糖尿の治療?に使うインスリンには、副作用みたいな物はあるのでしょ…>>インスリン,糖尿病,低血糖,合併症,リポジストロフィー,副作用,インシュリン投与の相談

呪いの相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

糖尿の治療?に使うインスリンには、副作用みたいな物はあるのでしょ…

糖尿の治療?に使うインスリンには、副作用みたいな物はあるのでしょうか?



また、糖尿病の合併症などで代表的なものなどありましたら教えてください。



よろしくお願いします。

(質問日:2007年7月10日)

インスリン,糖尿病,低血糖,合併症,リポジストロフィー,副作用,インシュリン投与についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いに関する質問に対する回答

こんにちは。私にも一言言わせて下さい。

言葉悪くなります、すいません。何か幽霊の寝言みたいなこと言っている人いますね。

何か新手の宗教でしょうか?私の知恵袋利用のポリシーに反しますが敢えて他の回答者さんの意見に反論させていただくこと、どうぞお許し下さい。

もしご質問者さんの気分を害しましたら、補足でその旨お伝え下さい、直ぐ削除することお約束します。

あまりにも貧弱な知識で糖尿病の全てを理解しているかのような物言い。

こんな間違った知識を信じて糖尿病の症状が悪化させる方がいたらと考えると、どうしても放って置けません。



私も糖尿病患者です。なりたて新米ですけど。

発症して1年半ですベテランではありませんが(明るい糖尿病患者目指してます)



インシュリン投与が糖尿病の根本治療でないのなら、それはいったいなになんでしょうか?

不足しているインシュリンを何らかの方法で補完してやれば全ては解決します。

根本的解決です。インシュリン分泌元の膵臓内のランゲルハンス島の移植例が出始めました。

もう少しで実用です。



1、糖尿病は膵臓からのインシュリンの分泌量がなんらかの原因で減少することで発症します。

 インシュリンの分泌能力が弱い家系(遺伝)あります。こんな方は加齢と共に発病します。

 これはどうしても逃げられないかも?

2、糖尿病は(肥満による)内臓脂肪などから分泌されるインシュリン阻害ホルモンにより、インシュリン抵抗性が増

しインシュリン分泌量は正常なのに働きが悪くなり相対的にインシュリンが減ったと同じことになり 発症します。



以上の理由がほとんど全ての発症原因です。



インシュリンの使用は借金を借金で返すことと一緒ではありません。

充分に検証された確立した治療方法です。これで何百万人もの患者が目を足を手を腎臓をそして命をすくわれました。

そういう私もそのうちの一人です。

発病早期でのインシュリン使用は疲弊した膵臓に休息を与えインシュリンの分泌能力を回復させます。

薬は色々な薬効がありますが、どれもインシュリンの持つ力の一部分の代役に過ぎません。

インシュリンの能力全てを果す為には何種類もの薬を同時に服用する必要があります。

食事療法やダイエットも結局自分のインシュリンの分泌量に見合った体作りを目指しておりインシュリンが治療の根本です。

インシュリンの自己注射は大変な仕事ですがそれに見合った効果は充分にあります。

また、1型の糖尿病のようにインシュリン投与以外の治療方法がないものもあります。

何しろ1型はインシュリンの分泌がゼロの人がなる病気でこれが唯一ただひとつの原因ですから。

こんな方に祈祷師の呪いのようなお題目だけを唱えても百害あって一利なしでなんら効果ありません

病気はただ悪化するだけです。

なんだか還元水とか、酢漬けたまねぎとか、なんだかキノコとか「これをやれば絶対治る」とか

とても高価な健康食品とか怪しげなものを揚げると、枚挙に暇がありません。

以前1型の小児糖尿病の女の子を ”何とか糠” で直すとかいってインシュリンの投与を止めさせて

結局その女の子を死なせた大馬鹿者がいました。

最終的に信ずる信じないはご本人の意思ですが、糖尿病治療は病院の医師、栄養士、看護士さん達との共同作業です、

彼らの意見を聞いて見ましょう。



インシュリンの注射による低血糖は副作用って言うのでしょうか?

私の持っているかなり古い明解国語辞典には副作用とは ”薬物の治療に役立たない悪い作用”

とあります。低血糖の症状は拡大解釈ですけど治療効果が過大にでただけで、

副作用というには若干ニュアンスが違うような気がします。

しかし低血糖はなると手が震え、心臓がドッキン、ドッキンして結構怖いものです、でも大丈夫だんだん判ってきますから。

「あっつ、なんか来そうだ」自分で判るようになりますから、ぜんぜん心配要りません。

砂糖やブドウ糖などの甘いもの飲んだり食べたりするとケロリと治ります。



インシュリンの注射は何も怖い治療方法ではありません。

そして、現在の糖尿病の治療はインシュリンの投与は早い時期から行うのがあたり前になっています。

一昔前はまずは薬を使って治療し、薬でどうにもならなくなったらインシュリンの使用という順番でした。

ですからインシュリンを使い始めると自分の病気は悪化しているといらぬ誤解を生んだと聞きました。



最後にもう一つのご質問の答え書きます。

合併症は、

糖尿病性神経障害(高血糖のため微細な血管がダメージを受け最終的に手、足の壊死の原因)

