夢を見る人と見ない人の違い 寝ている時に、夢を見る人と見ない人の脳…|レム睡眠,働きかけ,夢,大抵,出来事,レム睡眠中,現実に関する相談

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

夢を見る人と見ない人の違い 寝ている時に、夢を見る人と見ない人の脳…

夢を見る人と見ない人の違い 寝ている時に、夢を見る人と見ない人の脳の中はどのような違いが起きているのでしょうか?普段の生活も夢に何らかの影響を与えているのでしょうか?私は毎日のように夢を見ます。だから、あんまり夢を見ないよと言う人がいるとちょっとビックリしちゃいます。。逆に夢のない世界ってどんなのだろうと気になります。寝る前に、想像していたこととか、自分が気になっている出来事が夢によく出てきます。でも大抵は起きるとすぐ忘れ、嫌な夢だけは覚えています。起きたらすぐ忘れるのも何らかの働きかけですか?

私が覚えている夢で気になっているのは、現実では死んだ人が、夢の中では生きているというものなんですが、もう2、3回くらい見ました。これは何を暗示しているのでしょうか?

(質問日:2009年7月31日)

レム睡眠,働きかけ,夢,大抵,出来事,レム睡眠中,現実についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

夢を見る仕組みや理由については、まだ未解明の部分がたくさんあります。



しかし恐らく、「夢を見なかった」という人も、本当は毎晩夢を見ているはずなのです。

夢の内容を覚えているかどうかは、目が覚めるタイミングが関係しているという説が有力です。





人間は睡眠中に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という睡眠の状態を約90分の周期で繰り返しています。



レム睡眠の「レム」とはREM=Rapid Eye Movement、つまり急速眼球運動。

レム睡眠とは、睡眠中に眼球が動いている睡眠の状態です。



一方、ノンレム睡眠は眼球が動かない睡眠の状態です。

厳密には脳波の状態によってステージ?〜ステージ?に分類されます。



詳しくはこちら。Wikipediaの「睡眠」の記事です。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0



この睡眠の状態のうち、夢を見ているのはレム睡眠中であると考えられています。

ただ、最近の研究では、ノンレム睡眠中にも夢を見ているのではないか、という説も出てきているようです。





いずれにせよ、レム睡眠中に夢を見ているのはほぼ間違いないようです。

そして人間は、一度の睡眠中に訪れる数回のレム睡眠ごとにそれぞれ別の夢を見ています。



しかしそれらの夢のうち、最初や途中に見た夢については、見終わった時点でその記憶が失われてしまいます。



目が覚めた時点で夢を覚えているというのは、最後のレム睡眠が目覚めによって中断され、見ていた夢の記憶が消えなかった時に限られます。



ちなみにこの事は、睡眠中に寝言を言う人の寝言と会話し、夢の内容を聞き出すと、睡眠の最初の方の寝言の内容が最終的に覚えていた夢の内容と一致していない事から確認できます。







というわけで、よく夢を見る人というのはレム睡眠が中断される形で目覚める事が多い人、あまり夢を見ない人というのはレム睡眠がキリ良く終わったところで目覚める事が多い人、という事になります。



両者の差は、体の疲れ具合、睡眠時間、目覚める方法など、様々な要因によって起こります。



例えば、睡眠時間が約90分の倍数ではなく、目覚まし時計など強制的な方法で目覚める人ならば、レム睡眠が中断される事が多くなるでしょう。

また、体が適度に疲れた状態で、起床時刻に拘束されずぐっすり眠れれば、睡眠時間がキリの良いところで目覚め、夢を覚えていない事が多くなるかもしれません。





夢を覚えていない睡眠というと、いつのまにか意識が無くなって、ふと気付いたら朝だった、というような状態ですね。

夢を覚えている睡眠よりも脳の覚醒が早く、気だるい寝ぼけた状態がほとんどありません。

脳や体の疲れを取り、すっきり目覚めるためには、この夢を見ない睡眠の方が理想的なのだそうです。



夢の内容を楽しむか、心地よい目覚めを優先させるか。

睡眠時間や環境をうまく整える事によって、それを好みによって選択する事もある程度可能になります。







夢とは、脳内の情報を睡眠中に整理する役割があるという説も有力です。



その処理において、脳内を移動する情報は記憶を長期的に定着させないルートを通っているようです。そのため、見終わった夢の記憶は消えてしまいます。

また、目覚めた時点で夢を覚えていても、その処理の続きが行われているためか、夢の記憶は短時間で消えてしまいます。



しかし、起床後しばらくの間はその内容を覚えているわけですから、これを何らかの方法で再び脳に入力し直すと、通常の記憶と同様、長期間保存される可能性が生じます。

例えば、夢の内容を詳細に思い出し直したり、メモを取ったりするなどの方法があります。



特に嫌な夢を見てしまった場合など、感情が大きく動く内容については、脳内の「扁桃体」という部分が、中期記憶や長期記憶など記憶が長く保持される領域にそれを保存してしまいやすくなります。

ですので、もしも忘れたい夢を見てしまった場合には、自動的に忘れるのに任せて、なるべく思い出さないようにした方がいいでしょう。





なお、夢の内容は、あくまでその人が各種感覚器から脳に取り入れた情報を材料に構築されています。

それも、ただ脳内に格納された情報がそのまま再生されるのではなく、極めてランダムな組み合わせになったり、想像にも補われたりするため、実際には経験した事がない光景や展開も構築される可能性があります。



決して「神のお告げ」や「悪霊の呪い」などといった怪しげな外的要因に影響されたりはしませんし、通常の人間には「未来予知」などもできません。



ですので、夢の内容が何かを暗示している、というような事は一切ありません。

もしも嫌な夢を見てしまったとしても心配する必要はありません。どうぞご安心ください。



むしろ、あまり夢の内容を気にしすぎて、寝る前にその事を考えていると、それが原因でまた同じような夢を見てしまう可能性があります。

楽しい夢ならそれも良いのですが、怖い夢などは気にしすぎないのが一番です。





参考になれば幸いです。(礼

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 夢を見る人と見ない人の違い 寝ている時に、夢を見る人と見ない人の脳…|レム睡眠,働きかけ,夢,大抵,出来事,レム睡眠中,現実に関する相談


ページの最上部へ戻る