実践倫理宏正会(朝起き会)の朝の集会というのは、具体的に、どのよ…>>実践倫理宏正会,集会,団体,手順,何分,演壇,ウィキペディアに関する質問

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

実践倫理宏正会(朝起き会)の朝の集会というのは、具体的に、どのよ…

実践倫理宏正会(朝起き会)の朝の集会というのは、具体的に、どのようなことをしているのでしょうか?

又、団体自体はどのような団体なのでしょうか?入会されている人はどのような目的で入会をしているのでしょうか 近所に、実践倫理宏正会(朝起き会?早起き会?)に入っている若い奥さんがいます。この団体の朝の集会というのは詳細にはどのようなことをしているのでしょうか?



毎日、とにかく朝早い時間(AM4時〜5時位の間)に、毎日出かけているようで、しかも、天候や季節を問わずに出かけているようで、とにかく朝早い時間に出かけているので、すごく気になります。ここの朝の集会?というのは毎日、より具体的にはどのような事(詳細な、手順、内容)をしているのでしょうか?



朝の集会というのは、毎日何分位、行っているのでしょうか?又、朝の集会は個人の家で行われているのでしょうか?それとも公民館、等でしょうか?朝ばかりでなく、一日に何度も行ったり来たりしているような感じで、人の出入りも、行ったり来たりしているような印象で、なんとなく不気味な印象さえ受けます。



又、実践倫理宏正会というのは宗教団体(又は、新興宗教団体)でしょうか?





また、男性でも、朝、参加されている人はいるのでしょうか?参加する(毎日朝の集会に?行く)メリットというのはあるのでしょうか?



参加している方は、月々、又は一年につき、等の、いくら程の団体への参加料のようなもの(金額)を支払って参加されているのでしょうか?



団体等のホームページ等も作っていないようなので、どのような団体で、毎日の朝の集会?で具体的にどのようなことを行っているのか皆目検討がつきません。





また、朝の集会は、毎日365日、休みなく、365日、毎日参加することが義務付けされているのでしょうか?



朝の集会に出かけるのを休んだりするということはたりしても良いのでしょうか?

朝の集会というのは土曜日や、又、日曜、祝日は、休みではないのでしょうか?





参加をされている奥さんは、昼間全く仕事に働きに出ていない(仕事をしていない)ようですが、(他の参加されている子供のいる若い奥さんも皆同様、昼間、全く仕事をされていないようですが、団体の教え等で、そのように(仕事はしていけない?等の)取り決めがあるのでしょうか?



朝の集会の1時間?位の間、より詳細には、どのようなこと(集会の手順・内容)を行っているのでしょうか?

朝の集会の時間は1時間よりも短く、30分位(又は何分か、等で)で終わることとかもあるのでしょうか?





より具体的に、朝の集会で、実際に行っている内容(手順・内容)につき、詳細にお教えいただけたらと思います。

(質問日:2010年2月7日)

実践倫理宏正会,集会,団体,手順,何分,演壇,ウィキペディアについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

私も数十年前(詳しい年については,個人上の秘密にさせてください)に,一度だけ参加したことがあります。



なじみのない中年女性に「宗教ではないから,いいことが学べるから」と言われて,午前5時頃(夏でした)試しについて行きました。



集会所では男性の方が,演壇でお話をしました。内容は,神仏を崇拝するものでもなく,神具・法具の類はありませんでした。演壇の男性は,しきりに「分かった人!」と言っては参加者が全員で手を挙げていました。



「宗教ではない」とは言うものの,当時私には宗教に少し知識がありましたので,(宗教ではないわけではないな)と思いました。後に会員の一人が,「朝に自然が私を目覚めさせてくれる」と言っていました。



私には,心に納得するところがなかったので,中年女性に「二度と誘わないでください」と強く言いました。今,考えると失礼だったなあと思います。





質問への回答



>団体自体はどのような団体なのでしょうか?



神道系の団体が分派したものです。



>入会されている人はどのような目的で入会をしているのでしょうか



「倫理的に退廃した民心を復興するとの意図」だそうです。



>この団体の朝の集会というのは詳細にはどのようなことをしているのでしょうか?



ウィキペディアから引用すると,



「通常、国旗(日の丸)と共に「朝起会」の会場正面(演壇の背後)、講演会等の壇上背後に垂れ幕として以下のスローガンが掲げられている。そして演説。



唱和

「朝起きは、お国を興す第一歩

子供の善導は親の倫理実践から



「朝の誓 [編集]

5つの項目があり、初代会長上廣哲彦が会の根本理念を示したもの。



今日一日 三つの恩を忘れず 喜んで進んではたらきます

今日一日 人の悪をいわず 己の善を語りません

今日一日 気付いたことは 身がるに直ぐ行います

今日一日 腹を立てず 不足の思いをいたしません

今日一日 三つの無駄を排し 新しく大地に生き貫きます」





>参加している方は、月々、又は一年につき、等の、いくら程の団体への参加料のようなもの(金額)を支払って参加されているのでしょうか?



「入会当初は、300円の倫風誌を毎月買い、入会金600円、200円×12か月分=3,000円の会費を払うだけで良い。ただし、次年度からは月払い200円である。会員暦が長くなって、大会に出席したり、お役についたりするようになると、維持会員等になることや、各種参加費、寄付(金銭の徳積み)や、倍加(複数会費の支払)、倫風の複数購入(数冊 – 箱単位)などが、倫理の実践のため、学び続けるために、必要になる。(ウィキペディア)」





>団体等のホームページ等も作っていないようなので、



「実践倫理宏正会には公式HPは設けてありません。その理由は倫理は会友の実践による拡がりを基本理念としていることにあるのでしょう。」と言っています(私的ネットのマから)。





私の知識では,こんなものです。宗教を全面に出していないので,呪いの言葉を浴びせられることはないでしょう。しかし,「何となく不気味です」とお思いでしたら,その思いを引きずることになりますから,距離をおいてかまわないと思います。



どちらにしろ年齢が高くなるにつれて,自治会や檀家の集まりに嫌でも参加しなければならなくなるでしょうから。面倒なようでも仕方がないし,また人と会う楽しみも知ることになります。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 実践倫理宏正会(朝起き会)の朝の集会というのは、具体的に、どのよ…>>実践倫理宏正会,集会,団体,手順,何分,演壇,ウィキペディアに関する質問


ページの最上部へ戻る