スイカ とメロンなら、どっちが好きですか?>>スイカ,メロン,スイカップ,陰陽道,ヒンズー教,キョンシー,他力的呪いに関するQ&A

呪いの人形の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いの人形についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

スイカ とメロンなら、どっちが好きですか?

スイカ とメロンなら、どっちが好きですか?

(質問日:2008年10月6日)

スイカ,メロン,スイカップ,陰陽道,ヒンズー教,キョンシー,他力的呪いについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いの人形に関する質問に対する回答

ナルコロ・ヘイセイを呪うには、大きく分けて二種類の呪いがあります。

他力的呪いと、自力的呪いです。

他力的呪いとは、自分の力ではなく他の物の力を利用してかける呪いです。

これは西洋に古くからある呪いに多く見られますが日本にもいくつかあります。

西洋の場合、考え方が合理的というか、自力でできないと最初からからあきらめていましたので、

このような他力的呪いが発達しました。

西洋の他力的呪いの原点は、悪魔との契約です。

自分が呪う相手に災厄をもたらしてもらうために、それがなったときには、自分もそれに見合う代価を支払うという物です。

西洋の呪いでは、これを「血の盟約」と呼びます。

決して解約されることの無い契約です。

それを行うと言うことはこの「血の盟約」を交わしたということなのです。

その不幸は、すぐに現れません、数ヶ月後、あるいは数年後に現れます。

従って本人は、もう忘れてしまっている場合が多いのですが・・・・。

俗に言う「人を呪わば穴二つ」という典型的な物です。

ここで言う穴とは、墓穴のことを意味します。

では自力的呪いとはどんな物でしょうか

それは、東洋を中心に、古くから行われている呪いです。

これにも二種類の呪いがあります。

一般の人が行う呪いでは、自分の全身全霊をかけて呪います。

これは強い思念で相手に影響を及ぼそうという物ですが、全霊を使うためやはり墓穴が二つの口になります。

そしてその思念を抱くことによって、そこに負の気が起こり悪い霊、つまり邪霊や動物霊等がその負の気に引き寄せられてきますので、それらの影響を受ける様になります。



しかし呪いでも、上記のように、自分に返ってこない呪いもあります。

それは修行者や一部の人が行う、相手の魂を何かの物に呼び込み、そこで呪いを行う方法ですが。

同じような呪いの方法は、世界各地にあります。

呪いは古く、人類と共に発達してきました。

その中で、呪う人間が災厄を受けたのでは、元も子もないという考えから、いろいろな方法が考え出され、

ヒンズー教、仏教、等の宗教も、その呪いから生まれたと言っても過言では無いでしょう。

世界にある多くの宗教が、呪いから生まれています。

すべてではありませんが・・・・・。

呪いは強い物に反抗するために考え出され、ある時は人々を納めるために、又ある時は金のために過去様々な場面で使われてきました。

有名な呪いでは、ブードー教の呪いがありますが、これも、人形に対象者の魂を呼び込みその人形を痛めつけることで、相手を痛めつけようという物です。

このような呪いは、ラマ教、ヒンズー教の中にもあります、もちろん仏教の中にもあります。

日本で有名な物は、自力ですが、修行者ではなく自分の思念を使う呪いで、この、魂を呼び込んで行う呪いににた呪いがあります。

これは、「牛の刻参り」と呼ばれて古くから日本で行われています。

わら人形を対象者に見立てそこに5寸釘を打ち込むという物ですが、名前の通り夜中に行われる物です。

そして、呪いの多くが同じですが、自分が誰それに呪いをかけてる、

あるいは、自分がいつ呪いを行っている等を決して人に知られてはいけません。

それを知られたときには、その呪いは破れ、すべての災厄は呪っている本人だけがかぶらなければならなくなります。



又ここに、他力ですが、自分が安全圏にいることができる呪いが一つだけあります。

それはみなさんも一度は、名前を聞いたことがあると思いますが、徳川家康の相談役をしていた阿倍野清明、あるいは島流しにあった役の小角等がよく使ったと言われる、「式」あるいは「式神」と呼ばれる物です。

役の小角は、この式をよく使い、鬼として、前鬼、後鬼と呼びいろいろなことに使っていたようです。

これは、陰陽道で多く使われていますが、密教の中にも、その方法は、秘伝として残っています。

式を使うためには、術者事態が相当な力を持っていなければできません。

私位の力では、まだまだ無理なようです。式を見ることはできますが・・・・。

また、中国で有名な「キョンシー」もこの式の一つですが、これは陰陽道で使われる式と本質的な違いがあいます。

陰陽道で使われる式は、紙に書いた呪文、いわゆる護符を、術者の力で実体化させて使う物ですが、キョンシーは、死体に護符を張り自分の思い通りに動かす物です。

「瘢痕の術」という死人をよみがえらせる術に良く似ています。

そのほかに、日本に古くから伝わる呪いには、「管狐」、「こどく」等と呼ばれる物もあります。



私が行うのは、修験道(山岳密教)や密教に伝わる秘伝の呪いです。

もちろん依頼者にも、私にも呪いの影響はありません。

ただ時折、私が呪いを行っているときに、その負の念に引き寄せられて邪霊が現れることもありますが・・・・。

そのために、私たちが行う呪いは、事前に霊的結界を張りその中で行われます。



破邪の護符

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆スイカです♪

メロンもジューシーで美味しいけど…

夏休みに外でこんがり遊んできた後、ざく切りにしたスイカを

兄弟と競って食べた… 思い出の味には、かないません(笑)





◆スイカのほうが、好きです。





◆スイカップ



メロンパンナ



だったら、スイカップ!!





◆どっちも美味しいし・・選べませんね〜。

メロン・・スイカ・・メロン・・スイカ・・。

やっぱり選べない!!





◆私の好きなものは あなたはどうでもいいみたいだわ

あなたの好きなものは 私だってどうでもいい

だからいつも ケンカすると 無視しあう

ふくれる私 不機嫌な彼

さあ どっちが悪いのか さあ どっちが悪いのか

男には女はわからない

さあ どっちが悪いのか さあ どっちが悪いのか

女には男なんてわからない

(森高千里さん「どっちもどっち」より)



ということで、決められません!

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの人形の相談 > スイカ とメロンなら、どっちが好きですか?>>スイカ,メロン,スイカップ,陰陽道,ヒンズー教,キョンシー,他力的呪いに関するQ&A


ページの最上部へ戻る