人形って生きてますか?|人形,福助,ビリケン,キューピー,福徳,ヒトガタ,呪術についての相談

呪いの人形の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いの人形についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

人形って生きてますか?

人形って生きてますか?

(質問日:2008年9月4日)

人形,福助,ビリケン,キューピー,福徳,ヒトガタ,呪術についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いの人形に関する質問に対する回答

人形とはまさに「ヒトガタ」であり、人の身体を模したものです。となれば、ただの物体ではなくわれわれはそこになんらかの精神性を移入して取り扱うことになります。 ヒトガタは古来から呪術の対象であり、人間はそのヒトガタに願いを託したり穢れや厄災を葬る手段として活用してきました。また人形は、呪いの原因になったり幸福のお守りにもなったりしますが。現代では、縫いぐるみなどを含めて主として女性の愛玩の対象となることが多く、そこでもなんらかの感情移入がなされているはずです。よく、人形が涙を流しただの髪が伸びただの言います。たぶんそれは、人形を見る人の、見るときの気持ちの反映なんだろうと思います。悲しい気持ちで見ているときは人形も悲しそうに見えるし、腹たってるときは、怒ってるように見えます。女の子が人形をだっこしたり寝かしつけたりするのは、母親のものまねであり将来の母親としての学習行為と見なすことができます。しかしそれ以上に人形は自分の分身であり、自分と二人きりの世界をつくる無二の存在であるのかもしれません。その分身にあたえる行為は、自分自身の肉体にくわえる行為という意味あいももってきます。人形怪談の典型的なものには、深夜に人形が動きだすといったパターンが多く、ようするに、人形が魂をもった「人」に変わるという怖さと言えます。これはやはり、人の形をした人形にはなんらかの精神を想定してしまうことからくると思われます怪談としては、「夜、人形が一人で歩く」「髪が伸びる」というのはよく聞きます。その関連だと思うのですが、「彫像」「銅像」に関わる噂というのをあげてみたいと思います。某カトリック系の学校屋上にあるマリア像が、夜中に動くという噂がたって、一時、騒がれたことがありました。新聞や雑誌(含む:子供雑誌)に実名入りで載ってしまったため、見物に来る人が後を絶たなかったそうです。問題のマリア像は校舎の屋上にあり、遠くからでもそれとわかる、かなり大きなものでした。幼子イエスを抱いた立像で、頭の後ろに「後光」を表すワイヤーが環になって星が付いています。これが夜中に見ると、「像の向きが変わっていた」「イエス様を抱いている方向が変わっていた」のだそうです。カトリック系の学校ということで、イエスの奇跡などとの連想が重ねあわされているのかもしれません。 人形が動きだすのではなく、逆に人間が人形に変身してしまう話も古来からたくさんみられます。魔術で石像に変えられるという恐怖譚も多くあります。招き猫、達磨人形など、福を招くとされる人形のたぐいはたくさんあります。いまでも商店など、どうしても偶然の影響を免れえない世界では縁起をかついで大切にされています。大阪に「ビリケン」というキューピーさんのようなものがあります。大阪から遠く離れた河北の当地にもこれが山中に一つあるのです。長年当地に住んでいる家人もそれが何なのか、なぜそこにあるのか知らないそうです。「ビリケン」は頭がとがり、眉が釣り上がって、後方に仏像の後光のようなものをそなえた裸体の像です。1908年アメリカの女流美術家が作り、やがて世界に流行しました。(アメリカから来たことばで、福の神という意味)これを備えれば福徳を招くと言われています。「ビリケン」が福徳を招く人形である、というのは、招き猫や福助さんのようでもあります。旧家の土蔵などから、「ビリケン」出てくるかもしれません。あるいは、古道具屋にホコリをかぶっているかもしれません。日本ではどの位流行したものか、今では全く判りません。人形とは、読んで字のごとく「ひとがた」です。雛流しの習俗を思い出すまでもなく、人々は穢れや災いを「ひとがた」に託し、葬ってきました。ワラ人形などもその系譜でしょう。これがなぜ福徳に結び付くかです。おそらく、災いを身代わりになって引き受けてくれるから、福徳の守りとなるのでしょう。「ビリケン」などはアメリカ人の思いつきですから、少々違うかもしれません。しかし、「ビリケン」は怖い顔をしています。初期の「福助さん」も大人顔でした。これが、時代を経ることによって、童顔(幼児?)の「キューピーさん」や今日の「福助さん」になってくる共通点があります。悪を引き受ける立場から、福を授ける立場へと変化してきたと考えられます。福を呼び込む人形もあれば、不幸や呪いのための人形もあります。伝統的な呪いのヒトガタの代表は、丑の刻参りに使われる藁人形で、なんと、その「呪いの藁人形セット」が販売されているそうです。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆生きていません。

呪術で使う人形は、特殊で、作成方法が決まっています。(私も陰陽道の人形の作成手引き儀式書を保有)

持主の念が籠る事がありますが、人形に限った事では無く、服などもあります。(呪われたワンピ-ス、呪われた振袖など)

昔から呪術で人形を使う事が多かった(古代には人間が生贄として呪術に使われ、殺された。人間の生血を杯に入れて、儀式を行った。最近、この杯が突然写ってしまう謎の心霊写真が増えています)ので、人形が不可解な現象を起こすという俗説が生まれました。

人形が生きていたら、怖いですヨ!





◆人の怨念を吸い取る、と聞いたことがあります。

人型をしたものはあまり身近に置かない方がいいそうです。





◆生きている物が宿ると思います

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いの人形の相談 > 人形って生きてますか?|人形,福助,ビリケン,キューピー,福徳,ヒトガタ,呪術についての相談


ページの最上部へ戻る