浦島太郎、桃太郎など、昔話の主人公はなぜほとんどが「太郎」が名前…|浦島太郎,イシマエル,桃太郎,昔話,独り子,主人公,アブラハムに関する質問

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

浦島太郎、桃太郎など、昔話の主人公はなぜほとんどが「太郎」が名前…

浦島太郎、桃太郎など、昔話の主人公はなぜほとんどが「太郎」が名前についているのでしょうか?!

(質問日:2009年2月9日)

浦島太郎,イシマエル,桃太郎,昔話,独り子,主人公,アブラハムについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

童話、昔話のほとんどは神様が作られた神示で、導話であります。

ですから、信仰心の厚い最良の人というのが太郎であるのです。

漢字は神示ですからこれを分析すれば、正しい生き方というのが解ります。



太=一人ゝ=天の本願(はじめ=横気=十字架)を肩に担いで人として生きるのに、ゝ(創造主=神真理)を杖とする者=ふとい=負を問いかけながら偉業を目指す=善悪を考えて反省しながら生きる人、

=右に行くか左に行くか?股間に神を迎えて神の見方で選択をして神の味方に生きると言うことです。



犬は頭からゝ主が外れている形で、天が居ぬ人で、すぐに噛み付く不平不満の者を表しています。



郎=ゝ日ムI了=ゝ主を頭に戴いて日に立って謀りを為し、愛(天意)を完了する者=男=上田を支える力を発揮する=天使=真運



ーーー

参考;ついでですから・・・・・!



兄弟、姉妹が登場すると、弟、妹は兄、姉にいじめられて幸せになるという筋書きです。

弟いじめの代表例に「海幸、山幸」があり、山幸の子孫が日本の天皇となっています。

縄文杉(イエスの現れている)のある魂の島の屋久島神社の祭神も山幸彦です。



聖書でも、兄カインに殺されて弟アベルは地に埋められます。兄は呪いで法で神で、弟は神の鍛えに耐えて天に梯子を架けて登り帰ってくる者(人間)という意味です。



アブラハムの子の兄はイシマエル(石間に得る=ドライ頭の産業革命=意が荒廃=イ、スラム)で、弟はイサク(意咲く=魂の真珠化=イスラエル=意主羅を選る=智恵ある人)です。

神がアブラハムが二人の子供があるの、「その独り子を差し出せ」と言われたのは、産業革命と霊性革命の殻田と実(精神)の調和から生まれた魂を奉げよ、ということです。



ここれが読めずに「独り子とはイシマエルである、いや、イサク」であるとアホな喧嘩をしているのが聖地争いであり、聖書とコーランが兄弟であり、協調できるものであるのに、お互いに読解力がないので、奥義に目覚めよ、と911テロを神が起こされたのです。



シンデレラも姉達にいじめられます。等々たくさんあります。



継母のいじめられる(母神の育ての厳しさ)ことによって幸せになる/白雪姫etc



爺さんが良い人で婆さんは意地悪(例;舌切り雀)です。男は上田を支える力を発揮する=真運=天使、で、女は苦の始め(くノ一=胎=穢場=母で助で副え)であり、これはアダム(仇武の精神)とエバ(支場の肉体=腹の虫の蝮)の関係に通じています。

男の老人=翁=天に飛び帰る、女の老人=嫗=嘔吐もの、で聖書でも男尊女卑でありこれは、精神主肉体従=霊主物従の主従の割礼、で幸せを得る理を教えられているのです。



是非、こちらにも目覚めて、4つ.5つの定型による神の働きを知って下さい。



世界中の童話が共通の設定であるのは、神様が管理されていることの証しであります。

また、秀思學は、NHKの朝のテレビ小説は宗教で神示であると確信しています。

主人公が何時も女子であるのは、『幼いもの、小さい者が苦労をして立派に育つことが神様の夢である』からです。



人間は全員、神の子供です、そして肉体は女子ですから、見守られて育てられているのです。

イエス様が貧者、罪人の側に立って、教えと働きをされたことに通じています。



漢字、地理、歴史、文芸、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆面白い発想ですね。

男子である、という事を示すと共に、物語への興味を集中させるためでしょう。

つまり、もし主人公/ヒーローの名前を、「太郎」でない名前、特に、「次郎」「三郎」などという名前にすると、「太郎」など、年長の兄弟の存在をどうしても聞き手/読者に予想/意識させてしまいます。そのような存在も何らかの説明も必要としないのなら、最初から「太郎」が一番いい、という事になります。ヒーローをめぐる物語展開自体をとにかく語りたい、それだけに聞き手/読者を集中させたい、ということであれば、主人公の名前は、何の特徴もない、いかなる属性も含意もない方がいいわけです。

「太郎」なら、日本全国どこでも、ただの『男子』を示すだけの名前として通用します。こんなふうに思いますが。





◆太郎は長男です。親の期待を背負った子供だと言ってるのです。



浦島五郎、浦島八郎、桃三郎、桃九郎だったら上にお兄さんたちがいるはずです。お姉さんもいるはずです。

家の嫡男、家の跡取り息子の感じがしません。



親のことなど気にかけず乙姫様と結婚して竜宮城から戻らないでしょう。鬼が島に居座って主になるでしょう。

太郎だから戻ったのです。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 浦島太郎、桃太郎など、昔話の主人公はなぜほとんどが「太郎」が名前…|浦島太郎,イシマエル,桃太郎,昔話,独り子,主人公,アブラハムに関する質問


ページの最上部へ戻る