ワンピース 黒ひげケルベロス説の有力な根拠 ?「黒ひげは眠らない」…>>ケルベロス,サッチー,イヌイヌ,白ひげ,ゾオン,ブルック,ヤミヤミについての質問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

ワンピース 黒ひげケルベロス説の有力な根拠 ?「黒ひげは眠らない」…

ワンピース

黒ひげケルベロス説の有力な根拠



?「黒ひげは眠らない」から人の倍の人生を歩んでる。という仮説があります。

もしそれが本当でイヌイヌの実モデルケルベロスならば・・・

ケルベロスについて調べてみると・・・

・頭全てが同時に眠ることはない

・魂を食べる

・生きているものの魂は食らわない、しかし、死んでいる魂を食らう

ということがわかりました。



この事より考察すると、



ケルベロス→頭3つ→全ての頭が一緒に眠ることはない→イヌイヌの実を食べた黒ひげは眠らない。



ということになります、しかしケルベロスは音楽を聞くと全ての頭が同時に寝てしまう、これはいずれ描写があるかもしれません。

音楽というとブルックですから、ブルックが活躍するかもしれませんね(笑



?ケルベロスは「死んだもの」の「魂」を食べます。ここで思い返すと黒ひげが悪魔の実を奪った人はサッチ、白ひげ。



そう「死んだもの」です。

そうです、黒ひげは死んだものから魂に宿った悪魔の実の能力を、魂ごと奪ったのです!

こう考えると、既に死んでいた白ひげはおいといて、サッチをわざわざ殺した理由のつじつまが合います。



これら2つの根拠より黒ひげはイヌイヌの実モデルケルベロスを食べたと考えます。





他の考えなどは回答にお願いします。

(質問日:2011年10月30日)

ケルベロス,サッチー,イヌイヌ,白ひげ,ゾオン,ブルック,ヤミヤミについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

?黒ひげは眠らない、は妄想でしょう。本編のどこにも描かれてませんよ

仮説の前の前提が狂ってるので有力とは言えません



後サッチを殺した事でも無いですよ、何人も殺してるのにサッチだけ特別にして倍とは言わないです



?「はずみ」で殺したと言ってます、つまり殺す必要は別に無かったという事です

それにサッチで白ひげと同じ事をしたのなら、白ひげから能力を奪う時

「失敗したら解散か?」と初めてやるみたいに言いません



能力を奪ったのは、悪魔の実の能力の伝達条件が関係していると思います

事実バンダーデッケンは実を食べずにマトマトの呪い(能力)を受け継いでいます



ケルベロスは無いです、もし隠してたら「異形」とは言われないでしょう



生まれつきの特殊体質があると考えるのが自然です

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆ケルベロスかどうかは分からないけど、

黒ひげの海賊旗が首三つなのは事実ですよね!!





◆僕もケルベロス説はないと思いますね

シャンクスの顔の傷は単純に絵的に3本傷がカッコいいからって理由だけだと思います。そもそも黒ひげの体のデカさでついでにゾオンに変化して引っ掻いたなら顔全体に傷が付いちゃうと思います。

現にエースと戦ってた時には一切引っ掻き傷なんかなかったし。あの傷は黒ひげが嫌みでナイフかなんかで付けた傷でしょうね。





◆「黒ひげは眠らない」というのは作中どこにもありません。



他の人も言ってますが、ケルベロス説はマルコのセリフと矛盾が生じます。





◆エースは、「黒ひげは眠らない」から「人の倍の人生を歩んでる」と言ったのではなく、「サッチの命を奪った=仲間一人の生きる権利を奪った」から、「お前は殺した仲間(サッチ)の分も生きている」という意味で言ったんだと思います。白ひげ海賊団のメンバーは仲間を殺したら仲間に殺されることは分かっています。だから、「俺がどうしてお前を追って来たのか言わなくてもわかるよな」という意味で「この状況を理解できんはずはあるまい」と言ったんだと思います。仮に「眠らないから・寿命が長い種族だから、人生経験が豊富」なんて理由がなくても、「エースが自分の前に現れた理由」は容易に理解できると思います。つまり、エースがそんな意味のセリフを言う理由がないということです。



黒ひげがゾオンの能力も隠し持っていることはあり得ると思います。理由は黒ひげがつけたシャンクスの目の傷が三本傷だからです。第一話で初めて見た時、クマ(動物の)にやられたのかと思いました。人間の手で引っ掻いたのなら、人差し指から小指までの四本傷になると思います。それに白ひげ海賊団のメンバーがその能力を知らないということはあり得ると思います。ジンベエは「黒ひげは昔から得体の知れん男じゃった」と言っています。そんなに周りと親しく付き合っていたわけではなく、自分の野望のために影でコソコソ準備していたわけです。隊長の座にも就いていないので、強いということも知られていなかったのでしょう。



私は、心臓が複数あるので、複数の悪魔の実を取り込めたのだと思います。多重人格とか寿命が長いというのはないと思います。

と思ったら、どうやら武器を使って三本傷を付けたことがほぼ確定しましたね。これで、私の中ではゾオンの可能性がなくなりました。





◆その説は前からありますが、穴があるので確定はされていません。



白ひげの能力を奪う時に「失敗したら解散か」といわれていました。

つまり、成功するとは限らない、これが初めての試みだったと考えられます。



そして、その説だとサッチからヤミヤミの能力を奪った時点で2つの能力を手に入れてることになります。

だとすると、白ひげ海賊団が「能力を2つ得る事は不可能なハズじゃあ…」と驚いてることに説明がつきません。

白ひげ海賊団が知らなかった、というのはありえません、マルコ曰く白ひげ海賊団は黒ひげの体が異形だということを知っています。



私の考えでは、白ひげの能力を奪ったのは全てを吸い込むヤミヤミの能力のおかげだと思います。

黒ひげは自分の異形な体と、ヤミヤミの能力があれば能力を複数手に入れることができると考え、サッチからヤミヤミの実を奪ったと考えています。

黒ひげは現在、最強のロギア、最強のパラミシアを手に入れてます。

残るは最強のゾオンでしょう、それを揃えるのが黒ひげの目的だと考えてます。



もちろん、黒ひげがケルベロスの可能性も捨てきれません。

既に最強のゾオン、ケルベロスを手に入れていて、グラグラを手に入れた時点で黒ひげの目的は叶っていたかもしれません。

頭が3つあるから能力を3つ手に入れることができる、ゆえに最強のゾオンと言われてる。

みたいな設定も十分にあり得ます。

今は穴があるから確定できないだけで、私も心の内ではケルベロス説を支持しています。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > ワンピース 黒ひげケルベロス説の有力な根拠 ?「黒ひげは眠らない」…>>ケルベロス,サッチー,イヌイヌ,白ひげ,ゾオン,ブルック,ヤミヤミについての質問


ページの最上部へ戻る