旦那さんのお兄さんのお嫁さんが意地悪でどうしていいか分かりません…→ お嫁さん,旦那,お兄さん,お料理,義両親,あなた,兄嫁関連の質問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

旦那さんのお兄さんのお嫁さんが意地悪でどうしていいか分かりません…

旦那さんのお兄さんのお嫁さんが意地悪でどうしていいか分かりません。



私が20歳の旦那さんが40歳の年の差夫婦です。



旦那さんのお兄さんは45歳でお嫁さんは43歳(子供は居ません)で義両親は70代です。



旦那さんの両親とお兄さんはとっても優しくて凄く私を可愛がってくれます。



お嫁さんも最初は優しくていいお姉さんと言う感じだったのですが…

旦那さんのご両親はお嫁さんの事をあまりよく思ってないみたいで旦那さんの実家に行くと私がチヤホヤされる?と言う感じです。



それをお嫁さんはよく思ってないみたいである日、2人っきりになった時にいつもは優しいお姉さんが「小娘がチヤホヤされていい気になってんじゃないよ!」と言われてびっくりしました。



突然の出来事で私はあ然…。



でもみんなの前では優しくして来ます…。



どうやらそのお嫁さんは家事全般が苦手らしくお料理も苦手みたいです。



私は子供の頃からお母さんのお手伝いが大好きで中でもお料理が好きで自分の中で自信を持てる所が料理です。



それを義母は「若いのにしっかりしてて偉いわね〜。○○さん(お嫁さん)もお料理習ったら?」みたいな事を言ったりするので嫌なんだと思います。



それとお兄さん夫婦は子供が居ないのですが(不妊症とかではなく作らないみたいです。)私が妊娠したと報告した時にもみんなが居ない所で「若いから流れちゃうかもね〜」などと言われました…。



お嫁さんは私が若いから調子に乗ってる等と言います。



私は調子に乗ってるつもりはないです。

ただ義両親に失礼のないよう旦那さんを私に任しても大丈夫だと安心して貰えるように努力してるだけです。



せっかく仲良しの家族の関係が崩れてしまうのが怖くて旦那さんには言ってませんが赤ちゃんの事を悪く言われるのはさすがに悲しく

(質問日:2012年10月26日)

お嫁さん,旦那,お兄さん,お料理,義両親,あなた,兄嫁についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

まず第一に忘れちゃいけないのが、その人は究極の他人だということです。

その辺を歩いている見知らぬ人と、心の距離的には同じです。



旦那の兄の嫁なんて、姑が嫁全員をこっぴどくいじめてでもいない限り

仲良くなれませんよ。また、する必要もありません。

あなたは努力の甲斐あって、兄嫁以外とは仲良くできているのですから

問題ありません。何かあった時に窮地に立たされるのは兄嫁ですから。



そして、自分に確固たる自信がない人は、人を羨むものです。

妬み・嫉み、そんなものを何かにつけて感じるのです。

自分より若くて人生の時間がある人を全て、呪いの対象にでもしてるんですよ。



旦那さまにだけは言ったほうがよいですよ。

ストレスは赤ちゃんに悪影響を及ぼしますので、早めにね。

「みんなには分かってもらえなくていいけど、あなたにだけは

分かっていてほしい。辛いから」と伝えれば、旦那さんは守ってくれます。



結果的に親戚かもしれませんが、兄夫婦が別れれば赤の他人です。

子供が生まれるまでにビシッとしておかないと、子供がいじめられますよ。

子供さんを兄嫁から守るために、今から強くなってくださいね。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆私も旦那さんには一刻も早く逐一話しておくべきだと思います。

その上でもう少し様子を見るのが良いと思います。

あなただけで判断してはけません。





◆私にも義理弟の嫁がいて年齢が近いのもあり仲良しですが

あまりにも年齢が離れていると、気が合わないのでしょうか?

でもそこまで離れていると気にならない気もしますが、その人の性格に因りますよね。



義理両親にとってもあなた一人若いので可愛いと思っているんでしょうね。

旦那には一応事実を言っておいて

何か言われても気にしないでいいんじゃないでしょうか。

そして義理兄嫁はその義理両親からも良く思われていないのなら

義理両親を取り込んでしまえばいいのです!

その義理兄嫁には特に媚びなくていいと思います。





◆仲良くするのは難しいでしょうね。

あなたに嫉妬してるんですよ。

普通は、いい大人なんですから、嫉妬してることを相手に悟られないようにしますけどね。

みっともないですから。

それを堂々とあなたに出してくるんですから、あなたに負けていることを自覚してるんです。



「上手く付き合う」必要がありますか?

もしかしたら、あなた以外にも同じような嫌がらせをしている相手がいるかもしれません。

それが発覚したとき、そのお嫁さんと上手く付き合えていたら、あなたも同類に思われるかもしれませんよ。



旦那様には「こんなこと言われた」と話しておいたほうがいいと思います。

「でもお兄様や本人に注意するのはやめて欲しい」と。

その上で、あなたとお嫁さん二人っきりにならないようにしてもらいましょう。

今の状況だと、あなたとお嫁さんが仲良いと思われてるから、周囲も何も気にしていなくて、二人っきりになってしまうこともあるんでしょう。



上手く付き合う必要がなく、お嫁さんに一矢報いたいのなら、今度二人っきりになったときに、言われたことをICレコーダーなどで録音しておき、旦那様と義両親様にご相談しましょう。



どちらにしても、旦那様は味方につけておいたほうがいいと思います。





◆まぁそりゃあなたは義両親からしたら孫でもいけるような年だし

可愛がられるのも仕方ないと思います。

その義兄の嫁も半分以下の子に対して何をムキになっているんですかね?

そういう性格を見抜いて義両親はあんまり好きではないんじゃないですか?



実際見る限り両立は難しいと思います。

自分の旦那に相談するか、自分が義兄の嫁にはっきり言うかですね。

本当に関係を崩したくないならあなたが我慢するしかないですよ・・・





◆酷いですね。おそらく嫉妬なのでしょうが・・・・



私だったら、と前置きさせてくださいね



スマホのアプリでボイスレコーダーを入れて、義姉と接するときには録音させてもらいますね。



転ばぬ先の杖です。

いわれの無いことを年下だからという理由で言われるのであれば、私なら戦います

子供がうまれたら、お子さんにも意地悪しませんか?

その心配はありませんか?



今後も意地悪が考えられるようなら、皆さんにお聞かせします。

お子さんを守ってあげてくださいね

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 旦那さんのお兄さんのお嫁さんが意地悪でどうしていいか分かりません…→ お嫁さん,旦那,お兄さん,お料理,義両親,あなた,兄嫁関連の質問


ページの最上部へ戻る