もののけ姫のあらすじの詳細を教えてください。できれば、長い文のほ…|アシタカ,もののけ姫,山犬,あらすじ,シシ神,エボシ,タタリ神関連の相談

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

もののけ姫のあらすじの詳細を教えてください。できれば、長い文のほ…

もののけ姫のあらすじの詳細を教えてください。できれば、長い文のほうがいいです。

(質問日:2010年1月13日)

アシタカ,もののけ姫,山犬,あらすじ,シシ神,エボシ,タタリ神についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

あらすじが知りたいということでいいのでしょうか??違ってたらすいませんm(_ _)m





●あらすじ



中世から近世へ移行しようとする時代の日本には、まだ人を寄せ付けない太古の原生林が残っていました。そこには、ふるくから人間の言葉を理解する山犬や猪などの大きな獣たちが住んでおり、人間たちから森に潜む獣たちを荒ぶる神々として怖れられていました。その獣たちを従えていたのがシシ神で、聖域たる森林を守っていました。

しかし、人口が増えてきた人間たちは原生林を切り開き、自分たちの世界を作ろうとしていました。

「もののけ姫」は、このような背景のもとでくり広げられる神と人との一大冒険時代活劇です。



主人公のアシタカは、大和朝廷との戦いに敗れ、東北の山里に潜み暮らしている、かつての王家の血を引く少年であり、次の長とされていました。ある日、アシタカの住む山里に猪神が村に襲いかかります。アシタカは村を救うべく猪神に戦いを挑みますが、怒りと憎しみでタタリ神と呼ばれる”もののけ”と化した猪神に、死の呪いをかけられてしまいます。



アシタカは、ただ死を待つよりは自らの己の運命を見定めるため、旅に出ます。それは、呪いを解くためでなく、何故彼が呪いを受けなければならなかったのかという理由を確かめるためでした。



アシタカは、東国にある山里から西へ向かいました。そこでアシタカは、ジゴ坊と名のる変わった男と出会います。ジゴ坊はアシタカの朱塗りの椀を見て、古の民を思い出し「東のはてに、アカシシにまたがり石の矢ジリを使う 勇壮なる一族ありとな・・・・・・・」と呟きました。



そして、西の方角に”シシ神の森”がある事を知ったアシタカは、その森を目指すことにしました。その途中、川辺でアシタカは一人の少女、サンと遭遇します。彼女こそ、人間の子でありながら山犬”モロの君”に育てられた「もののけ姫」でした。



この少女の後ろには、白く巨大な山犬の姿がありました。アシタカは、この少女こそ”シシ神の森”を知っていると直感し、声をかけます。しかし、サンは、森を侵す人間を激しく憎んでいましたので、人間であるアシタカには敵意に満ちた視線を返すだけでした。



アシタカは、同じ川辺で怪我をしている男達に出会います。彼らは、あの白くて巨大な山犬に襲われたといいます。アシタカは、彼らの里、エボシと呼ばれるタタラ製鉄の村に招待されました。



そのタタラ製鉄集団は、”エボシ御前”という女性が率いていました。エボシ御前は、森から神々を一掃し、そこを人間中心の豊かな土地に変えようと考えていました。彼女は、売られてきた女や虐げられてきた男達を集めて鉄を打っていました。



ところで、”シシ神”には、不老不死の力が備わっているとされていました。大侍たちは、この”シシ神”の首を狙おうと暗躍していました。かくして、”シシ神”とサン、エボシの人たち、大侍達を巻き込んだ、三つどもえの戦いが始まります。アシタカとサンは、そのような戦いの惨劇の中で再び出会い、次第に心を通わせていきます。



しかし、山をめぐる戦いは激しさを増し、神々はただの荒ぶる野獣と化します。サンは、タタリ神と化す神を鎮めようとしますが、”もののけ”と化したタタリに呑み込まれてしまいます。アシタカは、死を覚悟でサンの救出に向かいました。



物語は大混乱の中に終局へ。その中で、二人が見いだした希望とは何か…。





●「もののけ姫」解説



宮崎駿原作・脚本・監督による最新作『もののけ姫』は、こんな状況に敢然と挑む野心作です。『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』など、宮崎作品にも冒険活劇はありました。しかしいずれも無国籍のファンタジーです。『もののけ姫』で宮崎監督が選んだ舞台はなんとこの「日本」。日本を舞台に、果たして冒険活劇は成立するのか。製作費、製作期間ともに従来のスタジオジブリ作品の倍以上をかけた本作は、日本映画界久々の、日本人の手による一大娯楽冒険時代活劇なのです。





主人公は、大和朝廷との戦いに破れ東北の山里に潜み、そこで何百年も暮らしている、ある一族の王家の血を引く若者アシタ力。彼は、怒りと僧しみによって、タタリ神となってしまった猪神に死の呪いをかけられ、その謎を解くため旅に出る。そして訪れた西の国で、荒ぶる神々と人間達との壮絶な戦いに巷込まれていく。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆http://www.asahi-net.or.jp/~hn7y-mur/mononoke/monolink01.htm#book2



↑のページへどうぞ!!

