中学生の息子にTVや映画を制限することについて 最近このことで中2…|トリック,中学生,侮辱罪,名探偵コナン,灰島,言葉づかい,息子についての疑問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

中学生の息子にTVや映画を制限することについて 最近このことで中2…

中学生の息子にTVや映画を制限することについて 最近このことで中2の息子と口論になってばかりなので

皆さんにお聞きしたいのです。



息子が友達と映画「犬神家の一族」を見る約束をしてきたのですが

私の考えでは殺人ものはあまり見せたくなくて

できれば断るように言いました。

すると息子は「厳しすぎる、そんな制限されている人なんかいない」と言い、

私はせめて高校生になるまでは見るべきではないと

お互い平行線のまま、行き着く先がありません。



小学生のうちは殺人ものは一切見せていませんでした。

たとえアニメの「名探偵コナン」でもです。

中学生になって「踊る大捜査線シリーズ」「トリック」などそれほど残酷でなく

多くの人が見てるものについては見せるようになりましたが

それを見せた事さえ後悔しています。

というのは見たものに影響を受けているのが分かるからです。

兄弟喧嘩の時に弟に「死ね」「殺す」「消えろ」と言う事がしょっちゅうあります。

「踊るシリーズ」の「灰島」を見た後は親に向かって

「侮辱罪だ」とか「人権侵害だ」とか言うようになったし、

「トリック」を見た後には「呪いに見せかけて殺す」などと

弟に言ってるのを聞いたときはぞっとしました。



昔の、例えば「砂の器」など人間の悲しさなどが描かれている作品なら

私も見せてもいいと思えるのですが。

金田一シリーズはどうなのでしょうか。



そこで皆さんにお聞きします。

中学生に見るものを制限するのは行き過ぎですか。

(質問日:2007年1月6日)

トリック,中学生,侮辱罪,名探偵コナン,灰島,言葉づかい,息子についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

制限しすぎです。R指定やスプラッタならともかく、一般的な推理やサスペンス、ホラーの類いは見て良い年齢です。



見るのを制限しても、いずれ大人になれば見る日がきます。その時に一挙に今までの反動がきて、そういう作品好きになる危険性があります。禁止されればされるほど、魅力的に思えるものです。そのため、穏やかめな作品から慣らしておいた方が良いです。アメリカでは子供にはかなりキツいR指定がかけられており、日本で見られる洋画のほとんどを子供が見られないですが、思いっきりその反動で大人になってからはアクション系、戦闘系の映画が人気です。



必要なのは、いろいろな作品を見た上で正しい判断力が持てるかどうかです。教育に悪いと思う場合も一般的な作品に関しては同じ物を親も見てみて、感想を話し合う事です。「あそこは良くないとか、あの考えは間違ってる」等。意見を述べ合い、討論する事でやがて正しい理論にたどり着けるよう導くのが教育です。親のいない場所で、子供が教育によくないものに出会う事はかならずあります。その誘惑も理解した上で親に縛られなくても正しい道が選択できるようにならなければなりません。若い頃の考え方が間違った方向へ向かう事はありますが、多少の失敗はしてみないと理解できないものです。まったく知らない状態で、大人になった直後に大きい失敗にはまる方がよっぽど怖いです。



また「死ね」や「殺す」とか喧嘩で使うそうですが、推理やホラーを見た方が「死ぬ」という事の恐怖が理解できて、むやみに口に出せなくなるのではないでしょうか。軽くそういう言葉を使うのは逆に「死」に関係するものを避けるばかりで理解できていない証拠だと思います。まあ、推理やホラーを見てもそういう言葉を使う人もいますが、それを注意する事が教育ではないでしょうか。



あと、人間は誰でもストレス発散が必要です。悪い事でもあっても、作品の世界の中でそれが行われる事によって、気分がすっきりするものです。ストレスが発散できるからこそ現実世界で犯罪に走らなくてすむのです。(ある意味エロに関しても同様。)現実と空想がごっちゃになるようであれば、そこから引き戻すのが教育です。他にも世の中には汚れた世界があり、汚く醜い人間がいる事も理解しておかなければ、大人になって悪人に騙されるのがオチです。



