呪い代行してる人って僧侶とかですか? いったい何者? 真言宗では呪…>>呪い,僧侶,真言宗,呪詛,アレウスタ,何者,呪術の相談

呪い代行の相談

Advertisements


怨念呪紙~丑の刻参り版~

『誰か助けて下さい!!』

数々の呪い代行依頼を受け付けてきた呪術師

仕事関係・家庭内問題・SNSイジメ・恋愛関係・学校でのイジメ

この世は恨み・辛みで溢れかえっています

溢れかえった呪いの呪念を全て対象者へと突きつける為に呪術師が考案開発したもの

それが怨念呪紙~丑の刻参り版~です。

呪い代行についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

呪い代行してる人って僧侶とかですか? いったい何者? 真言宗では呪…

呪い代行してる人って僧侶とかですか?

いったい何者?



真言宗では呪いがあるとききましたが、それは真言宗の僧侶になれば教えてくれるんですか?

(質問日:2018年1月17日)

呪い,僧侶,真言宗,呪詛,アレウスタ,何者,呪術についてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も昔、ある人にヒドイことをされ、すごく恨んでいましたので、この質問者さんのようなことをよく考えていました。

憎しみ・恨み・復讐

人間なら誰でも持っている感情ですので、そんな感情を持ったからといって自分を責めないでください。
私は、怨念呪紙~丑の刻参り版~をネットでこっそり買って使ってみました。

半信半疑で使ってみたところ、私の恨んでいたアイツは・・・
ちょっとここでは詳しくは書けませんが、完全に社会的には抹殺された状態におちいりました。

偶然かと思い、私の友達に話してみたところ、その友達もあとで知ったのですが、怨念呪紙を買って使ったのです。

その友達は、イジメられたいたみたいですが、イジメっ子は交通事故にあって一生車椅子になったって言ってました。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の出来事です。

人間関係で悩んでいる方がいたら、ぜひ使ってみてください。
ただし、本当に憎くて憎くて心の底から恨んでいる人にだけ使ってください。 私はこちらのサイトもよくチェックしています
>>楽天市場

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この呪い代行に関する質問に対する回答

人を呪わば穴二つということわざの通り、人を呪うと呪った人も最悪命を落とします。



そのような危険を冒してまで、恨みを晴らそうとするのは僧侶としてあるまじきことです。



真言宗には、調伏祈祷という修法があり、怨敵、悪魔などを明王の力を借りて調伏します。曹洞宗で行われる大般若会も同じ効果があります。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

いろんな意見や考え方はるかと思いますが、私は怨念呪紙を使って良かったって思っています。
あなたの念が強ければ強いほど呪いの度が高まります。

本当に悩んでいるなら一度試してみてください。
憎き対象者に呪いの制裁を与え
あなたに幸福をもたら唯一の呪術法なのです。


ほかにも、楽天市場でも美容に役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

呪いに詳しい管理人からの補足コメント




◆いろいろとやり方ありますよ

ただそんなことする必要ありますか?

簡単なのは蠱毒とか





◆高野山では秘伝つまり忍者でいう虎の巻のようなものがあり、密かに伝わっているようです。ですが、高野山の坊さんに訊いてもやり方を教えてくれません。他言無用のルールがあります。





◆質問の答えじゃなくてもうしわけない



数年前に僧侶数人の呪詛してるやつらとやりあったことがある

私に対する呪詛じゃなくって、ある人に対する呪詛だった

集団で組織だった呪詛してたよ

やけに統率がいいなと思ってたんだけど、真言密教だったのかー

そのときは霊体レベルで潰したんだけどねー



代行なんかしてるのは、僧侶崩れじゃないかな

本物なら代行なんて軽いものじゃなくって、依頼されてキッチリとした仕事をする

代行は実力が疑わしいと思うよ



んでだ

僧侶になって方法を教えてもらったとしても、出来るとは限らないのが呪詛や術

完全に資質なんだよねぇ

教えてもらう方法は、自転車で例えると補助輪

資質はペダルをこぐ足

足がなかったら、補助輪がついてたとしても自転車は進まない

だから資質がある人間は方法なんか教えてもらわなくてもできる





◆代行している方はさまざまです。仏教系の方もいますし、いざなぎ流厭魅の法もありますし、西洋のアレウスタ−クロウリ−系の方もいます。







よく呪い代行で多いのは、アレウスタ−クロウリ−系の方でしょう。



魔方陣を作ってその中に立ち、



悪魔を召還し、



生け贄を供えて、悪魔に命令を下し、



命令を受けた悪魔が、呪う対象に目的を実行する





ものです。重要なことは、呪いを実行する場合、呪術師と依頼人にも反作用が起きるので、腕のいい呪術師の場合、はじめに「自分たちと依頼人を守る呪術」を実施して、安全を確保し、次に目的の呪術を実施しますが、この「守りの呪術」の強さで、実施可能な呪いの水準が決まってきます。ですから、腕のよい呪術師ほど「強い守りの呪い」が可能で、それで対象へ「強い呪い、たとえば復讐など」を可能にします。





また真言密教では、呪詛が行えることは確かです。ただし密教というくらい外部には出て来ません。





呪詛が行える本尊には、降三世明王、軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)、

大威徳明王、大元帥明王などがあります。

あまり大きな声では言えませんが、京都駅南にある「●寺」にこれらが鎮座しており、観光地ではありますが、よくみると正式な「護摩壇」が存在し、いつでも呪詛が行えることがわかります。(聞いても知りませんと答えますが、見る人が見ればわかっちゃいます。)





◆呪い、呪い返しの事なら



真言密教です。



真言密教のお坊さんなら



大体の方ならできます。

こちらのサイトも参考になります。

>>怨念呪紙~丑の刻参り版~
>>楽天市場

▼呪い動画▼


あなたが憎むアイツに直接制裁を与えるのは、神でも悪魔でもありません!!
あなたが自ら念じるからこそ、呪いはより力を持って強化されるのです。
死ぬよりももっと
辛い目に遭わせたい
強力な呪いを不幸を
対象者に振りかざしたい


憎き対象者に呪いの制裁を与えあなたに幸福をもたらす唯一の呪術法が>>怨念呪紙~丑の刻参り版~なのです。



怨念呪紙~丑の刻参り > 呪い代行の相談 > 呪い代行してる人って僧侶とかですか? いったい何者? 真言宗では呪…>>呪い,僧侶,真言宗,呪詛,アレウスタ,何者,呪術の相談


ページの最上部へ戻る