バイオリンとコントラバスどっちが難しい? バイオリンとコントラバス…>>コントラバス,バイオリン,アマオケ,コントラバスどっち,コントラバスどちら,ベクトル,シェラザードの質問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

バイオリンとコントラバスどっちが難しい? バイオリンとコントラバス…

バイオリンとコントラバスどっちが難しい? バイオリンとコントラバスどちらが難しいでしょうか?



もちろんこの2つの楽器の難しさのベクトルは違う事はわかっています。

総合的にみたらどちらが難しいのでしょうか



また、アマオケレベルに弾けるようになるにはどちらの楽器が速いでしょうか?



みなさんの意見を教えてください



よろしくおねがいします

(質問日:2011年11月27日)

コントラバス,バイオリン,アマオケ,コントラバスどっち,コントラバスどちら,ベクトル,シェラザードについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

いちぉぅ、興味本位でなくて、真面目な質問だと思ってご回答いたします。



基本的にどの楽器でも、それにはそれの世界があるので一概に「簡単・難しい」の区別はつきません。



しかし、条件を特定するとイメージ的にとっつきやすいほうというのはあると思います。アマオケでも最近ではレベルの高いとこは高いのでどこまで要求されるかわかりませんが、、オケの中ではバイオリンは主軸を成す楽器である為に選曲によってはすぐにでもかなりのハイレベルな演奏技術、合奏技術を要求される事が多いでしょう。



私がいたアマオケでも(私は弦楽器にあらず。。) 1st群のアンサンブルはすばらしく、ほとんどVn暦50年〜70年なんていう人がしめていて(経歴を聞くのが怖いような人もいました)、そこに加われない人が2ndをやり、2ndではみ出した音を出す人は「3rdVnに行けっ!」と言われておりました。人事ながら、厳しい世界だなぁ、と思って見ていました。。が、弦楽器の場合は並んで演奏する奏者の音程が微妙にずれてると、すぐにおちゃらけ音楽 ⇒最悪、呪いの音楽になってしまいますので、アマチュアといえ最低限必要なレベルが高くなってしまうのは仕方が無いことだとも思いました。



私の印象としては、長弓の基礎訓練ができていれば即戦力になれるのはコントラバスの方だと思います。オケ譜を見れば一目瞭然ですが、バイオリンに比べればそうそう細かい音符を引き続ける場面は少ないことが簡単にわかります。



バイオリンに対して、ヴィオラは微妙な立場でしたが、低音方(チェロ、バス)は結構のほほんと構えているような感じがしました。パート内でいたわり合う姿勢があるような感じもしました。



ただし、それは本当に限られた時間の中で曲を仕上げなければならないアマオケの中で「低弦まで掘り下げてる時間は無いのだよ。」という事で、ある意味切り捨てられていることからそうなっているのだとも思います。実際の音楽における低弦の役割はものすごく大きくて本来卓越した音程感とリズム感が無くては任せたくは無い、、とコンマスが言っていました。私もそう感じます。低音域での音程を正確にとる事は、ある程度その音域に才能が無いとできないことでもあることを、 ぃちぉぅ、 書いておきます。



シェラザードのVnソロを弾くのも、⇒特に最後の最高音を弾くのなんて超むずかしぃ!かといって第九の第4楽章のCbレスタティーボを弾くのが簡単か?というとそうでもないことでしょうし、、、次元が変われば単純には比べようが無くて、より、どちらに対して自分が情熱とエネルギーを注げるのかを考えた方が良い問題なのではないかと思います。





● 参考までに、練習について 及び 楽器の魅力について書いておきます。



コントラバスは練習するには難しい楽器なのではないでしょうか?持ち運びは困難を極めますし、家で練習することを想像できますか?それとも家ではひたすらイメトレのみで、楽器に触れる所にいって初めて合奏ですか?



バイオリンならば曲がりなりにも、良し悪しは別としてミュートを付ければそれっぽい実技練習ができますが、どう思いますか?あなたが今バイオリンをやっているとして、コントラバスに移ることは、今持っているバイオリンをお蔵入りさせることになるのですが、それに耐えられますか?



