なぜ誕生日の日を祝う習慣があるのですか?→ 習慣,獣性,誕生日,七つ,神人,カイン,腹の虫関連のQ&A

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

なぜ誕生日の日を祝う習慣があるのですか?

なぜ誕生日の日を祝う習慣があるのですか?

(質問日:2011年3月29日)

習慣,獣性,誕生日,七つ,神人,カイン,腹の虫についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

人間の目的は天国に神として誕生する(迎えられる)ことです。



このためにはひとの肉体の獣性の命の火(キャンドル=月=腹)を消して、精神の火(日=頭=上,神)を燃え立たせる必要があります。



蝋燭の火は物品(殻田=仮=偽風)の作る灯で、便利主義の現代文明の開花で目がくらんで信仰(神向=天国への進行)がすトップしてしまっている。これ(我利=物品幸福論)を反省して消して、霊的な光を求めなければ本当の幸せな誕生は得られない、ことを確認する為の日であります。



キリスト教の蜀台は七つの火です。七は十(火+水)の火の気が腰を下ろして怠けている、水浸しに名って消えかかっているという無信仰(腹の虫の蝮=真無視)をあらわしています。これは産業革命で殻田作りを開花させる為のバランスで、物主霊従の逆法(真如、如来)=仮法です。



世界の秋冬の実魂作りのために夏は殻田を作る為に人間の肉体本能(獣性=椅子仮下手のユダ、憂蛇野=バラバ=場螺歯=薔薇場=英米)を自由にする、因果応報の掟を隠す=毒麦も一緒に育てて、収穫時に分けて焼く、とされました。



七つ(才)の子は魂をカラス(嗄らす)ので泣くのです。嗄らすの勝手でしょ、の傲慢は魂の収穫期には十字架刑にかけられて反省とアセンション、足を洗う、蘇る(読みを変える)ことをを求められます。



イエスはw「私は乾く=ドライ心」と言った、(反省=見返る=ミカエル大天使長)それは聖書が全うされる為であった。

イエスの十字架刑が四月七日で、七の火ではアカン(赤運=亜間=尼)ことを教えているのです。

七に足先に油を注いで命の火を再び燃やす、七→廿=世(卅=三十=王)の完成で、廿は殻と実魂の二度の勝利で、神人の絡みの完成で、人は天国に神として迎えられる(誕生)のです。



イエスは弟子達の足を洗った、「おそれおおい」と辞退する弟子に、「私があなたの足を洗わなければ、わたしとあなたは何の関係も無い」と言った。「では、手も顔も洗って下さい」とその弟子は言った←解ってないね!



七つの灯の蜀台=メノラー=女、目法を羅開く、真=六→目(七八九=殻→開智→究明)→十(天とクロス=主に至る)



プレゼント=現状の苦労が神が人を育てるパン(羽運)で打つ手で案、あん、あめんの神人、親子の二人三脚のシ(思視歯矢仕肢)合わせに汗を流せば、天国に誕生するというプレゼント(恵)を受ける



ハッピー=法を被る=神人の間釣り合わせをする=意を乗り合わせる=祈る=腰を上げて(七の足を洗う=七つの火を消して廿に向かう火を新たにする)神輿を担ぐ



バースデイ=場のアス(尻=阿巣=究明の屍=腰を下ろす怠け)から出る(出意)



祝う=根の兄(カイン)の仕組みに乗る、

ネ=ゝ不=1点の創造主が見えない、これを探すことが人としてI愛、天意を立てることである。

兄=口+π=不明、未熟の殻田に羽を育てる意気がある=四=與死阿→預運=万(方)+戈=成=十四万四千人=神の下ろす全ての種を受け入れる智恵をえれば人は成る=神気(π)満体



カインはノド(咽喉=飲み込む=首=考える=神に帰る)の地に住んだ=呪い(意割く)→祝い(意、根を照らす=侍)→悦ぶ(外路に鼓舞する→縁助意)=預露魂舞=弟→剃髪=神の毛(獣性=牛)を反る=天に悌子をかけて出家する(七→廿=甘い=牛い)=お洒落頭になる=家巣(ドッグ=犬=天が居ぬ=キャンキャン奴流)→YES(はい=主直に拝する)



現代人は七つ(才)の子で火の洗礼期には泣くことになる、己の腹の虫の蝋燭(物品の油)を吹き消して、天意の真光をあかりとしなければ救われない、天国に飛び立つ(誕生する)時を今むかえているのです。



漢字、地理、歴史、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ



誕生=自分の中に宮、城を造る冬のソナタ(粗成立→蘇名田)=目のあるピラミッドの完成

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆戦後、誕生日ごとに年を取る「満年齢」(欧米の習慣)に変わり毎年の誕生日を祝う習慣が定着した為だと思います。

※戦前の日本では「数え年」と言い元旦になると皆一斉に年をとるので毎年の誕生日を祝う習慣はなかったようです。





◆こちらが参考になるかもです

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3951251.html

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > なぜ誕生日の日を祝う習慣があるのですか?→ 習慣,獣性,誕生日,七つ,神人,カイン,腹の虫関連のQ&A


ページの最上部へ戻る