クレしんで怖い話を教えてください>>クレヨンしんちゃん,しんちゃん,しんのすけ,みさえ,都市伝説,怖い話,ひまわりの相談

呪いの人形の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いの人形についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

クレしんで怖い話を教えてください

クレしんで怖い話を教えてください

(質問日:2014年4月6日)

クレヨンしんちゃん,しんちゃん,しんのすけ,みさえ,都市伝説,怖い話,ひまわりについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いの人形に関する質問に対する回答

しんちゃんでアニメで怖い話がありましたね><;

恐怖の幼稚園だゾ



真昼のホラー体験だゾ



呪いのフランス人形だゾ この3つがお話の中でもホラー系統に入るかと思います^^;



有名な都市伝説と言えば、「しんちゃんはこの世にもう居ない」というのが有名ですね!



しんのすけが5歳だったころ、ひまわりがトラックにはねられそうになるのを庇って、しんちゃんが死んで

しまうという話です。

酷く落ち込んだみさえは、しんちゃんの落書きノートにクレヨンで、『しんのすけが生きていたらどうなのか』

という物語を書き始めます。



なので、今までのストーリーは全てみさえの妄想・・・という都市伝説です。



この話と似た都市伝説がもう1つあります。

しんちゃんが事故で死んだ・・・というのまではさっき話した都市伝説と同じです。



しんちゃんが死んだショックで、みさえが精神病にかかり、架空のしんちゃんを見るようになった・・・

というものです。

気の毒に思った町の人達は、しんちゃんが見えているフリをして接してくれている。

(シロは動物で、ひまわりは赤ちゃんなので幽霊が見える という事も)



あくまで都市伝説、噂ですので本当ではないと思いますが、もしこれが全て本当で、しんちゃんの最終回に

こんな感じの絵写が流れたら・・・ちょっとゾクッとしますよね^^;

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの人形の相談 > クレしんで怖い話を教えてください>>クレヨンしんちゃん,しんちゃん,しんのすけ,みさえ,都市伝説,怖い話,ひまわりの相談


ページの最上部へ戻る