誰でも回答お願いします。 次の「 」内の文章を読んでみて下さい。 「…→ ムッヒーミンミンミン,呪い,文章,クオリア,オカルト,リテラシー,薄気味悪いばーに関する相談

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

誰でも回答お願いします。 次の「 」内の文章を読んでみて下さい。 「…

誰でも回答お願いします。



次の「 」内の文章を読んでみて下さい。



「この文章を見た者は、 ムッヒーミンミンミンと三回繰り返して言わないと愛する人を失う不思議な呪いにかけられる」



以上、「 」内の文章への対応、そして何故、自分がそのような対応に至ったのか深く考えて、または特に考えずとも説明して下さるとありがたいです。



*「 」内の文章のみに対応し他の文章は無視して下さい。

*検索していただく為に以下キーワードを書きます、これも無視して下さい。(哲学、脳科学、認知、神経、物質、意識、記憶、情動、行動、クオリア、占い、宗教、オカルト、インターネット、IT、知性、知識、社会、文化、遊、言、論、理、感、覚、視、死、不幸、幸せ、霊、魂、神)



質問の趣旨は、深く考えて説明して下さいと言われた時に、一般的にどのくらいの前提から考え始めるのか、どの辺りから意識するのか、無意識をどのように解釈するのか、他、そこまで深く考えるの!そんな考え方もあるの!を知りたいからです。

よろしくお願いします。

※注 呪いは全くありません。しかしながら、この(呪いはないと言う)説明は完全に無視して下さい。

(質問日:2010年12月11日)

ムッヒーミンミンミン,呪い,文章,クオリア,オカルト,リテラシー,薄気味悪いばーについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

読まなかったことにしますね。



何故かと言えば、この文章を読んだ限りでは読んだことによる利益はないと考えられるので、なかったことになることが一番良いからです。



そうは言っても自分に対して何らかの影響がある可能性は否定できません。



呪いが存在するかどうかと言う問題もありますが、自分に対する心理的な影響というだけではなく、このような文章を書いた人がどのような意図を持っているのかが重要です。たまたまいたずらで書いたものを自分が読んでしまっただけなら何も考える必要はありませんが、自分を対象としたいたずらの一環であれば今後も警戒する必要があるし、他人を対象とする行為であったとしても、自分が読んでしまったことにより知らず知らずの内にその人の計画をだいなしにしてしまっている可能性は否定できません。



逆恨みされているのに気付かなかったとしたら危険な状態に追い込まれる可能性もあります。



何も起きないのが一番ですが、何か不審なことがあったときに思い出せるようにしておくことは必要でしょう。



かといってはっきり意識してしまうのも問題です。



特に、誰かがムッヒーミンミンミンと言っているのを聞いて思わず反応してしまうなどということはないようにしないといけません。



あなたも知っているのなどと声を掛けられるのは面倒なことになる可能生がありますので、自分だけが気付いて周囲に気付いたことを気付かれないようにするのが理想です。





呪いが事実である可能性も考慮してムッヒーミンミンミンと3回唱えておくべきではないかと考える人もいるかもそれませんが、呪いが事実であると仮定してもむしろこの呪文を唱えることが呪いの起動条件になってしまう可能性を否定することができない以上、何もせずに様子を見る方が無難です。



何もなければこのまま忘れてしまえば良いし、継続して何か起きるようであれば、それに応じて対処するべきでしょう。



どこでこのような文章を読んだのかによっても対応が変わることが考えられますけれども、何も書かれていないので考察の対象外とすることにします。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆無視します。



理由はいろいろですが、

頭に浮かんだのは3つくらいです。



・信憑性がない。(固有名詞が出てこないし漠然としすぎて)

・質問者さまと自分との関係。(友人に言われたらドキッとするかも)

・シチュエーション。(通りすがりの人にいきなり言われたら不気味)





◆文章への対応は鼻で笑いました。愛する人という表現が誰にでも当てはめれるからです。仮に名指しでしかも知らない薄気味悪いばーさんに言われたら間違いなくやります





◆>この文章を見た者



この言葉使いが、一番ドキッとさせられました。



>愛する人を失う



アツイ恋愛中の人だと、かなり怖くなるのでしょうね。



>不思議な呪いにかけられる



実際に呪いをかけている人が、最近は多いですからね。もっと強烈で恐ろしい呪いは、某有名掲示板を覗かれると、良く分かると思います。あれは、完全に呪いとして機能しているとしか思えません。あれを見たマスコミが、あの方向性に拘束されて行っている気がしますからね。そして、そうなるように予言の自己実現しているんですからね。そしてマスコミを通じて「民意は・・・。」と説明されるや、呪いの声は「神の声」になるんですからね。



集団心理によって煽られて、フィードバックによってさらに火に油を注いで、熱に浮かされ狂っていく様は恐ろしいですね。完全に現代の呪術でしょうし、悪魔を調伏するかのようなものですね。かつて、新皇・平将門は、朝廷の成田山での呪術によって、民衆の信頼を失い滅んでいきました。これと、全く同じですね。まさに呪術で護摩を焚くように、ネットでは「炎上」が起きる訳です。様々な呪いの言葉が飛び交うネットの「祭り」は、邪神を祀っているとしか言いようがないですね。人間の薄汚い好奇心と嫉妬が、恐るべきエネルギーを生んでいます。運動の自己増殖を誰も止められないんですからね。



