僕は本気で小説家を目指している16歳です。 スニーカーや電撃などの賞…→ ライトノベル,小説家,超能力,超常現象,スニーカー,小説賞,ニーズ関連の質問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

僕は本気で小説家を目指している16歳です。 スニーカーや電撃などの賞…

僕は本気で小説家を目指している16歳です。

スニーカーや電撃などの賞に投稿しようと思っているのですが、僕の書いている作品は超能力、未来的力、魔術、呪いなどの超常現象が一切出てきません。 ライトノベルといえば、現実からかけ離れているような話がほとんどだというイメージがあるので、そういう作品を投稿しても受け入れられるかが心配です。(しかし、内容については絶対的な自信があります。)

(質問日:2009年8月21日)

ライトノベル,小説家,超能力,超常現象,スニーカー,小説賞,ニーズについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

そんなことはないと思いますよ。

たとえば電撃文庫の「七姫物語」はそれらが物語の基盤に立っているものではありませんので。

ただこの作品は、作品そのものが架空の物ですけれどね。



まだレーベル創設から浅いので分かりませんが、小学館の「ガガガ文庫」あたりならそれでもいい気がするのですが……

具体的にどのような作品なのでしょうか? それが分からないと何とも言えません。





しかしそのレーベルを見る読者のニーズに合わないのでは、と言う点ではマイナスにはなりますが必ずしも0になるとは限らないと思います。

講談社X文庫ホワイトハートの「カンダタ」などがそうではないでしょうか。

主人公が58歳です。

ですが主人公が58歳のライトノベルなんてそうあるものではありません。

もし質問主様の作品が、たとえ文庫のニーズに合わなくても、何らかの強烈な売りを持っていればもしかしたら、と思います。



ですが、ライトノベルで出たからと言って必ずしも最後までライトノベルを書き続けなければならないというわけではありません。

「塩の街」の作者、有川浩先生などがそうです。

「十二国記」の作者である小野不由美先生も、ライトノベルから出された方ですが、今もライトノベルしか書いていないかと言えばそうでもありませんよね?

ライトノベルを出してアニメの脚本を書いている方だっているそうです。



ライトノベルは単なる氷山の一角でしかありません。

ですから純文学の方で出るとなると、またスタートラインに立ち直す必要があります。

いずれにせよ小説には変わりありませんので、ライトノベル作家を目指すのを第一の通過点とする、のように捉えてはいかがでしょうか。

足がかりにはなるかもしれません。。





ですが内容に絶対的な自信がある、と思われるのは結構なのですが、それで書くのを止めたり自身の実力に見切りを付けたりするのはやめて下さい。

そうなると、あとは退化しか道がありませんよ。

特に自分の作品を過信しすぎている人はものすごく多いというほどですから。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆「本気で小説家を目指している」のであれば、

小説を書いて小説の公募新人賞に送ればよいでしょう。



小説家を目指しているのに、

ライトノベルにこだわるという理由が理解できません。

それしか書けないのならともかく、それ以外のものを書けるのに

わざわざ自分をその枠にはめ込もうとする意図がわかりません。



ライトノベルなどは、

小説と呼べるかどうかも怪しいような「周辺分野」にすぎません。

文芸の隙間に咲いた、美しくもない雑草のようなものです。

若いのに最初から隙間ばかり狙っていたのでは、大きくなれませんよ。



本気で小説家を目指すということは、

一生その道で食ってゆきたいということです。

60歳、70歳のベテラン作家になった時の自分を想像してみてください。

ずっとライトノベルを書き続けていたいのですか?



また、よけいなことかもしれませんが、

文章を書くことを仕事にしようとするほどの人が、

「内容については絶対的な自信があります」

などという粗雑な表現を使うのは控えましょう。



自信を持つのは結構ですが、

「絶対的」な自信なんか持ってしまったら、

そこから一歩も成長できなくなりますよ。





◆ライトノベルの懐の広さは、性描写さえ許容するほどです。

別に、ファンタジックな要素が一切なくても問題ありません。



橋本紡『半分の月がのぼる空』(電撃)とか知りませんか?

アニメ化された『とらドラ!』も現実世界に即した内容です。

調べれば、こんな話はライトノベルにいくらでもありますよ。





問題はただ1つ。「なぜラノベの賞に応募するのか」です。

自分が持つラノベのイメージにそぐわない作品を書いて、

なぜラノベの賞に送ろうとしているのかが不思議なのです。



このことをよく考えてみて、非ラノベの小説賞も調べてみて、

その上で「自分がどの賞を欲しいか」を考えてみてください。

別に、10代はラノベしか応募できないわけでもないですし。





◆あなたの作品がその賞のカラーにそぐわなければ、その賞そのものを取るのは確かに難しいかもしれませんね。文面にどのジャンルの作品を書いているのか、書かれておりませんので判断できないのですが、ご自身で自分の作品の作風はお分かりでしょうから

ライトノベルにこだわらず、他の賞に応募するほうがよろしいのでは。

そもそも、すばらしい作品であれば、出版社の方がほっておきませんよ。むこうから連絡してきます

自信があるのならば、

こまかい事を気にすることなく、投稿してみましょう。 ですけれども、投稿する前に友達や家族の方にみせて感想を聞いてみたほうがよいと思いますよ。





◆少しでも普通でなければ受け入れられますよ。あとオリジナリティがあれば。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 僕は本気で小説家を目指している16歳です。 スニーカーや電撃などの賞…→ ライトノベル,小説家,超能力,超常現象,スニーカー,小説賞,ニーズ関連の質問


ページの最上部へ戻る