低音奏者の喜びの一つは、音の振動をもろに肌で感じられることではないでしょうか。楽器がぶるぶると震えている、ぁあ、音楽を「えんそう」しているんだなぁっていう感じ。もう一つ大きなのは、音楽の骨格を創っているトイウ喜び。一つ間違えれば大破壊!させかねない責任をになう心。そういう楽しさを知っている人にとっては大きな楽器を担いで電車で移動することが苦にはなりません。(実際はとても大変なことなんですけれども。)



バイオリンは、、私がわざわざ説明する必要も無いと思います。あなたがバイオリンをはじめた理由こそが、その楽器の魅力だからです。ただし、その魅力を発揮する為には、現状の立場における「それ相当の技術」が必須項目で、それなりの努力が必要ということです。



音楽はアマでもプロでもお客さんの前に立ったときには言い訳ができません。アマチュアというイメージからすると程遠い厳しい側面を持っています。それゆえアマチュアでもやりようによってはとてもやりがいのある課題でもあります。私も長年アマチュアで音楽を楽しんできましたが、才能を順調に伸ばしてこれたプロ(笑)よりも過酷な状況を感じたことは数多ありました。それでも、自分のやっている楽器が楽しいからやるんです。



特別「こぅしなさい」という回答ではなくって、あなたに問いかけばかりしている回答ですが、なんとかあなたの生きる道を探し出してください。私は低音楽器大好きですから、バスに行くのも ぃいかなぁ って思っていますが、決めるのはあなたです。

【編集は誤字訂正のみ】

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆バイオリンは弦が細いから押さえるのにとても指が痛いが、

握力はさほどいらない



コントラバスは弦が太いから押さえるのに指があまり痛くないが

握力はとても必要



ということしか知らないですが参考にどーぞー





◆専門はヴァイオリンですが、ヴァイオリンとコントラバス両方出来ます。一応両方オケの経験があります。

参考になれば幸いです。

テクニック面に絞って話をします。



オケで「音が並ぶ」レベルに達するのにはコントラバスのほうが早いと思います。

音数がコントラバスのほうが少ないですし、速い動きも少ないからです。



コントラバスは発音が本当に難関です。遅れてしまうかかすれた音が出てしまうことがあります。比べるとヴァイオリンは発音が容易です。

それとコントラバスは運指の関係で、ヴァイオリンと同じ音形を弾く時ヴァイオリンよりも回数が多くて長い距離のポジション移動を要求されるので困難も伴います。動きは自由ではありません。



こういうことを言うとコントラバスのほうが難しそうですが、コントラバスの困難さを差し引いてもオケではヴァイオリンのほうが技術的に高度なことが要求されるので「音を並べるのが」難しいと言えます。



しかし、単に音が並ぶだけではなく良い発音良い良い音程にまで追求していくと、ヴァイオリンとどちらが難しいかという話にはなりません。どっちもどっちです。





ちなみに、言ってしまうと弦楽器って全部同じようなものなんですよ。もちろん力の使い方は違いますが、発音に求められること,弦に吸いつく感覚,ポジション移動に求められることは共通事項です。





◆何を「難しい」とするかによります。



音を出すのが難しいのはコントラバスです。弦が太いので音が鳴りにくいからです。

安定した音を出すのはヴァイオリンの方が難しいです。ヴァイオリンは音が高いので、少しのことで音がひずんでしまいます。

音程をとるのが難しいのは、「初心者レベル」ならヴァイオリンの方が難しいですが、正確に演奏するのは同等の難しさです。

オケの曲を弾くには、ヴァイオリンの方が音符が細かいし出番も多く、難しいです。



アマオケはオケなので、コントラバスの方が楽譜がヴァイオリンより圧倒的に簡単なので、コントラバスの方が取っ付きやすいはずです。でも競争率はコントラバスの方が高いと思います(アマオケはヴァイオリンが常に人数不足、チェロやコントラバスは定員に達しているということが多いです)。





◆こんにちは。

おっしゃるとおり、楽器の難易度というのは様々な見方ができるので順位を付けることはできないと考えています。

ただ、コントラバスで音大に入学する人のほとんどが中学生以降で始めているでしょうが、バイオリンを中学生から始めて音大に入学することはとても難しいと思います。





◆コントラバスの方が明らかに簡単だと思います。



ヴァイオリンは感に触る音がでますが、コントラバスはそれほどでもありません。



あ、私はコントラバスを弾いた事がないので、確証はありません。また、「アマオケレベル」というのがよく解りません。



私は個人的にアマオケと雖も、音階が弾けなかったらダメだと思うのです。ヴァイオリンでマトモに音階が弾ける様になる人は半分も居ません。



コントラバスはオーケストラの中ではイイカゲンなものだと、ヴァイオリン弾きは思っています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1070638540

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > バイオリンとコントラバスどっちが難しい? バイオリンとコントラバス…>>コントラバス,バイオリン,アマオケ,コントラバスどっち,コントラバスどちら,ベクトル,シェラザードの質問


ページの最上部へ戻る