糖尿病網膜症(放っとくと目が見えなくなります)

糖尿病腎症 (腎臓が駄目になり人工透析をすることになります)

動脈硬化(心筋梗塞、脳梗塞、脳内出血の原因)



以上です。糖尿病はやはり怖い病気です、しっかりした方針を立て治療しましょう。

間違っても変な療法等に惑わされてはいけませんよ。

最後に長文になったことお詫びいたします。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆超速効型のインスリン(ノボラピッド)について調べてみました。



http://www.e-pharma.jp/allHtml/2492/2492415A2027.htm

副作用

国内で実施した臨床試験において、総症例178例中、本剤との関連性が疑われる副作用(臨床検査値異常を含む)が78例573件(発現症例率43.8%)認められた。このうち主なものは低血糖で、61例417件(発現症例率34.3%)であった。

1.重大な副作用

 1).低血糖(脱力感、倦怠感、高度空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、眩暈、嘔気、知覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、痙攣、意識障害(意識混濁、昏睡)等)が現れることがある(なお、徐々に進行する低血糖では、精神障害、意識障害等が主である場合があるので注意する)。また、長期にわたる糖尿病、糖尿病性神経障害、β−遮断剤投与中あるいは強化インスリン療法が行われている場合では、低血糖の初期の自覚症状(冷汗、振戦等)が通常と異なる場合や、自覚症状が現れないまま、低血糖あるいは低血糖性昏睡に陥ることがある。

低血糖症状が認められた場合には通常はショ糖を経口摂取し、α−グルコシダーゼ阻害剤との併用により低血糖症状が認められた場合にはブドウ糖を経口摂取する(経口摂取が不可能な場合はブドウ糖を静脈内に投与するか、グルカゴンを筋肉内又は静脈内投与する)。

低血糖は臨床的にいったん回復したと思われる場合にも後で再発することがあるので、経過観察を継続して行うことが必要である。

 2).アナフィラキシーショック(頻度不明)(呼吸困難、血圧低下、頻脈、発汗、全身発疹等)、血管神経性浮腫(頻度不明)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。



2.その他の副作用

 1).過敏症:(頻度不明)アレルギー、蕁麻疹、発疹、そう痒感、血圧降下。

 2).肝臓:(頻度不明)肝機能障害。

 3).消化器:(頻度不明)食欲不振、嘔吐、(0.1〜5%未満)嘔気、腹痛。

 4).神経系:(頻度不明)治療後神経障害(主に有痛性神経障害)。

 5).眼:(頻度不明)眼の屈折異常、(0.1〜5%未満)糖尿病網膜症の顕在化又は糖尿病網膜症増悪。

 6).注射部位:(頻度不明)疼痛、発赤、腫脹、硬結、リポジストロフィー(皮下脂肪萎縮・皮下脂肪肥厚等)、発疹、(0.1〜5%未満)そう痒感。

 7).呼吸器系:(0.1〜5%未満)呼吸困難。

 8).その他:(頻度不明)浮腫、発熱、(0.1〜5%未満)倦怠感、眩暈。



ほかの方が書かれてるように、代表的なものは低血糖です。

これは自覚症状(冷や汗・動悸・震え等)で早いうちに発見すれば自分で対処可能です。

稀に無自覚性の低血糖を起こす方もいるようです。



合併症は

眼・腎臓・神経の三大合併症があります。

下記のURLをご参考に。

http://www.dm-net.co.jp/qa1000/03_/

http://www.to-nyo.com/html/to-nyo_faq/gappei.html#2





◆ インシュリンの使用は借金を借金で返すのと一緒です。根本的な治療にはなりえません(治療の方針としては徐々に薬の量を減らす方向で進めるのが正しいです)。じゃあ糖尿病は不治の病かというと、それは西洋医学しか知らないものの言い分です。東洋医学はそのようなことは言いませんよ。医学は西洋だけのものではありませんからね、もっと視野を広く持ったほうがいいと思いますね。糖尿病は内蔵を酷使した結果ですので(あれやこれや満遍なく食べ過ぎた結果)、先ずは内臓を休ませてあげる事が重要です。一番参考になるのが森下敬一博士の「クスリを一切使わず病気を治す本」ですね。これが最も分りやすく理論的に分りやすく書かれてあります。彼の病院では医者が見離したような慢性病の患者を主に治療しています。その実績は三十年以上です。彼は西武ライオンズで選手たちの栄養指導もなってた方です。





◆インシュリンの副作用はありません。

私は、5年も注射をしていますが、量さえ間違えなければ平気です。



合併症として言われていますのは「心筋梗塞」「網膜症」等があります。





◆注射する量が多すぎると低血糖発作(失神等)が起こります。

合併症では、網膜出血、足の壊疽、腎臓病などがあります。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの相談 > 糖尿の治療?に使うインスリンには、副作用みたいな物はあるのでしょ…>>インスリン,糖尿病,低血糖,合併症,リポジストロフィー,副作用,インシュリン投与の相談


ページの最上部へ戻る