中世ヨーロッパの雑学(うんちく)を知っている方がいましたら、教え…|中世ヨーロッパ,雑学,うんちく,ブラックレター,コボルト,紋章学,ギャンベゾンについての相談

呪いのかけ方の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪いのかけ方についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

中世ヨーロッパの雑学(うんちく)を知っている方がいましたら、教え…

中世ヨーロッパの雑学(うんちく)を知っている方がいましたら、教えてください。 私は最近中世ヨーロッパの歴史にはまっています。紋章学や、絵画、壁画、鎧、騎士、ブラックレター(文字)、貴族が身につけていた物、花、などなど・・・。

そのあたりで、何か面白い「へぇーそうなんだ!」と思うような雑学をお持ちの方がいましたら、どうか教えてください。

(質問日:2010年8月16日)

中世ヨーロッパ,雑学,うんちく,ブラックレター,コボルト,紋章学,ギャンベゾンについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪いのかけ方に関する質問に対する回答

中世の山城は山の頂上に建てられるがそこまで行く道路は時計回りに山を回るようにつけられることが多い。

これはこちら方向だと攻撃側は盾を持たない右半身をさらすからである。

叙事詩「ヴァイガロイス」のなかでグロイス城の特殊な防御が述べられている。それは水車動力によって回転する鎌が城門をまもり、」通過するときはこれを止めねばならなかった。これが実際にあったかどうかは不明。



城には塔があるが、入口は通常2階以上にありハシゴか階段で上り下りしいざとなったら立てこもった。この塔は最後の守りであり、堅牢だった。地下は掘り抜きの深い穴があり地下牢に使われた。罪人はロープで吊されておろされ糞尿、汚物はそのままで蓋を閉めると真っ暗。一番上には塔番が住み込んだが、彼の重要な仕事なので結婚は出来なかった。城は良質な水源を確保するのは大切だった。ニュルンベルク城の井戸は70m、ハールブルク城の井戸は128mあった。



13世紀頃はガラスはたいへん高価だった。離れた場所に幾つか家を持っていた貴族はガラス板がはめ込まれた窓を枠ごとつくり一つの家から別の家に移動させた。



貴族はベッドの中でさまざまなことをした。例えば王は謁見をベッドの中から行った。天蓋つきのベッドはそのような場合、威厳をもたせるがもちろん夜はプライベートのための目隠しであり寒気を防ぐためでもあった。

ベッドに入る前はウォーム・パンという蓋つきフライパンのようなものでベッドを暖めるのが召し使いの仕事だった。トイレもベッドの中でたした。使ったのは尿瓶だった。もちろん平民は尿瓶など買うお金はないので尿瓶を使うのは金持ちか貴族だけだったから、豪華な彩色や彫刻をした陶器があり現在ではそのコレクターも多い。



中世も税金をとる名目は様々ある。人間そのものにかけられる人頭税などは悪税の一つだが、結婚許可税というのもあった。もっとひどいのは死亡税。死んだら税金を取られるのだ。



甲冑は鉄だが当時は鉄自体が高価だった。標準的な甲冑一式で現代の感覚だと1000万ほどする。だから戦場で負傷した騎士は半死人が札束を着ているようなものだった。

中世では綿の方が絹よりも高価だった。西洋で量産ができ価値が下がったことと、綿はほとんど生産されなかったことが綿が高い原因だ。(ギャンベゾン(鎧下)は鎧に劣らぬほど高い、で、下着まで身ぐるみはがれるのも納得できる。鎧下は甲冑の衝撃緩和に綿をいれキルティングが施された。これを作るのは奥方や恋人で戦場に立つ相方の無事を祈って作られた。これが手芸キルトのもとである。



イタリアの名門メディチ家の紋章は銀地に赤い丸6個が輪にならんだもの。関が原の西軍の将小西行長隊の旗指物は白地に赤丸が縦に5個両者の赤丸は丸薬を意味する。もともとメディチ家も小西行長も薬売りだったことに由来