私は、社会的には呪いがこれほど流行している時代もないと思います。かつてはエリートによって担われた政治も、民主主義の「神の声」という神権政治になっていますからね。巨大な宗教国家である「日本国」は、どうなってしまうんでしょうね。



偉大な死者たちの英知の声に、耳を傾ける人はいないんでしょうか。





◆それで?て感じです。





◆とても構造主義っぽいです。神話的な文体ですね。やや論理性の一点を限定しないのは否定神学っぽいですが。

ありがちなのは実存へ向かうことです。「質問者は○○である」と行為についての言及です。あるいは回答した人の傾向を表明することになります。無とかありがちです。二重三重に思考を分離させて迫るのも方法としてはあります。

実験的な作風と評されることもありますが、実験的な作品や芸術とは、それ自体がジャンルとして成立しているような気もします。闘争と逃走です。



もう少し捻くれた意見も書いてみきます。やはりこの手の分類、ジャンル、カテゴリといった区分けに対して意識を向けるのは、本来は義務教育課程でリテラシーとして身に付けておいても良いとは思うのだけど、しかし日本では戦後教育で言語リテラシーを身に付ける教育をしてこなかったもんだから、(一説では愚民化政策をされたとも言われる)本当にバカが多い。文章を額面どおりにしか受け取れない。こんなの難易度的には中高生レベルでも理解ができそうなものだ。

さらに厄介なのは余りにもバカが多いものだから、こんな簡単なリテラシーでも優位に思ってしまう事である。推測だがリテラシーを習得している人達は、優越感を持っていないと思う。むしろこんな簡単なことも知らないのは、文化水準としてどうなのかと疑問を抱き寂しささえあるだろう。優位に思っているのはむしろリテラシーを持っていない人達である。つまり自分がバカである事に僅かながらの自覚があり劣等感を持っていて、それでいて勤勉なバカだ。そいつらの化けの皮を剥いでやるには、うってつけの文書の構造である。バカな奴らは単語にいちいち反応するから、死ぬとか呪うとか、どうでもいい箇所にのみ反応するだろう。だから大衆はバカなのだ。

文字や文章には、それぞれメタ情報が与えられている。それら言葉の意味や文脈があってこそ言葉は意味を持つのであり、それがなければ文字の羅列による文書に過ぎない。



例えば、その辺りのことを分かってないのが溜まっているのが『日本語版ウィキペディア』の人たちだ。意味も分からず海外版の記事を翻訳したり、記事を書いてるもんだから、権力ゲームになっている。例えば「私は○○だと思います」と書くと、すぐ真に受けてしまい、それが嘘なのか、本当なのか、冗談なのか、本気なのか、コミュニケーションなのか、ネタなのか、記事として成立するのか、記事として成立しないのならどこに分類される言葉の羅列なのかが、まったく考慮されていないのである。

だから正誤の情報がごちゃ混ぜ。部分的にあっているのもあれば、都市伝説や噂を本気になって書いているのもある。こんな事態を招いたのは管理者たちの責任も大きいが彼らを任命した英語版ウィキペディアの創設者にも責任はあるだろう。

よくできているのは『ニコニコ百科事典』や『ピクシブ百科事典』である。彼らは真偽やネタに対するリテラシーには敏感である。もちろん冗談も書くし、それが冗談であることに自覚的で、それを踏まえた上で本当の情報も記述していくので、正しいものが残っていく。境をきちんと認識できるようになるためには、落語、ジョーク、ユーモアの類が有効である。



冬のナスは、秋茄子は嫁に食わすな、となりの柿はよく客食う柿だ、となりの下記はよく火気厳禁だ。現金収入はキャッシュの未払いでお願いします。ローンはトーンを落として。イカイカゲソゲソ侵略中。となりのトロは大トロまぐろ。動かないまぐろとイカ娘。海にもぐるよ潜水艦。激突したのは沈没船。沈没しそうな日本国。救命具は持ったか?命は無事か?財産はあるのか?いらないなら私にくれ。もちろんベーシックインカムなんて盛り上がりに欠けていた。しかしそれでも死刑は執行。有効な手立てもないまま向こう岸。書きちらし食い散らかしたイカと柿の群れは、私たちの前に現れて、船にぶつかって来たこの柿は切れない。そして書き切れない。忘年会だ。良いお年を。



と考えている内に、呪いに対しての言及はだれも意識しなくなっているんです。例えば「私には愛する人がいません。この呪いがかけられれば、愛する人ができるのでしょうか。ならば失うことになっても呪いをかけられたい。人はいつか死ぬのだから失うことは怖くない。怖いのは独りでいることだ。」とか。

ですからメタの階層に立つとは怪しいものなのです。行ったきり帰ってこれなくなる。帰ってこれないものを果たしてメタと呼んでいいものだろうか。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 誰でも回答お願いします。 次の「 」内の文章を読んでみて下さい。 「…→ ムッヒーミンミンミン,呪い,文章,クオリア,オカルト,リテラシー,薄気味悪いばーに関する相談


ページの最上部へ戻る