あらすじのほかにも

詳しく表示されているので

いいとおもいますよ♪





◆その昔中世から近世へ移り変わる頃、西の果てには深い森があった。そこでは人間を寄せ付けず、獣は太古のままに生きているという・・・



五百有余年前からある大和との戦に破れ少量で生き残った人間が秘かに潜んでいる「エミシ」という一族の村を巨大な猪が襲った。その猪は西の果てからやって来た猪神だったが瀕死の傷を負っており、我が森を破壊する人間への恨みと憎しみが頂点に達したためタタリ神という恐ろしい姿にってしまったのだ。怒りに狂い我を忘れタタリ神になった守の神(猪神)は走りに走った後たまたまこのエミシ一族の村へたどり着いたのである。

後に村の長となるべき若者アシタカは村を襲うタタリ神をやむなく殺し、その代償として右腕に守の神と同じ呪いをかけられる。

このままではアシタカもタタリ神になってしまう。そこで村の最長老でもある占い師ヒイ様がアシタカを占い、西の国に行けばその呪いを解く方法が見つかるかもしれないというお告げを受けアシタカは故郷を離れ、それを果たすため旅立つことになった。



そこでアシタカが見たものは人間が森を潰しそれに怒った森の神々が対立し、激しい戦いを繰り広げていたのである。

そこの代表的存在であり、タタラ製鉄所の一番の取りまとめ役として就任していたエボシ御前。この人物が森と人とが対立し、アシタカが呪いを受けることになった全ての始まりだった。

その後アシタカはこの女の森に対する行いや考えに怒りを覚え、そのたびに腕のアザは広がりアシタカを蝕んで行く。



アシタカがタタラ場に立ち寄った晩、森に住む犬神である山犬達がタタラ場を襲撃に来た。だが襲撃に来たのは”山犬”でなく、”山犬に育てられ山犬として生きてきた少女”サンであった。アシタカはサンを人目見るなり好きになり、同時にサンとエボシが凄まじい戦いを繰り広げている中、戦いを食い止め自らも深い傷を負いながらも気絶させたサンを担ぎタタラ場を去る。



タタラ場を出たあとサンは目を覚まし、深い傷を負ったアシタカを見て「何故私を助けた!?」と問いただした。帰ってきた「そなたを死なせたくなかった」「生きろ」「そなたは美しい」というアシタカの言葉に動揺し、最初はその場で殺そうと思っていたアシタカの命を森の神の代表”シシ神”に委ねることにした。結果シシ神はアシタカの傷を癒した。命を与えたり奪ったりできるシシ神は、アシタカが腕の呪いを解いてもらおうと探していた神であった。だが傷は治してくれたもののアザは治してもらえずさらに広がっているアザを見、アシタカは絶望する。

だが同時に恨まれているはずの人間である自分の命を救ってくれたサンとシシ神に感謝し、アシタカは森の見方に着くことになる。

他の人間達とは違った考えを持つアシタカにサンは次第に心を開き、サンもまたアシタカを好きになる。



その時エボシは手下を率いてシシ神の森へ向かっていた。森の代表であるシシ神を殺せば森の力は弱まり人間が森を破壊しやすくなると考えたからである。同時にシシ神の血は不老不死の力があるとされていたためそれが欲しくて人間はシシ神を殺そうと必死だった。

アシタカ達はこれを何とか食い止めようとするものの結局エボシにシシ神の首を奪われてしまう。

怒りに狂ったシシ神は奪われた首を取り戻そうと夜の姿”デイダラボッチ”となり、次々と森や人の命を奪いながら奪われた首を追ってくる。



果たしてアシタカ達はシシ神に首を返し、呪いを解いてもらうことが出来るのか?

そしてアシタカとサンの運命は?

物語は思わぬ展開へとひた走る。。。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > もののけ姫のあらすじの詳細を教えてください。できれば、長い文のほ…|アシタカ,もののけ姫,山犬,あらすじ,シシ神,エボシ,タタリ神関連の相談


ページの最上部へ戻る