浄土宗・浄土真宗は、端的にいいまして、「異安心」という言い方で、…>>浄土真宗,法然上人,浄土宗,信心,親鸞聖人,真宗,事柄に関する疑問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

浄土宗・浄土真宗は、端的にいいまして、「異安心」という言い方で、…

浄土宗・浄土真宗は、端的にいいまして、「異安心」という言い方で、結果的に、神秘的な事柄を避けるようになったのでしょうか?



無知な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

(質問日:2007年8月18日)

浄土真宗,法然上人,浄土宗,信心,親鸞聖人,真宗,事柄についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

浄土宗や真宗でいう「安心(あんじん)」という言葉は「信心」と同義です。

しかし浄土宗や真宗でいう信心、とくに真宗においては、一般的な意味とは少し違う意味で用い

られます。

ちょっと細かいですがお書きします。



『歎異抄』や『御伝鈔』には次のようなエピソードが伝えられています。



親鸞聖人が法然上人の下で聞法されていた時代、親鸞聖人とその他の法然上人のお弟子との間

で論争が起こりました。

親鸞聖人は、

「私の信心も法然上人のご信心も同じ信心である」というのに対して、

その他のお弟子は、

「法然上人のご信心と善信房(=親鸞聖人)の信心が同じなど、まさかそのようなことはありえない」

といいます。

それに対して親鸞聖人は、

「法然上人の極めて広い智慧才覚と同じであるというのならとんでもないことだ。しかし往生のための

信心は全く異ならずひとつである」と返答しました。

そこで法然上人の前で是非を定めようということになりました。

法然上人は、

「私の信心も如来より賜った信心である。善信房の信心も如来より賜った信心である。であるから

ひとつである。別の信心を持つ人は私が参るお浄土へ参ることはできないであろう」

とお答えになりました。



自分の力で信じようとする自力の信心では、人によって才能が違うため、悟り(救い)も平等になりま

せん。

しかしここで言う信心は、如来より賜りたる他力の信心であって、一味平等の信心です。

この点を『華厳経』には「信は道(どう)の元なり」(『教行信証・信巻』に引文)といい、『涅槃経』

には「大信心はすなわちこれ仏性なり。仏性はすなわちこれ如来なり」(同書引文)といいます。

つまり「信=道(悟り)」であり、また「大信心(他力の信心)=仏性=如来」という構図です。



以上より真宗で言う異安心は、この他力の信心(大信心)と異なる信心のことです。

ですから異安心とは信じれば地獄に落ちるというような単なる異端ではなく、法然上人や親鸞聖人

の信心から逸脱した信心のことを指します。



さて神秘的な事柄ということですが、浄土教にもそのようなものはある、というより法然上人以前には

むしろその方が主でした。

現在でも比叡山西塔の常行堂では、何日もお堂に籠もり念仏を唱えて阿弥陀仏にまみえる修行を

しているお坊さんがおられます。

私がお参りしたときもお堂の外に「修行中ですのでお静かに」という看板が立っていました。

また京都の禅林寺(通称・永観堂、浄土宗西山禅林寺派総本山)のご本尊は「見返り阿弥陀」

と呼ばれています。

これは永観律師(法然上人より以前の時代の方)がご本尊の周りを念仏を唱えながらぐるぐる廻る

修行(行道といいます)をしているとき、ご本尊が須弥壇から降りてこられて先導し、「永観おそし」と

おっしゃったときの姿を模ったものです。

これらの神秘主義的な念仏は自力の念仏であって、真宗のお坊さんがすれば異安心といわれるで

しょう。

ただ注意しなければならないのは、あくまで真宗の立場で行うと異安心とされるのであって、これらを

完全否定しているわけではありません。



といっても仏教の教えからかけ離れた、例えば呪いなどの秘事をする異安心(秘事法門)について

は蓮如上人も「あさましき外道の法」、「ながく無間地獄にしずむべき業」(『御文二帖十四通)と

して否定されていますが、これは当然のことと思います。

(「無間地獄」といっても実体としてあるわけではなく、絶対に救われることがない教えであるという

ように解釈すべきかと思います。)



ただ異安心といっても神秘的なものには限られません。

例えば、念仏のほかに善行を積むことを勧める「賢善精進」であるとか、逆に念仏をすればいくら

悪いことをしてもよいとする「造悪無碍」なども当然異安心にあたります。

賢善精進は自力の教えであり、造悪無碍は単なる自己正当化のための論法であり無我を説く

仏教とは相容れない考え方であるといえます。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント

特になし。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 浄土宗・浄土真宗は、端的にいいまして、「異安心」という言い方で、…>>浄土真宗,法然上人,浄土宗,信心,親鸞聖人,真宗,事柄に関する疑問


ページの最上部へ戻る