不安定だったせい・・・のはずで、深い意味はない。)

カンナミは、その娘を止め、

「なら、僕が殺す」

と言います。

(しかし、結局は殺しませんでしたけれど。)

そういう事があったのち、カンナミは、また出撃していきます。

飛びながら、彼は、

「このままの繰り返しでいいのかどうか」

を自問自答します。

そして、「このままの繰り返し」を打破すべく、

「決して勝てない、大人のパイロット」と評される敵機に戦いを挑み、

やはり勝てずに、空に散るのでした・・・。

ただ、これでカンナミが「繰り返し」から解放されたのなら、

それなりに「めでたしめでたし」なのでしょうけど、

実は、

「スイトの基地に赴任した補充パイロットは・・・」

というオチが、最後に待っています。

カンナミには、「タバコの吸殻を二つ折りにして棄てる」というクセがあったのですが、

補充パイロットにも、このクセがあるんですね。

(そのクセについては、劇中で何度となく描かれており、

ですので、そのクセから、客には「ああ・・・」とわかる仕組み。)

さらに、スイトは、そのタバコの吸殻を拾い上げると、

実に複雑な表情を浮かべます。

どうやら、ずっと基地にいる彼女が、「カンナミ」を迎え入れるのは、

一度や二度ではないらしい・・・のですね。

もちろん、迎え入れるたびに、その彼の名は違うのでしょうけど、

「何度となく、おなじことが繰り返されていた」

という話です。

(彼女が「殺してくれ」「でないと、ずっとこのままだ」と言っていたのも、

そういう理由から・・・というわけです。)



戦闘シーンを除けば、割と物静かな印象すらある作品ですが、

それがまた、ラストのやるせなさにひと役買っているような、

そんな映画でした。

(あと、押井守監督作品にしては、わかりやすい作品でしたw)





なんだかとりとめもない回答になってしまいましたが、

(冗長なのは、物語よりもこの回答かw)

まあ、こんなんで、もしお役に立てば幸いです(*^_^*)

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 映画「スカイクロラ」を観た方、ストーリーと結末を教えてください。(…>>キルドレ,パイロット,カンナミ,スカイクロラ,結末,ティーチャー,優一についての相談


ページの最上部へ戻る