キリスト教におけるユダヤ人の考え方について キリスト教に隣人愛とい…→ ユダヤ人,キリスト教,隣人愛,教義,ホロコースト,キリスト,戒律についての質問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

キリスト教におけるユダヤ人の考え方について キリスト教に隣人愛とい…

キリスト教におけるユダヤ人の考え方について キリスト教に隣人愛というものがありますが、その隣人愛は他の宗教を持つ人々にも向けられるものなのでしょうか?

他の宗教、とりわけ、ユダヤ人(ユダヤ人=ユダヤ教徒ではないらしいですが)は隣人愛の対象に含まれているのでしょうか?



キリスト教徒とユダヤ人の対立はよく論じられています。

イエスを十字架にかけたユダヤ人には神の呪いがかけられているから、差別・迫害されるとか。

キリスト教に信憑性を持たせるために、生ける証拠としてユダヤ人を差別・迫害しなければならなかったとか。



どうも、キリスト教の隣人愛の教義と、ユダヤ人に対する憎しみ(?)とが、自分の中で折り合いがつかず、整理できずにいます。

以下の考えの中で、妥当なものはありますか?



?みんなを愛するが、ユダヤ人は別だ、愛せない。

?名目上はみんなを愛するけど、影ではユダヤ人を愛していない。

?みんなを愛する。後世の人が勝手にユダヤ人を憎むようになった。

?その他



今現在、この時代においては、人々は宗教に対し柔軟になっていますし、

ホロコーストの歴史もあり「ユダヤ人」という言葉を慎重に使うようになっているので、

今回の質問では、「今現在・この時代における価値観」は問題にしません。

ユダヤ人が悪者だとも思っていません。



できるだけ教義に近いところでお答え願います。

よろしくお願い致します。

(質問日:2010年8月30日)

ユダヤ人,キリスト教,隣人愛,教義,ホロコースト,キリスト,戒律についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

>キリスト教に隣人愛というものがありますが、その隣人愛は他の宗教を持つ人々にも向けられるものなのでしょうか?



その通りです。ユダヤ人にもイスラム教徒にも仏教徒にも愛は向けられています。ヨーロッパ史におけるユダヤ人差別は一端としてイエスをキリストと認めないユダヤ人へのキリスト教徒の憎悪が原因であるとされていますが実はもっと政治的、社会的な要因が大きいです。キリスト教の教理的に言えば一途に旧約聖書の教えを厳守するユダヤ人が救済された時(イエス・キリストを受け入れた時)新約聖書の予言は成就したことになり人類の苦難の歴史は「完結」します。



歴史は実に逆説に富んでいます。あのホロコーストが在ったからこそイスラエルは建国されました(もちろんナチスは反キリストです)。だいたい、2000年前に世界中に離散したユダヤ人が再びエルサレムに国を作るなど奇跡的なことです。

それとイエス様は父なる神が子として処女マリアを受胎させ人類におくられた方です。十字架での死は人類への贖いの為の死であり、三日後の復活とともに「必然」です。それ故人間はイエス・キリストを通じて救われるというのも重要な教義です。この点を人間的に解釈すると大きな過ちとなります。よく在るキリスト教系のカルト教団(異端)は実に見事な程全てがこの点に異を唱えています。

キリスト教の教義は人間的な合理主義で解釈すると理解できません。ご注意ください。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆キリスト教とユダヤ教の絶対的違いは

※戒律(法律)を絶対的なものとするか?しないか?です。

戒律を守っている自分は正しい、戒律を守れない者は裁かれなければならない。

キリストは、そのような『傲慢』なユダヤ人の考えを諌めようとしたのです。

キリストが生まれた時代は、今の日本のように豊かで平和な時代ではありません。

食べて命を繋ぐだけでも大変な時代だったのですから、

厳しい戒律を止む無く破る人は沢山いた筈です。

キリストは弱い立場の人達を守りたかったのだと思います。



キリスト教では『人は皆、罪人である』と説いています。

どんなに戒律(法律)に忠実であっても、人は罪を侵す。

特に陥り易い『傲慢な心』は度々弱い立場の人達を残酷に裁こうとする。

人間は完璧ではない、だからこそ『愛や許す心』が必要なのだ。と





◆ルカによる福音書13章20−25



誰がイエスを十字架につけたのか。

この時代のユダヤはローマの支配下にあって、ローマ総督の許可なしに死刑判決を出すことができなかった。

権力者による世論の操作もあった、とあります。



http://www004.upp.so-net.ne.jp/msaka/messe32.htm



教義については解りかねますが、少しでも参考になればと思います。





◆キリストはユダヤ人ですよ。

とはいえ、宗教的には色々あって、キリストを人間だとする宗派もあれば神だとする宗派もあります。

キリストを神とする宗派ではキリストは人ではないのでユダヤ人ではないとなりますが。

単純に歴史的事実を語るとキリストはユダヤ人です。

キリスト教の教義にユダヤ人を排斥する要素が含まれているとすると、キリスト自体を排斥する矛盾した結果になってしまいます。



キリスト教における隣人は、ルカによる福音書が分かりやすいでしょう。

参考URL

http://www.cozoh.org/denmo/Luke.htm#C10V29

要するに自分=隣人です。

自分を愛するように隣人を愛せ、というのが基本です。

聖書を単純に文字通り読むならば、そこに宗教や人種の選別はありません。



ユダヤ人排斥は教義の本質ではなく後世の社会的諸要素から生じたものです。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > キリスト教におけるユダヤ人の考え方について キリスト教に隣人愛とい…→ ユダヤ人,キリスト教,隣人愛,教義,ホロコースト,キリスト,戒律についての質問


ページの最上部へ戻る