おとぎ話について。グリム童話に『眠りの森の姫』というのがあって、…>>おとぎ話,グリム童話,お姫様,王子様,眠り,赤頭巾,王子関連の疑問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

おとぎ話について。グリム童話に『眠りの森の姫』というのがあって、…

おとぎ話について。グリム童話に『眠りの森の姫』というのがあって、魔女の魔法にかけられ百年間眠らさ

れた美しいお姫様が勇敢な王子様に助けられて眠りからさめ、二人は結婚して幸せに暮らしましたという

お話です。 このおとぎ話について一部の女性たちが、この話のお姫様はただ美しいというだけで王子様に救ってもらった

というそれだけの話なので子供に読ませても意味がないから読ませない方がいいという主張をしたことがあり

ます。

確かに実際読んでみるととにかくお姫様の美しさが強調されていて女性たちの主張もわからないわけではな

いですが、おとぎ話くらいでとやかくいうのもおかしいようにも思います。

皆さんはどう思われるでしょうか。

(質問日:2008年5月17日)

おとぎ話,グリム童話,お姫様,王子様,眠り,赤頭巾,王子についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

シンデレラもよく「結局見た目が綺麗だったから幸せになっただけ」って言う人がいますね。

私もおとぎ話くらいで…と思います。



おとぎ話や絵本は何も教訓を教え込むためのものではありません。

綺麗なおひめさま、怖い魔女の呪いから助けてくれる素敵な王子様、幸せな結末。

おとぎ話は空想のお話に入りこみ、現実では味わえない世界を体験して

楽しむためのものではないでしょうか。お話の世界は空想力を育てます。



そんなこと言ってたら桃から子どもが出てくる桃太郎も

まずそんなことありえないから意味がない、ということになってしまいます。

美しい=万人に好かれるという訳ではない、桃から子どもは出てこない、

なんてことは成長するにつれおいおいわかってく話です。

特に可愛いね〜美人だね〜と言われても 悪いことをすれば思いっきり叱られる子どもたちは

美しいから可愛いから誰にでも好かれる訳ではないということを知っていると思います。



はっきり言って「ただ美しいというだけで王子様に救ってもらった

というそれだけの話なので子供に読ませても意味がない」なんて単なる僻みですよねぇ…。

つまらない僻みで子どもの伸びを妨げるのはどうかと思いますよ。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆『眠れる森の美女』はグリム兄弟ではなく、シャルル・ぺローが書いたものですよ。

シャルル・ぺローの作品は他に『シンデレラ』や『ろばの皮』『赤頭巾ちゃん』『長靴をはいた猫』『青ひげ』などが有名です。



『眠れる森の美女』の教訓は、

たとえ人並みはずれた美しさや類いまれなる才能を持っていても、それだけでは幸せになれるものではない。

女性は結婚にあこがれるあまりに、いそいで答えを出しがちだが、良い条件の相手を得るには待って当然。

さらに本当に自分を大切にしてくれる相手を見つけるためには、長い時間を待つ賢さも必要だ。

本当の幸せは延期しても変わりの無いものだ。・・・・という事だそうです。

(完訳:ぺロー童話集にそう記されています)



ちなみに、この物語には後日談があります。

数年間の交際をつづけ二人の子供をもうけた後、オーロラ姫は王子さまのお城に嫁ぐのですが、

なんと待っていた王子の母親は人食い種族だったのです!!

王子が戦に行っている間にオーロラ姫と二人の子供は食べられそうになるのですが、

良い家来たちに助けられ、静かに隠れて暮らし、王子様が戦から戻ったときに王女に敵を伐ちます。



ぺローの物語の教訓は、

・容姿や才能に恵まれても幸せになれるものではない。

・幸せになりたいなら、目先の欲にとらわれずに賢くふるまえ

・不幸な時期も、幸せを諦めずに腐らず堪え抜くこと。

・一人では幸せになれない、あなたの才能を活かしてくれる助っ人が必要である。

とういう事が共通して言えるようですね。

そして、こうゆう教訓は時代に関係なく、現代に生きる私たちにも十分に通用する事だと思います。

作品を否定された方達は、アニメ化された物しか観た事がなかったのか、読解力に欠けているのかもしれませんね。





◆この話を「美しい姫だったから王子様に救われて幸せになりました」という要約にするのはちょっと乱暴です。

おとぎ話というのはその結論だけに意図があるのでもないし、何かの教訓のために存在しているのでもないと思います。

教訓のためのおとぎ話というのは明治時代に日本民話に必死に「教育的」意図を込めようとした流れから生まれた誤解です。

もちろん教訓を見出すことが間違っているわけではありませんが、おとぎ話が存在するのはその話のワクワク感、不思議さを楽しむのが第一だったはずです。

特にグリム童話は民間に伝えられてきた「楽しむための」物語が下敷きになっているわけですし。



さらに、この話の王子は姫が美しいことはいばらに覆われた城に挑んでその寝室に来て初めて目にしたわけで、

美しいから助けてもらったというのはちょっと違うんじゃないでしょうか。

王子はいばらに覆われた呪われた城に美しい姫が眠っているらしいという伝説に心惹かれたんですよね。

つまりは騎士道精神であり、文学で言う「ロマン」です。

物語は魔女の呪いを受けるいきさつ、それを死ではなく眠りに変えられたこと、呪いが実行されて城ごと(人々まで)眠りにつくという意表の突き方

…などなど、人々に長く支持された理由が詰め込まれた「おもしろい」話だと思います。

姫が美しいというのはその中の1つの要素ですね、テーマではなく。

それとグリム童話では、二人が結婚した後王子の母親が化け物で姫や二人の子供たちを食べようとする、といった続きがあります。

助けられて終わりではないですね。まあ、簡易版の絵本とかでは後半は省かれていることがありますが。

特にディズニーアニメではあまりに原作を変えすぎなのがこういう誤解を広める原因かと思います。女は美しいほど得をする、みたいな。





◆見目形のみならず、全身から醸し出される高貴な雰囲気、品性、輝く肌などがあればそれだけで人が注目し思わぬところで助けが得られる。そして女性が「姫」で有り続けるには毎日の淡々としたたゆまぬ努力が必要なのですよ。人前に出るのに髪の毛ボッサボサで肌はボロボロ、言葉使いも品がなく荒れた生活をしているようでは寝顔にさえもソレは現れます。そんな女の子をどこの王子が助けたいと思うかしら。王子に「助けてあげたい」と思わせるような女の子になりましょうね。…でいいのでは?実際いい男をゲットするには女子力が必要でしょ?

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > おとぎ話について。グリム童話に『眠りの森の姫』というのがあって、…>>おとぎ話,グリム童話,お姫様,王子様,眠り,赤頭巾,王子関連の疑問


ページの最上部へ戻る