アイルランドの妖精でレプラホーンというのがいる。これは靴を作ったり修理したりしてくれるが、なぜか片方しかしない。考えてみると当然で中世では靴の左右の区別が無いので、かれは両方をいじる必要は無かった。



ドイツでは土の精コボルトがいると信じられていた。コボルトは青白く光る石が宝物としているので、これを見つけても触ったり持ち帰ったりすると、コボルトの呪いで病気になったり死んでしまうといわれていた。近世、この光る石は実在することがわかり分析された。その結果新しい元素が発見されコボルトにちなんでコバルトと名づけられた。コバルトは強い放射線を発する。つまり、伝説の呪いは科学的な根拠があったのだ



動物裁判

11世紀から16世紀にかけて動物を被告に裁判が多く行われた。

子供を喰い殺したブタなどは普通で、人を突き殺した牛、果樹園を荒らしたとり、作物をあらした鳥、虫、落下して人が死亡した鐘、バケツなど限りがない。裁判は正式な手続きに乗っ取り弁護士も担当された。獣姦の場合、人も動物も同罪とされ火あぶりになった。虫害などは、現地調査が行われ被害を検分し必要ありと判断されると法廷代理人が現地に赴き金曜日ごとに3回出頭命令を読み上げた。「被告」が出頭しない場合「欠席」あつかいとされた。時には数匹の虫が代表として被告席に座らされた。判定で有罪の場合は司教代理判事は「これ以上狼藉はしないよう3日以内に退去するよう」3度訓戒し聞き入れられない

場合は破門宣告をすることが多かった。

毛虫や幼虫などは未成年とされることもあった。村に侵入しようとした氷河が破門された例もある。

耕地を荒らしたモグラの審理では、弁護士が熱弁をふるい害虫を食べる益獣であることを主張し、代替地を与えること。犬、ネコの被害に遭わないよう「安全通行権」を要求した。結果、裁判官は即時撤去命令をださず、子供のモグラとその親、及び妊娠中のモグラに安全通行権と14日の執行猶予を認めた。 裁判費用は領主が負担した。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆ルネサンス文化が花開いたイタリアではルネサンスとは言わず、リナ・シテと云う





ルネサンス時代の代表メディチ家からフランスに嫁いだ、カテリーナ・ディ・メディチはフランスにフォークや下着(ドロワーズ)を持ち込んだ人物





因みにカテリーナ・ディ・メディチはイタリア語読みでカトリーヌ・ド・メディシスと云うのはフランス語読みです





これ位しら知らなくてすみません;





◆イギリスでは中世終わりにポーチドエッグが作られるようになったが、手で黄身と白身に分けパンで黄身をすくって食べていた。茹で卵は16世紀末になってから作られるようになりバターを添えて宴会のご馳走として出されていた。





◆中世ヨーロッパにはトイレはなく、壷にしていた。

ある程度たまると窓から捨てていたために貴婦人は日傘をさしていた。

風呂もなかったので体臭をごまかす為に香水が発達した。

ちなみに近世は江戸が世界で一番清潔で豊かな百万人都市だった





◆ヨーロッパは氷河期に氷に閉じ込められていたので植物がほぼ絶滅し、中世の時代には貧弱な花しかありませんでした。

中世ヨーロッパの絵画に描かれた庭園の花はみんな貧弱なものばかりです。

江戸時代にシーボルトが日本から鬼百合を持ち込んだところ大変な評判になったそうです。

椿のような冬に咲く花もヨーロッパには無く、やはり江戸時代に日本から持ち込まれたものが今の西洋椿の元になってます。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪いのかけ方の相談 > 中世ヨーロッパの雑学(うんちく)を知っている方がいましたら、教え…|中世ヨーロッパ,雑学,うんちく,ブラックレター,コボルト,紋章学,ギャンベゾンについての相談


ページの最上部へ戻る