ハリーポッター死の秘宝part2についての質問です。 あるシーンでハリ…→ ヴォルデモート,ハグリッド,ハリー,秘宝part2,ニワトコ,スネイプ,ハリーポッター死に関する相談

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

ハリーポッター死の秘宝part2についての質問です。 あるシーンでハリ…

ハリーポッター死の秘宝part2についての質問です。

あるシーンでハリーがヴォルデモート(?)に会いに行くシーンがありますよね。

(森の奥に…ハグリットがつかまっているところです) そこで、ハリーは一回死ぬじゃないですか?

(ダンブルドアに会う所)



なのに、ハグリットにだっこされて学校の方につれて行かれた時、

ハリーが死んだはずなのに生き返るじゃないですか?



あれはなんでなんですか?



すみませんが、回答よろしくお願いします。

(質問日:2011年11月21日)

ヴォルデモート,ハグリッド,ハリー,秘宝part2,ニワトコ,スネイプ,ハリーポッター死についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

映画終盤、ハリーはキングズクロス駅のような「白い世界」に行きましたよね?

あそこは「あの世とこの世の中間世界」です。

そこには「赤ん坊のような生き物」がいたと思いますが、あれこそ「ヴォルデモートの魂の残骸」、つまり「壊れた分霊箱」でした。

ヴォルデモートはハリーに対し「アバダケダブラ」という死の呪いをかけましたが、その呪いによってハリーの体の中にあったヴォルデモートの魂の破片、つまり分霊箱が壊れたのです。



赤ん坊のハリーが襲われたとき、ハリーの母リリーは彼を守るために命を懸け死にました。

そして死ぬ前の一瞬、ハリーに対して無意識に「護りの魔法」をかけました。

これは古来からある魔法で、「愛」によって生み出されます。

この魔法のお蔭で、ヴォルデモートが赤ん坊のハリーにかけた死の呪いは跳ね返り、ヴォルデモート自身に当たったのです。

しかしこのとき、ヴォルデモートの魂の一部がハリーの体にくっついてしまい、ハリーはヴォルデモートの生きた分霊箱になりました。

これはたまたま起こったことで、ヴォルデモートは最後までこのことを知りませんでした。



リリーの「護りの魔法」は今でもハリーの血の中で生きています。

「護り」がある限り、ハリーは死にません。



四作目(炎のゴブレット)終盤にて、ヴォルデモートは復活する際に「かたきの血」が必要だったため、ハリーの血を採り使いました。

つまりヴォルデモートの中にはハリーの血が流れていることになります。

ということはその「護りの魔法」もまた、ヴォルデモートの中で生きているのです。



ですから、「ヴォルデモートが死なない限り、ハリーも死なない」ということになるわけです。



ハリーが死ななかった理由はもう1つあります。

ニワトコの杖の真の所有権がハリーにあったから、というものです。

杖は使う魔法使いを選びます。

もちろん、魔法使いならどの杖でもある程度は使えます。

しかし、自分を選んだ杖でないと本当の力を発揮できませんし、使いにくいのです。

杖の所有権、というものは勝敗によって決まることがあります。

例えばAさんとBさんが決闘してAさんが勝ったら、Bさんの杖はAさんのものになります。

つまり杖の所有権が「BさんからAさん」に移ったわけです。



ニワトコの杖、というのは「死の秘宝」の1つであり、世界最強の杖です。

この杖は長年にわたって凶悪な者の手に渡り、取り合いが起こり、何人もの魔法使いがこの杖の取り合いによって死んでいった「いわくつき」の杖でもあります。

ではこのニワトコの杖の所有権を追ってみましょう。

闇の魔法使いグリンデルバルドと決闘し勝利したダンブルドアは、グリンデルバルドのものだった「ニワトコの杖」の所有者になりました。

そして彼はヴォルデモートがこの杖を欲しがることを危惧します。

六作目にてスネイプがダンブルドアを殺しましたね?

スネイプがダンブルドアを殺す、というのは「二人の間で事前に計画された死」ですから、「スネイプがダンブルドアに勝った」ことにはなりません。

となればニワトコの杖の所有権はスネイプには移りません。

杖の所有者であるダンブルドアが死ねば、この杖の所有者はいなくなり、ニワトコの杖を使える魔法使いはもういない、という状態にしたかったのです。

しかしドラコ・マルフォイがダンブルドアから杖を奪ってしまったために、杖の所有者はドラコになってしまいました。

これは予想外でした。

そして七作目(死の秘宝パート1)の終盤にて、マルフォイの館でハリーがドラコの杖を奪いました。

このとき奪ったのはニワトコの杖ではなくドラコの杖ですが、それでもニワトコの杖はちゃんと「自分の主人がドラコからハリーになったこと」を認識していました。

こうしてニワトコの杖の所有者はハリーになりました。

ヴォルデモートは「杖の所有者はスネイプだ」と勘違いしスネイプを殺しました。

しかし真の所有者はハリーなので、真の力を発揮することはできません。

杖は「ハリーが主人だ」と認識していますので、主人であるハリーを殺すことはありません。

ですから、ヴォルデモートの「死の呪い」はハリーには効果がない、という状態になりました。



最後に、ヴォルデモートはハリーに死の呪いをかけ、ハリーはヴォルデモートに「エクスペリアームズ(武器を取り上げる呪文)」をかけます。

上記で説明したとおりですから、ヴォルデモートの死の呪いはハリーには効きません。

そしてハリーのエクスペリアームズという魔法がヴォルデモートの死の呪いを跳ね返しました。

跳ね返った「死の呪い」はヴォルデモート自身に当たり、彼は死にました。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆ハリーが生き返るのはキングズクロスのすぐ後だよ。いやもしかしたら、ハリーは死んでなんかいないのかも。

ハグリットに抱っこされていた時は死んだフリ。あの時帝王が殺したのは自分の魂の一部だからね。

こんな回答じゃ満足できないよね。キングズクロスのシーンの最後のセリフを原作から引用してみます。





ハリー「これは現実のことなのですか?それとも、全部、僕の頭の中で起こっていることなのですか?」



ダンブルドア「もちろん、きみの頭の中で起こっていることじゃよ、ハリー。しかし、だからと言って、それが現実ではないと言えるじゃろうか?」





参考になったかな?





◆すごーくおおまかに説明します。

ハリーはアバダケダブラされたあと、生死の狭間に行きました。そこでダンブルドアに会い、「お前は生きるか死ぬか選択できる」と言われ、生き返ったということです。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > ハリーポッター死の秘宝part2についての質問です。 あるシーンでハリ…→ ヴォルデモート,ハグリッド,ハリー,秘宝part2,ニワトコ,スネイプ,ハリーポッター死に関する相談


ページの最上部へ戻る