薩摩藩の家紋は○と十が組み合わさってますが、どういう意味があるの…>>家紋,薩摩藩,島津氏,島津家,牛窪,まるにきりたけじゅうじ,清和源氏についての疑問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

薩摩藩の家紋は○と十が組み合わさってますが、どういう意味があるの…

薩摩藩の家紋は○と十が組み合わさってますが、どういう意味があるのですか。

(質問日:2008年3月13日)

家紋,薩摩藩,島津氏,島津家,牛窪,まるにきりたけじゅうじ,清和源氏についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

島津氏の家紋は「丸に十の字」である。しかし、昔は外郭の丸はなく、単に筆書体の「十」だけであった。これは鎌倉初期の島津忠久着用の甲胄につけてある十文字でわかる。また、『蒙古襲来絵巻』にも、久親・久長の兵船の旗に十字紋があり、『見聞諸家紋』でも筆書体の十字である。ところが、徳川期になると、礼装用の紋に転化したために、多くの武家が外郭に丸を付けるようになった。島津氏もこれにならい以後、定着したものである。

ところで、この「十字」は、いったい何を意味するのだろう?

一つは二匹の龍という。からみあって昇天する様というが、これは引両から連想されたものだろう。

二つは、二本の箸を交叉して出陣戦勝の呪いにしたのがはじまりだという。

三は、キリスト教の印とするもの。

四は、「十字を切る」という形の呪符からきたとする。これに似たもので忍者が九字を切ったり、民間で安倍清明判や籠目などを魔除けに用いるなどと同じという。

五は、轡紋から転じたとする。諸説あるが、四の説が正しいとするのが定説となっている。



キリスト教などの入る前から、島津氏は十字紋を用いていたので、十字架説などは問題にならない。



十字紋はもっとも古い紋のひとつで、歴史的にも名高く、鎌倉時代は清和源氏の小笠原・逸見・田沢・志村の諸氏も用いたが、のちには島津氏に遠慮して廃止している。島津氏は宗家以外は十字の原形を少しずつ変えて用いている。



下記サイトからコピペ

http://www2.harimaya.com/sengoku/bukemon/bk_simaz.html



(-o-)/

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆●家紋:十の字(じゅうのじ)

http://www.kamon.ecweb.jp/5075.html?*session*id*key*=*session*id*va…



小原節(鹿児島民謡)に出てくる【丸に十字】で有名な十字紋。



鹿児島の人なら誰でもご存知の「お殿様」薩摩藩主・島津家の家紋ですが、この十字は【キリスト教の十字架】や【馬の轡(くつわ)】と、同じだという人もいますが、それは間違いです。



実は日本にキリスト教が入る200年前から島津家では用いていますし、筆書体で「十」とかかれているから、轡でもありません。



これは、厄除けの呪符として用いたもので、十全の威力を表すものです。



●家紋:丸に十(まるにじゅう)

http://www2.harimaya.com/sengoku/bukemon/bk_simaz.html



「丸に十」の紋は大変間違いやすく、1つ目は鹿児島の島津一族が様々に変えて使っていますが、もう2つ目は馬の口輪に付ける金具を丸十字で表した「轡紋」として使用しています。



轡紋を使用しているのは、小笠原氏流の大草氏をはじめ、後藤、浅井、島、久保田、下田の諸氏が使用しています。



3つ目は、十字架紋で、クリスチャンが使用しています。



清和源氏の中川氏、平氏維将(これまき)流の島崎氏のほか池田、高山、伊丹、能勢、平岡、立花、有馬の諸氏が使用しています。



ただし、江戸時代は轡紋として幕府に届け出たのは、キリシタン禁制のためのカムフラージュだったからです。



●家紋:丸に切竹十字(まるにきりたけじゅうじ)

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/nose_k.html



竹紋に直立した竹や、輪竹、笹竹のほか、笠やスズメなどを添えてバラエティに富んでいるが、中に【切竹十字」というのがあります。



一見【矢筈(やはず)】に似ているので、【切竹矢筈十字】ともいいます。



この切竹は、清和源氏流の牛窪氏、嵯峨源氏流の渡辺氏、平氏良文流の小幡氏などが昔から用いているが、切竹十字紋はとくに十字架と似ているところから、キリスト教徒が密かに切竹紋に偽装して用いた傾向があります。



http://www.kamon.ecweb.jp/5075.html?*session*id*key*=*session*id*va…





◆島津家の家紋については定説が定まらず、いくつかのいわれが伝わっています。



? 十は二匹の龍(昇り龍と下り龍)をあらす。

? 頼朝が泰衡を征伐するときに、箸を交差させて「これを家紋にせよ」とおおせられた。

? キリスト京に関係したクルス。

? 厄除けのおまじないとして、古くから十文字を刻んでいた。





◆http://www3.coara.or.jp/~chidokan/tateisihan-boti.html

参考になれば。

家紋の十字は、キリシタンの意味だそうです。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 薩摩藩の家紋は○と十が組み合わさってますが、どういう意味があるの…>>家紋,薩摩藩,島津氏,島津家,牛窪,まるにきりたけじゅうじ,清和源氏についての疑問


ページの最上部へ戻る