コナンや金田一は、普通に見て良いと思いますが、人が何人もあっさり死にすぎて、ろくに悲しむ描写がないまま、推理を楽しむ展開にうつってしまう面については問題はあると思います。しかし、番組内では毎回長時間悲しんでいられないのも理解できるはずです。その点を「良くないよね。」と押さえれば、後は正義の味方なので問題ないです。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆映画の制限は行き過ぎだと思います



それより「殺す・死ね・消えろ」などの言葉づかいの時に

怒らないんですか?(我が家はぶん殴ります)

自分が言われたらどんな気持ちになるか

人に対しての言葉づかい・言ってはいけない言葉をしっかりと

幼少の頃から躾ましたよ



中2年とのこと…映画の影響だけではナイ気がするんですが…





◆制限することは必要だとは思いますが・・・



今の時代は情報が氾濫しています。その中でその情報を制限することは非常に難しくなってきています。親の私たちが思っている以上に子供達は情報を取り入れる方法を知っています。ですから、制限することも必要なのですが、それよりも種々の情報の正しい活用を教えることの方が重要だと思います。バーチャルな世界はリセットが効きますが、現実では一度きりの人生だから、失敗は自分で責任をとっていく覚悟がいると・・・



お金を出して観る映画に「犬神家の一族・・・」は親として嬉しくないのは解りますが、それを観に行きたいと言うのであれば、帰宅後に感想と親なりの規制(殺人についてとか、犯罪についてとかの現実的な説明)をかけるほうが賢明かと思います。そのほうが親子の会話としてはふさわしいし、言い方によっては親の愛情を子供が確認するというのことになるので、一石二鳥のような気がしますが・・・



中学生でも高校生でも命の尊さはしっかりと教えなくてはいけません。そういう意味では、これを機会に観に行った後は、必ず親と話し合うように約束させて、その都度子供の感覚を確認する作業を行うべきだと・・・



臭い物には蓋をする的な発想は、子供を免疫のない弱い子に育ててしまう可能性があります。良く考えて、あなたのお子さんにふさわしいようにして下さい。それが親の役目だと思います。





◆私は高校生ですが、やはり厳しすぎると思います。

中学時代は周りの人は許されているのに自分だけ禁止されることをとても嫌がります。

やはり息子さんの言う事は当然だと思います。

むしろ、今まで制限されていて中学生になって初めてそういったものも観たので、一般の子供よりも過剰にその作品の中から流れ出される情報を吸収したのではないのでしょうか。





◆いやせめてコナンくらい見せてあげなよ。親の教育がしっかりしときゃ見せてもなんも問題ないて。金田一はコナンより残酷だけどそれでもアニメは見せないと逆に子供が世の中についていけないって。俺とか親父が戦争映画大好きだから生まれたころからずっと戦争映画見てるよ。俺は別に戦争映画は好きじゃないけど・・・おかげで英語は結構分かるようになったけどね。でも俺は一度も家族に対して死ねとか消えろとか言ったことないし、どうせそんな映画見らんでも小学校高学年にでもなれば回りの影響で勝手にそんな言葉覚えてくって。結局その制限って意味ないんよ。アダルトとかPGがついてる映画は別として、制限を解禁して!でなかったらますます子供ひどくなるよ。





◆見るものを制限することと「死ね」「殺す」「消えろ」と口に出すことは違うように思います。

我が家にも中学生が居ますが、「死ね」「殺す」「消えろ」という言葉は禁句です。

そのような文言を言おうものなら、ただでは済ませません…。

その言葉の意味・相手がその言葉でどう思うか…そこを教えることの方が、大切だと考えます。

禁止し目にさせないことで、本来の意味が学べるでしょうか?

ゲームや映画などの映像の中のことと、現実にあるべきこととの認識をしっかり持たせることこそが大切だと思います。

親が制限をかけても、いずれは本人の意思で目にすることも出来る年齢になります。

くさいものには蓋をすることよりも、事前に親が子ども自身の『心を育てる』ということが大切だと思います。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 中学生の息子にTVや映画を制限することについて 最近このことで中2…|トリック,中学生,侮辱罪,名探偵コナン,灰島,言葉づかい,息子についての疑問


ページの最上部へ戻る